A, T, G, C・・といろいろあります

「知ってるよ!AとT、GとCがペアを組むんでしょ。他にもあるって?Uとかいうやつでしょ?」・・・いえいえ、それはDNAやRNAの塩基の種類の話。ここでは、貴女の性感スポットの種類のお話しをご紹介しましょう。

 

 

 

(内容は随時改訂されています。末尾の改訂記録をご覧下さい)

 

「Gスポット」という表現を耳にした方はかなりいらっしゃると思いますし、それがどこかをご存じの方も多いのではと思います。では、「Aスポット」や「Hスポット」はどうでしょうか?その使用があまり広がっていない上に、いろいろな人が、恐らく同じ性感帯と思われるところを、それぞれ別のネーミングをおこなったり、同じ名前が、人によって別の性感帯を指していたり、ととにかくややこしいのです。

こんな言葉覚える必要な全然ありませんが、雑学とし覚えておくと、いつか何かの役にたつかもしれません。以下、あまり一般的でない名称も含めていろいろな性感スポットをリストしています。

 

 Aスポット【重要】

1990年代にマレーシアの外科医、チュア・チィ・アン博士が発表した「Anterior fornix erogenous zone前部円蓋性感帯)」から由来する表現。膣の奥にある子宮膣部の上側(腹側)にある浅い窪みの領域だと主張されている。「AFEゾーン」とも呼ばれる。アダム徳永氏の「Tスポット」や加藤鷹氏の「第2のポイント」、またエピセンター」「ディープ・スポット」「第2Gスポットと呼ばれたりする性感スポットと近いか、あるいは同一と考えてよいであろう。『ハルバン氏筋膜性感帯Hスポット)』と重なる部分が多いが、ハルバン筋膜が膣を越えた深部に存在する筋膜の組織名であるのに対して、前部円蓋性感帯は、膣内部に性感領域があると考えている。「ポルチオスポットPスポット)」の特に子宮膣部の上側(腹側)領域に焦点をあてた性感スポットと捉えることもできる。末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。

スローセックス」の提唱者であるアダム徳永氏は、膣奥部の下側(背側)、つまり子宮膣部に対してAスポットの反対側の性感スポットを「Aスポット」と呼んでいる(=「Aスポット(アダム徳永版)」)。「PFスポット」「奥裏Gスポット」「Kスポット」と近いか、同一だと思われる。いわゆるAスポットのことをアダム徳永氏は「Tスポット」と呼んでいる。末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。あまり一般的ではない。

 

アダム徳永氏提唱の性感スポット名。Gスポットのさらに奥側1.5センチのところにある性感スポットだとしている。「AG」の「A」は「アダム」からきており「アダムGスポット」とのこと。広い意味でのGスポットであろう。末尾の「Gスポットに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。あまり一般的ではない。

 

 

アナルの内部の性感スポット。「アナルにもGスポットがある」から「アンG」と呼ばれている。PSスポットは膣内部から見た「会陰海綿体(PERINEAL SPONGE)」関連性感スポットだが、同じようにアナル内部の前側(腹側)にも会陰海綿体が関係した性感スポットがあるようだ。後側(背側)や入り口付近の 肛門直腸移行部「Jスポット」もアナル内部の性感スポットである。あまり一般的ではない。

 

 

乳房にある性感スポット群を「Bスポット」と呼ぶ場合があるが、あまり一般的ではない。乳房には複数の性感スポットが提案されているが、『スペンス乳腺』と称される乳房の脇近くや『ミルクライン』、『アンダーバスト』なども「Bスポット」に属する。また『Nスポットも「Bスポット」の1つで乳首の性感スポットを指す。乳輪の周囲を『乳輪サークルとして性感スポットとする人達もいる。『ボインタッチ』参照されたし。

 

 

クリトリス(主に陰核亀頭)の性感スポットを「Cスポット」と呼ぶ場合もあるが、あまり一般的ではない。末尾の「クリトリスに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。

 

 

CUV複合体【重要】

クリトリス(この場合、陰核脚前庭球も含める)と尿道が複雑に絡まった機能単位がGスポットの正体で、これを「Clitourethrovaginal complex (CUV, 陰核尿道膣複合体)」とする提案。2014年にエマニュエル・ジャニーニ医師により発表。SM美容で「クリションマン」と呼んでいるのがこれに相当。SM美容で用いる『パンクリトリス』とほぼ同じ概念だが、パンクリトリスでは『Qスポット』『Rスポット』とも関連した会陰海綿体(PSスポット)を明示的に含めているところが異なる。末尾の「Gスポットに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。

 

