SM美容術入門10-アンGマッサージ美容術

縄逝き』できる女性より『アナル逝き』できる女性の割合の方が多いアンGマッサージ美容術』。

 

 

 

 さて、第10回と2桁台突入の『SM美容術人門』。今回は『アンGマッサージ美容術』。

「『アン・ジー』って何ですか〜?」

ってとこなんですが、これは「アナル」と「Gスポット」を意識した「an+G」から来てるんです。サロンさんが勝手に作った造語。

ようするに「アナル性感マッサージ」ってとこでしょうか。

お尻に指いれるなんて、とんでもない〜!

と思われる女性も多いかもしれませんが、いえ、それが結構気持ち良いものらしいですよ。

といいますか、これも駄目な人はダメで、感じる人は感じる、と許容がはっきり別れるアイテム。

駄目な人は、お尻の穴に触れられるだけでも、NGなんです。

 

サロンさん自身、お尻では全然感じない人なので、Salon de SMを始める前は、お尻で感じる女性なんてそんなにいるのかな〜なんて思っていたのですが、

それが、結構いるんですよね。

多分、モニターを受けてくださる女性の半分以上は、お尻で感じていらっしゃる。

縄逝き』できる女性より、『アナル逝き』できる女性の割合の方が、明らかに高いですね。

なので、パートナーが「アナルなんて触られたことないから、わかんない〜」って感じでしたら、是非アンGマッサージ美容術』を試してみましょう。

 

 

アンGマッサージ美容術』をおこなうにあたって、準備しておくのが、まず「ローション」。ヌルヌル、べたべたの液ですよね。

既に『SM美容術入門4-エネマ美容術(前編)』のところで、エネマシリンジをアナルに挿入する時に、「白色ワセリンローションが必要」って書いています。

そう、アナルって、基本的に普段は「閉じて」いますので、これを「開け」ないとだめんだんです。

太いウンコが出てくるんだから、指ぐらいの細さならすんなり入るだろうと思うのは間違い。

試しに、自分でやってみてください。なかなか入らないし、痛いんです。

なので、摩擦を少なくするために、白色ワセリンローションを指につけて、なおかつ、ゆっくりと時間をかけてアナルを「ほぐして」いくんです。

【Take-home message-18】ローションをつけた指で、ゆっくり時間をかけてアナルをほぐしていきましょう。

 

ローションはアダルトショップはもちろんのこと、ドラッグストアなどでも手に入ると思います。

いろいろな種類、値段のものが売っており、粘性など、かなり使用感は違いますので、自分が使いやすいものを捜してみてください。

サロンさんは、中島化学産業株式会社の「プレミアムペペ レガシー」という製品がお気に入りで使っています。

成分はグリセリン、カルボキシビニルポリマー(ゲルタイプの化粧品によく使われている成分)、アクリル酸/アクリル酸アルキル・クロスポリマー(これもかなりの種類の化粧品に含まれている合成ポリマー)などで、ようするに化粧品で使われる成分の混合物ですので、安全性は高いと考えてよいと思います。

あらかじめ、お湯などにボトルをつけて温めておくのもよいでしょうし、まあ、そのまま使っても大丈夫。

アナルにローションを垂らしてから、人差し指か中指の指先の腹でアナルで押さえ、ゆっくりと優しくほぐしていきます。

決して、力を入れてアナルに指を突っ込まないこと。十分に時間をかけてほぐすと、吸い込まれるような感じで指がアナルに入っていきます。

アナルに指が入っても、最初は慎重に、あんまり動かさないことです。

指がお尻に入ったということだけでも、かなり相手の女性は緊張されているかもしれないです。

「痛くないこと」、「気持ち良いこと」を分かっていただくために、最初は超スローモーションで、尻の中を指先で探検してみてください。

やがて彼女も心と共に、アナルもさらに開き、スムーズに指が動くようになるでしょう。

場合によっては、挿入する指を1本から2本、2本から3本、3本から4本と増やしていくのもよいかもしれません。

何本もの指が入っているのだということで、それだけで女性は興奮してしまうでしょうし、もしアンGマッサージ美容術』の延長線上に、アナルセックスを予定されているのなら、ここで十分、自分のチンポの太さ以上の本数の指で、アナルを開いておくことが肝要です。

Salon de SMでは、前も後ろもチンポ挿入はやりませんが、アナル用のスパイラル振動子や、場合によってはパンクリ振動子を、後半戦でアナルに挿入する場合があります。この時も、まずは指でゆっくり時間をかけて、アナルをほぐし、おしりの穴を広げておくことが大切です。

