ハイポペット美容術

「ハイポペット美容術」の正式名は、"Procedure for prolonged hypo-petting by a fixed vibrator"です。何やら難しそうな名前ですが、簡単に「ハイポペット美容術」と覚えてください。


 

ハイポペット美容術」は「振動子美容術」の発展型。

振動子美容術」では、「ボンデージ美容術」とカップルするこにより、貴女の陰核亀頭小陰唇ヴァニラスポットGスポット、そして乳首などを効率よく刺激し、体内ホルモンの分泌を誘導する美容術でしたね。

 「ハイポペット美容術」は、このホルモン誘導スポットの中でも、特に「陰核亀頭」と「Gスポット」に焦点をあて、さらに場合によっては「アンGスポット」も同時に刺激いたします(女性の方がアンGスポット性感帯がある場合のみ)。

 「ハイポペット美容術」では、「ボンデージ美容術」とのカップリングが必須となります。貴女は、「ボンデージ美容術」によりベッドの上でM字開脚縛りで固定されます。こうすることにより、貴女の「陰核亀頭」「小陰唇」「アナル」が十分にエクスポーズされ、効果的な「ハイポペット美容術」を受けることができます。「ハイポペット美容術」の十分な効果を得るためには、それに先立ち「シェービング美容術」、「エネマ美容術」をお受けになることをお薦めします。

 M字開脚縛りに固定され、「陰核亀頭」「小陰唇」「アナル」をエクスポーズされた状態で、貴女の体内には「パンクリ振動子」が挿入され、縄でしっかりと固定されます。

 この「パンクリ振動子」は、貴女の体内のGスポットHスポット(ヴァニラスポット)を刺激すると同時に、まるで生き物のように貴女の「陰核亀頭」に吸い付いていく、非常に優れた「振動子」です。 

 「ハイポペット美容術」では、この「パンクリ振動子」が固定された状態で、そのまましばらく放置されます。貴女は「吸い付くような振動子」の「まったり」とした連続刺激を経験していただきます。

 刺激は局部的に与えられるのですが、不思議なことに、時間の経過と共に、その刺激が体全体を包み込むものへと変化するのを体験されるでしょう。

 周期的に訪れる、体内ホルモンの大量分泌を長時間にわたりご堪能ください。また、アンGスポット性感帯がある女性の場合には、同時にに「アンGマッサージ美容術」もお楽しみいただきます。「陰核亀頭」と「Gスポット」「アナル」、そして「乳首」の同時刺激からもたらされる、夢のようなひとときをお楽しみください。

 「ハイポペット美容術」の施術イメージについては SdS blog もご参考になるかもしれません。

ハイポペット美容術」は、ある程度大量ホルモンの分泌経験が豊富な女性に向いています。性感開発がまだ十分ではない女性には、少々オーバースペックな施術と思われます。

「私もハイポペット美容術を体験したい!」とお考えの貴女は、是非ご主人やボーイフレンドに『SM美容入門』の『SM美容術入門15-ハイポペット美容術』を読んでいただき、ご体験してみてください。

以下の記事もお読みいただくと参考になります。