パンクリトリス【重要】

陰核亀頭陰核脚前庭球会陰海綿体なども含めた、外陰部 領域の体表付近に存在する性感部位を表すSM美容独自の表現。略称は『パンクリ。『CUV』とほぼ同じ概念だが、パンクリトリスでは『PSスポット』とも関連した会陰海綿体を明示的に含めているところが異なる。「サロンのパン・クリトリス仮説」を参照されたし。

 

 

鼠径(鼠蹊)部の性感スポット。「デリリンパ(デリケートゾーンのリンパ)」に由来する。あまり一般的ではない。

 

 

膣口から浅い部分を「Eスポット」と呼ぶ場合があるが、あまり一般的ではない。「Entry(入り口)」に由来する。

 

 

Fスポット

腋の性感ポイント。「fossa axillaris (腋窩、えきか)」に由来する。また、「耳たぶ」に存在する性感ポイントを指す場合もある。こちらは「fossa scaphoidea (舟状骨窩)」に由来する。どちらもあまり一般的ではない。

 

 

Gスポット【重要】

1950年にドイツの産婦人科医のエルンスト・グレフェンベルグが報告した「尿道に異物を挿入してオナニーをする女性の症例」にちなんで、後世の研究者がつけた名称。「グレフェンベルグ・スポット」の略。グレフェンベルグ自身は「Gスポット」という表現は使っていない。場所は膣の上部の入り口近く。手のひらが上になるように指を浅く膣に挿入し、指先の第2関節で指を女性の膣の上の壁に向けて曲げた時にさわる膣壁上部の位置あたり。何割かの女性は、性的な興奮とともに、この場所が隆起する。AVでは、Gスポット刺激からの「潮吹き」が定式化されているが、この反応が起こるのは一部の女性である。アダム徳永は「真性の潮吹き体質の女性は、私の経験上、100人中2, 3人程度」と書いてる。Gスポットの存在については永遠とGスポット論争が続いており、結着はついていない(つかない)。クラシカルな解剖学・病理学からはGスポットに相当する器官・組織は同定されていない。機能画像解析などを利用する事で定義できるのではないかとしたのが「Clitourethrovaginal complex (CUV, 陰核尿道膣複合体)」であるが、広くコンセンサスが得られているわけではない。実践的には「Cスポット」「Hスポット」などに並び、扱いやすい性感スポットである。AGスポットと同義。末尾の「Gスポットに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。

 

裏Gスポット

膣の下側、浅い部分を「裏Gスポット」「入り口裏Gスポット」と呼ぶ場合があるが、あまり一般的ではない。「Qスポット」「PSスポット」と同一か近い領域。

 

 

奥裏Gスポット

膣の下側、奥の部分を「奥裏Gスポット」と呼ぶ場合があるが、あまり一般的ではない。「PFスポット」「Aスポット(アダム徳永版)」「Kスポット」と同一か近い領域。「ポルチオスポットPスポット)」の特に子宮膣部の下側(背側)領域に焦点をあてた性感スポットと捉えることもできる。末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。

 

Hスポット【重要】

1980年代の終わりにフランスで提案された「膣の一番奥の上側」の性感帯。ヴァニラマッサージ美容術での「ヴァニラスポット」と同一。膣と膀胱の間に存在する「ハルバン筋膜」が本体でないかと考えられてる。「Aスポット」「Tスポット」「第2のポイントAFEゾーン」「エピセンター」「ディープ・スポット」「第2Gスポット等と同一か近い領域。ハルバン筋膜が膣を越えた深部に存在する筋膜の組織名であるのに対して、「Aスポット」の前部円蓋性感帯は、膣内部に性感領域があると考えている。「ポルチオスポットPスポット)」の特に子宮膣部の上側(腹側)領域に焦点をあてた性感スポットと捉えることもできる。「AからH、GからHへ」、および末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。
 

Iスポット

喉の奥の性感スポット。「Irrumatio (イラマチオ)」に由来する。あまり一般的ではない。
 
 
 
 

Jスポット

アナルの内部の性感スポットでアヌスから少し入ったところ。「肛門直腸接合部  (anorectal junction)」に由来する。あまり一般的ではない。
 
 
 
 

Kスポット

膣の下側、奥の部分を「Kスポット」と呼ぶ場合もある。「PFスポット」「Aスポット(アダム徳永版)」「奥裏Gスポット」と同一か近い領域。「ポルチオスポットPスポット)」の特に子宮膣部の下側(背側)領域に焦点をあてた性感スポットと捉えることもできる。末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。
 
 


Lスポット

小陰唇の性感スポット。「Labia minora(ラビア)」に由来。あまり一般的ではない。ラビアの縁の「ラビア稜線」、外側つけ根の「陰唇間溝」、内側の「ハート線」などが、特に性感が強いと指摘する人達もいる。『ヴィラ下水翼』を参照されたし。
 
 
 
 