アンGマッサージ美容術』に先だって、『エネマ美容術』で直腸の中をキレイにしておくことが望ましいのはいうまでもありません。

もしエネマ美容術』をパスされており、さらに便秘気味なら、指先で肛門付近で待機しているウンチに遭遇するかもしれませんね。

「ウンチを指で触りたくなんてない」って方は、説得してエネマ美容術』を必ず受けてもらうか、あるいはそもそもアンGマッサージ美容術』をやるべきではないのかもしれません。

 

さて、『アナル逝き』を誘導するのには、どうすればよいのでしょうね。

サロンさんもアンGマッサージ美容術』に関しては、まだ研究段階のところもあるのですが、分かる範囲でポイントをまとめておきましょう。

アナルマニアの方もたくさんいらっしゃいますので、そういう人達のブログなども参考にしながら、みなさん、自分のスタイルを確立してください。

★ 指先での押さえつけ

ヴァニラマッサージ美容術」のところでも詳しく紹介しますが、指先の腹、あるいはもう少し面積を広くして、指全体の腹で、「グーッ」と直腸の壁を押さえると、パートナーの気持ちは高まり、そのままアナル逝き』につながる場合が多いです。

押さえる場所は、背中(お尻)側のなるべく奥の部分、あるいは、腹側(膣側)のやや浅い部分かと思います。後者は『A, T, G, C・・といろいろあります』でも紹介した『PSスポット』(ペリニール・スポンジ・スポット、会陰海綿体スポット)に相当する領域のようですね。性感スポットの位置は、個人差がありますので、相手の反応を見ながら、ツボを探して見てください。

★ 肛門入口付近の刺激

肛門を指が入ったり出たりする瞬間が気持ち良いです。これは、オマンコも同じで、チンポが入ったり出たりする瞬間は独特の気持ちよさがあります。なので、指を出したり抜いたり、あるいは、肛門付近で、指を優しく横方向に(つまり、出し入れではなく、同じ深さで横に振る)揺らすことで、肛門付近が気持ち良くなります。

★ ピストン

セックスの基本かもしれませんが、力強くピストン運動で突くことは、オマンコのみならず、アナルでも効果絶大なのかもしれません。特に、チンポ挿入のアナルセックスをする場合には、最後は力強いチンポ突きでアナル逝き』までもっていけると、お互いに満足なのかもしれません。まあ、しかし、それなりに体力がいりますので、チンポに自信がある人でないと、彼女がアナル逝き』する前に、中折れしちゃうか、発射して終わっちゃうかもしれませんね。

★ 複合技

SM美容では、アンGマッサージ美容術』を単独で施術することは、ほぼないです。ほとんど場合は『ボンデージ美容術」と同時におこないますし、さらに『スパンキング美容術』と組み合わせる事がしばしばです。クライマックス近くの『振動子美容術』にアンGマッサージ美容術』を追加する場合も多いです。このような複合化により、アナル逝き』が実現する可能性は飛躍的に増大します。

 

最後に注意しておくことをいくつか

 

【Take-home message-19】お尻はデリケート

オマンコは本来チンポを挿入する臓器ですが、アナルは本来、指やチンポなどを挿入するところではありません。

なので、基本的には、体にとってありえないことをしていることに留意しましょう。

SM美容術入門4-エネマ美容術(前編)』でも書きましたが、肛門から続く直腸は、お腹の中ですぐ左側に急カーブしています。

調子にのって、チンポやバイブでがんがん突いてると、この折れ曲がり部分の腸壁を傷つけますので気をつけてください。

【Take-home message-20】クロスコンタミにはくれぐれも注意を

女の人は、ウンコして、お尻拭くときに、前から後ろに紙を動かさないといけません。

なぜなら、後ろから前に拭くと、ウンチがマンコに入って、尿道炎や膣炎を起こしかねないからです。

通常の状態ではすぐに尿道炎や膣炎になる訳ではありませんので、過度な心配は不要ですが、疲れているときや、あるいは体質で、炎症をおこしてしまいます。

なんたって、ウンチはバクテリアの固まりですからね。

なので、お尻に入れた指やチンポやバイブを、そのままオマンコに入れるなんてもっての他です。絶対やってはいけません。

アンGマッサージ美容術』が終わったら、必ずすぐに手を石鹸でよく洗うこと。

あるいは、指サックなどをつけてアンGマッサージ美容術』をおこなうのもよいかもしれません。その場合も、やはり念のために手を洗っていた方がよいと思います。

チンポとか突っ込んでいて、コーフンしてきたら、どちらがマンコがアナルか分からなくなるかもしれませんし、意識的にアナルとマンコにズボズボと交代に入れたくなっちゃうかもしれませんが、これは素人さんはやってはいけません。AVのだけのファンタジーの世界と考えてください。さもなくば、痛い授業料を払うことになりますよ。

アナルセックスのハウツービデオ。残念ながらドイツ語です。

 

<SM美容術入門-9 ・トップ・ SM美容術入門-11>

 

連載『SM美容術入門』