SM美容術入門15-ハイポペット美容術

全ての理性が崩壊し、人格までが壊れてしまう・・・『ハイポペット美容術』を支えるイマジネーションです。

 

 

 

SM美容術入門シリーズ、今回は『ハイポペット美容術』のご紹介です。

 

『ハイポペット』 って、何の意味やらわかりませんね。

サロンさんが勝手につけた名称です。

正式名は、"PROCEDURE FOR PROLONGED HYPO-PETTING BY A FIXED VIBRATOR"、だそうで、これも勝手につけた名前です。

「固定した振動子で長時間まったりとした愛撫を与える方法」って感じの英語でしょうか。

やり方は簡単で、「バイブをオマンコに挿入して、縄で固定して放置」するんです。

SM美容の最後の方でおこないます。

M字開脚縛りで、ベッドの上に大股開きで拘束された状態。

既に、パンクリトリスカーママッサージ美容術でフル勃起状態。

ヴァニラマッサージ美容術ペルヴィス全体の性感が高まっています。

どこを触っても逝っちゃうような、極度に興奮した状態。

この状態で、パンクリ振動子をズブリとオマンコに突き刺されたまま、

陰核亀頭クリションマンを、間断なくまったりと刺激され続ける・・・

逝っても、逝っても許してもらえない、連続逝き地獄・・

もうやめて、と叫んでもパンクリ振動子は、貴女のオマンコにますます深く突き刺さっていく、

全ての理性が崩壊し、

人格までが壊れてしまう・・

もう貴女は普通の生活には戻れない・・・

 

って、ほとんどAVのジャケットの釣り文句みたいですね(笑)

 

ええ、『ハイポペット美容術』は、「連続逝き状態」をめざしています。

特に、放置状態で連続逝きさせること、

つまり、サロンさんは何も手を出していないのに、貴女が勝手に、何回も何回も長時間逝き続ける状態。

そんな、スケベでイヤラシイ姿を、サロンさんはソファーに座って、ジュースを飲みながら、鑑賞させていただくんです(笑)。

 

と、まあそういうことなんですが、なかなか書いているようにバッチリ決まってくれることは稀です。

連続逝きをめざすなら、ヴァニラマッサージ美容術の方が、成功率が高いです。

でも、逆に言うと、バッチリ決まることも確かにあるんですよ。

その時は、やった〜、って感じ。

何もしないのに、勝手に逝き続けてくださるんですもの。楽チンです(笑)。

サロンさんも受けて下さっている女性の方も、大満足。

SM美容術入門シリーズを最初から丁寧に読んでくださっている方は、もうお気づきと思いますが、

SMってのは、かなりイマジネーションに依存したエロチックなお遊び。

責め手と受け手が妄想力を駆使しながら楽しむ、メンタルなプレイの側面が強いんです。

 

なので、普段から「ガチガチに拘束されて、頭が白くなるまで逝き続きたい」 なんて妄想で頭の中がいっぱいで、

SM美容術入門3-ダイナミックレンジ』にあるように、

責める方が、時間をかけて受け手を徐々に深いレベルのトランス状態にうまく誘導し、

また、実際にフィジカルに受ける刺激が、頭の中で妄想していた感覚に近い場合には、

ばっちり『ハイポペット美容術』が決まってくれます。

これは『ハイポペット美容術』に限ったことでなく、他のアイテムも同じ。

SM美容の美容アイテムの中で、『カーママッサージ美容術』や『ヴァニラマッサージ美容術』は、比較的ハズレがなく、人気も高い美容術。

でも、注意深く術後の感想を読まれている方はお気づきのように、中には「あれ?私にはだめかな」ていう場合もあるんです。

頭の中のイマジネーションと、実際に受ける体の感覚、それに加えてアイテムの組み立てや、その瞬間の気の入り方や、いろいろな要因が関わってうまく決まらない場合もあります。

でも、そういう時は、動揺することなく、次の展開に進みましょう。

 『SM美容術入門1-アイテムいろいろ』にも書きましたように、SMの好み、といいますか、「感じるツボ」ってのは、人それぞれ。

なので、いろいろなSM美容のアイテム「全て」が、「全て」の人に効果があるわけではありません。

AさんにはアンGマッサージ美容術がツボにはまっても、カーママッサージ美容術はいまいち、BさんにはアンGマッサージ美容術は通じないけど、スパンキング美容術では人格崩壊してしまう、なんて感じなんです。

その人のツボにはまるアイテムを、見極めながら、セッションを深めていくのがSM美容の醍醐味とお考え下さい。

 

【Take-home message-31】SM美容はイマジネーションに依存した遊びであることを認識しておく。

 

太腿(ふともも)しばりから、M字開脚縛り、カーママッサージ、ヴァニラマッサージ、そしてハイポペット美容術へと進んでいきます。

 

<SM美容術入門-14 ・トップ・ SM美容術入門-16>

 

連載『SM美容術入門』