Mスポット

恥丘」部分。「ポルチオ性感」状態に入った場合、「恥丘」を体表からリズミカルに刺激する(恥丘トントン)ことでオルガズムを誘導できる。あるいは、「ポルチオ逝き」に誘導するためにここをリズミカルに刺激する。「Mons pubis」に由来する。あまり一般的ではない。
 
 
 
乳首の性感スポットが「Nスポット」と呼ばれる場合もあるが一般的ではない。「Nipple」に由来する。Bスポットの1つとして考えてよい。乳輪の周囲を「乳輪サークル」として性感が強いと主張する人達もいる。『ボインタッチ』参照されたし。あまり一般的ではない。
 
 
 

Oスポット

米国カリフォルニアのサミュエル・ウッド博士とチャールス・ルネルス博士らが2013年頃に提案し、商標登録している。「Gスポットの位置はは正確に定義されていないので、よりピンポイントの位置を表すように新たな言葉を作った」と説明。実際の位置の定義は不明。両博士は性感アップ外科治療として、女性の血液を再取し、その中から血小板由来増殖因子(PDGF)が濃縮された成分を取りだし、これをこの「Oスポット」に注射する外科治療をおこなっている。一連の施術を「O-Shot」と命名して、こちらも商標登録。施術は1回百数十万円で、サンディエゴの「生殖科学センター」というクリニックで実施。これらの活動に対し批判的な意見も多い(「Oショット、Oスポット:どこにサイエンスがあるのか?」など)。あまり一般的ではない。
 

Pスポット【重要】

ポルチオスポット」を略して「Pスポット」と呼んでいるケースもある。「ポルチオ」は子宮口部の「部」を意味するラテン語「Portio」のことで「PORTIO VAGINALIS UTERI」=「子宮膣部」=「膣の奥に突出している子宮口のあたり」に由来。英語の「Portion」に相当し、略としては適切ではなく和製外語と考えてよい(『元祖ポルチオ性感』参照)。子宮膣部の上側(腹側)が『Aスポット、下側(背側)が『PFスポット』に相当する。「ポルチオ性感」といった表現がよく使われるが、こちらはむしろ「状態」を表す言葉で、深いトランス状態に入り、骨盤(ペルヴィス)全体の性感が上がり、オーガズムに達しやすい状態を意味している。『ポルチオスポット』(『Aスポット」、『PFスポット)への刺激から「ポルチオ性感」状態を誘導しやすいのかもしれないが、他の部位の刺激からも「ポルチオ性感」状態は誘導できる。 「ポルチオ性感」状態に入ると恥丘部への軽微な刺激(「恥丘トントン」)などからもオーガズムが引き出される。「ポルチオ性感」状態は、「脳イキ」状態の1つの形態であると考えてよい。末尾の「ポルチオに関連した以下の記事・・・」を参照されたし。
 

Pスポット(男性)

男性の前立腺付近のアナル内部の性感スポットを「Pスポット」と呼ぶ場合がある。「Prostate(プロステート、前立腺)」に由来。「Pスポット用バイブ」とれば前立腺刺激用のバイブなどが売られている。また、男性の「ペニス」に由来して「Pスポット」と呼ぶ人もいるが、特にペニスのどこが相当するのかははっきりしない。
 
 
 

PFスポット【重要】

膣の奥の子宮口の周辺の特に下側(背側)。「posterior fornix of the vagina(後膣円蓋)」に由来。HスポットAスポットの180度反対に位置し、『ポルチオスポットの一部とも考えられる。「奥裏Gスポット」と呼ぶ人達もいる。あまり一般的ではない。
 
 
 

PSスポット【重要】

Perineal Sponge(ペリニール・スポンジ)」の略。「会陰海綿体スポット」。「会陰」は膣とアナルの間の領域、いわゆる「蟻の戸渡り」と呼ばれる表面領域。その皮膚の下に感覚神経が集まった海綿体構造があるり、ここを「PSスポット」と呼んでいる人達がいる。膣に親指、アナルに人差し指を挿入し、指先をしぼめて感じることのできる薄い壁みたいな部分。膣壁の下側(背側)に存在する性感ポイントだが、『PFスポット』(『奥裏Gスポット』)が、かなり奥の方の、後部円蓋性感帯を意識した定義であるに対し、『PSスポット』は膣壁の下側(背側)の入り口近くの浅いところ、ありいは、そこを含めた広い領域を指していると考えられる。「Qスポット」「裏Gスポット」と同一か近い領域。あまり一般的ではない。

 

Qスポット【重要】

膣の下側、浅い部分。パンクリトリス前庭球に続き、会陰の内部に位置する「会陰海綿体(Perineal sponge) 」が関係している可能性がある。膣入り口付近う上側(腹側)に位置する「Gスポット」を「王」とすると、その対面に位置する「女王」とも捉えられるので、「クィーン」=「Q」と呼ばれている。「裏Gスポット」「入り口裏Gスポット」と同一か近い領域。

