ヴァニラマッサージ美容術

「膣内に突出した子宮頸部」のつけ根あたりの性感スポットである「ヴァニラスポット」「Hスポット」を刺激する「ヴァニラマッサージ美容術」。「カーママッサージ美容術」の後に体験すると、不思議な感覚が訪れます。

「ヴァニラ」はバニラアイスクリームのバニラです。ランの仲間のバニラという植物から作られた香料がバニラなのです。この植物のバニラの実なのですが、その形は長細い「鞘(さや)」をしています。実は、大昔のラテン語では「鞘(さや)」の形を「vagina」と読んでいました。そこから派生して「鞘(さや)」の形をした植物を「バニラ」と呼ぶようになり、「鞘(さや)」の形をした膣を「ヴァギナ」と呼ぶようになったのです。つまり、「バニラ」も「ヴァギナ」も語源は同じとうわけです。

ボンデージ美容術」「シェービング美容術」「スパンキング美容術」「カーママッサージ美容術」「温熱刺激美容術」は分類としては「体表」への刺激からホルモン放出を誘導するSM美容のアイテムです。一方、ここで紹介する「ヴァニラマッサージ美容術」「エネマ美容術」「アンGマッサージ美容術」「ハイポペット美容術」は「体内」への刺激に重点をおいた別のグループを形成しています。

 通常、「シェービング美容術」「エネマ美容術」で性感を高めたのち、「ボンデージ美容術」のM字開脚縛りで下半身を固定し、「カーママッサージ美容術」で念入りに体表からのホルモン放出誘導処置を進めます。その後、体表から体内へと移行する際の、最初におこなうのがこの「ヴァニラマッサージ美容術」なのです。

ヴァニラマッサージ美容術の焦点は、主に「膣内に突出した子宮頸部」のつけ根あたりの性感スポットです。人によっては「Aスポット」や「Tスポット」とよぶ場合もあります(詳しくはコラム「A, T, G, C・・といろいろあります」をごらん下さい)。SM美容では、「ヴァニラスポット」、あるいは「Hスポット」と呼んでいます。一般にいわれる「ポルチオ性感帯」(Pスポット)と重なる部分も多いです。ただし、「ポルチオ性感帯」が「膣内に突出した子宮頸部」を指し示す場合が多いのに対して、「ヴァニラスポット」=「Hスポット」は。「膣内に突出した子宮頸部の前面(上側)の膣壁を想定しており、やや位置が異なるかもしれません。この領域の膣壁の奥には、ハルバン筋膜が存在し、「Hスポット」のHは、このハルバン筋膜に由来します。

ヴァニラスポット」性開発の進んだ女性にとっては、たまらなく気持ちの良い性感スポットの1つで、ここを微妙に指チンポで刺激することで体内ホルモンの誘導をおこないます。

SM美容では、この「ヴァニラマッサージ美容術」を、ボンデージ美容術と組み合わせておこなうために、より効果的、より正確に「ヴァニラスポット」への刺激を可能とします。また、振動子美容術と組み合わせることで、陰核への振動子刺激+ヴァニラマッサージ美容術といった魅力的な組み合わせも可能です。「ヴァニラマッサージ美容術」の施術イメージについては SdS blog も参考になるかもしれません。

ヴァニラマッサージ美容術」は、あくまでオプショナルなアイテムですので、ご希望の方のみに施術します。指チンポが体内に入り込むのはどうもいやだ、という方はご遠慮なくNGをご指定ください。

「私もヴァニラマッサージ美容術を体験したい!」とお考えの貴女は、是非ご主人やボーイフレンドに『SM美容入門』の『SM美容術入門12-ヴァニラマッサージ美容術』を読んでいただき、ご体験してみてください。

以下の記事も参考にお読みください。