 

Rスポット

アヌスと膣口の間の会陰部。男性で使われる「蟻の門渡り」領域。会陰縫線=Rhaphe perineiに由来する。あまり一般的ではない。『ヴィラ下水翼』を参照されたし。

 

 

Sスポット

膣の側面壁を「Sスポット」と呼ぶ場合がある。「Side」の「S」に由来。あまり一般的ではない。

 

 

Tスポット

アダム徳永氏は、いわゆる「Aスポット」(=「ヴァニラスポット」「Hスポット」)を「Tスポット」と呼んでいる。Tは徳永から来ていると思われる。あまり一般的ではない。アダム徳永氏の「Aスポット(アダム徳永版)」は、「PSスポット」に近い。

 

 

Uスポット

膣口の上に位置する尿道口や、その横のスキーン腺の開口部周辺の性感スポットを「Uスポット」とする人達がいる。尿道口下部の「尿道のカリナ (carina of the urethra)」も「Uスポット」に含める。『スキーン!』参照。

 

 

Vスポット【重要】

いろいろな文脈でいろいろな人が「Vスポット」を使っているが、大ざっぱには「膣=Vagina」に関連した性感スポット。陰核亀頭の性感スポット(Cスポット)に対比して「中逝き」に関連した膣の性感スポットとして使われることもある。また、膣=Vaginaではなく、外陰部=Vulvaの性感スポットとして意味するときには、CスポットやUスポット、Zスポット、Rスポットも含めた、広い性器周辺外部の性感スポットを表すことになる。また、SM美容などでは、「膣の一番奥の上側」の性感スポット(Aスポット、Hスポット、Tスポット)をヴァニラスポットに関連付けてVスポットと呼ぶこともある。

 

 

VACスポット

膣の上側(腹側)壁に入り口から奥まで存在する性感スポットを、「軸」としてひとまとめにした名称。CスポットUスポットGスポットHスポットAスポット)などを含む。 「ヴァックマン」と略称されることもある。あまり一般的ではない。

 

 

VPCスポット

膣の下側(背側)壁に入り口から奥まで存在する性感スポットを、「軸」としてひとまとめにした名称。Qスポット(PSスポット)、Kスポット(PFスポット)などを含む。 「ナルマン」と略称されることもある。あまり一般的ではない。

 

 

Wスポット

臀部にある性感スポットの総称。お尻の形が「W」ににているのに由来。仮想上の『ピルム筋』は『梨状筋(りじょうきん)』が正式名でお尻の経穴『環跳(かんちょう)』に相当する位置。『槍と梨でカンチョウ』を参照されたし。あまり一般的ではない。

 

 

Xスポット

アヌスの後側(背側)の性感スポット。尾骨 (coccyx)に由来する。あまり一般的ではない。

 

 

Yスポット

AスポットからXスポットZスポットには入っていないが、性感スポットとして指摘されている部位のまとめてYスポットと呼ぶ。「統合」=「Y」に由来する。あまり一般的ではない。

 

 

Zスポット

小陰唇に囲まれた膣口周辺の平べったい領域の性感スポット。「vestibule(ヴェスタビュール)」の和訳「前庭(zentei)」から由来。解剖学的にはvagina(膣 )とvulva(外陰部)の接合部位を「vestibule」と呼ぶ。あまり一般的ではない。広くは「膣口」「ハート線」「舟状窩」や「Uスポット」を含む。『ヴィラ下水翼』を参照されたし。

 

 

 

 

 

こまごまと出てきたが、大きく分類すると(1)パン・クリトリス「サロンのパン・クリトリス仮説」参照)に関連した『Cスポット』『CUV複合体』『Gスポット』『Uスポット』『PSスポット』『Qスポット』などと、(2)「子宮膣部」付近の『Pスポット』『Hスポット』『Aスポット』『Kスポット』『PFスポット』に大別できる。(1)がいわゆる「クリ逝き」(2)が「中逝き」に関連深いのかも知れない。(1)の性感ポイントは、「陰核神経」「会陰神経」などの神経が豊富な領域なのに対して、(2)の膣奥部の神経末端の密度は低い。(2)の性感スポット刺激からの性感は、高次の中枢神経処理を介した、いわゆる「脳イキ」的側面が強い性感なのかもしれない。

いずれにせよ、どちらの性感スポットも、魔法のボタンではないので、これらのスポットを単調に刺激するだけで深い快感が誘導できるわけではない。

(2013.12.6改訂)

(2014.9.18改訂)

(2016.7.26改訂)

(2018.5.19増補改訂)

(2018.5.29改訂)

(2018.6.9改訂)

(2018.6.18改訂)