術後の感想-164

 向日葵さんの場合(39才・会社員・独身)

サロンさんが片付けをしている間、 バイブで遊んでていいよ、と言ってくれたので、 バイブで遊んでました、 おしまいにしたくなかったです。

 

 

 

 

 

昨日は時間を作っていただいて、ありがとうございました。

モニターの案内と私のタイミングがなかなか合わず、

申込みを諦めそうになってたりもしていたのですが、

モニターになれてよかったです。

 

ものすごく緊張してました。

待ち合わせ場所へ、早めに着いてしまい、

サロンさん、どんな人なんだろう、

とそわそわしっぱなしで、

サロンさんが来るまで、何分でもなかったと思うのですが、

待っていた時間がすごく長く感じました。

ふっと右側に気配を感じて、声をかけられ、

あ、この人がサロンさんなんだ、

と。

優しそうで上品さもあってふわっとした感じの、素敵な男性でした。

 

ホテルに着いて、

いろいろ話を振ってくれているサロンさんに対して、

ガチガチの緊張が解けないままの私。

シャワーを促され、入っている間に、

サロンさんは準備をしていました。

お風呂から出ると、ベッドの上に縄が沢山あって、

縛られるという期待と不安が沸き上がってました。

 

サロンさんに背中を向けて座り、

ものすごく緊張してる、と言うと、

深呼吸しよう、と言ってくれて、

サロンさんに言われる通りに、

鼻から吸って…止めて…

口からゆっくり吐いて…

と3回繰り返しました、

とても落ち着きました。

さっき会ったばかりの人なのに、

さっきまであんなに緊張してたのに、

サロンさんに後ろからぎゅっと抱きしめられただけで、

すごく気持ちよくて、とろけそうでした。

 

バスローブの上から後ろ手に縛られ、

おっぱいを上下挟むように縛られて、

バスローブの上からでも乳首が起っているのが分かりました。

初めて縛られました、すごく心地よくて、

今からいろんな施術が始まるのに、

縛られているだけでもいいくらいでした。

スルスルと縄を引っ張ったり、

クイッと縄を引っ張ったり、

独特のリズムがあったように思いました。

そのリズム感が体に伝わって心地よかったです。

 

ベッドに横えられて、浣腸をされました。

温かい液体がお尻から入ってきて、

あと半分、あと1/3って、サロンさんは言うのですが、

ちゃんと入ってるのか、

もしかして無意識のうちに出ちゃってたらどうしよう、とか、

どういう状況なのか見えなくて、

怖い、怖いって言ってしまいした。

 

お腹の中に液があるまま、

シェービングになりました。

脱毛サロンで脱毛しているので、

あまり毛がない方なんですが、

ちょっと毛が残ってるところだけでいいので、

シェービングしてください、と伝えました。

後でお風呂で気づいたのですが、

短めに、ツルっと、綺麗に整えてもらえてました。

シェービングの間は、浣腸の液が出ちゃったら、

っていうことばかりが気になっていて、

気持ちよくなりたいって集中出来ませんでした…

 

さっきの浣腸を出してしまおうと、

トイレへ連れて行かれました。

縛られたまま、お手洗いで全て出しきろうとしているのと同時に、

隣の部屋でサロンさんに、排泄の音を聞かれているのは分かるし、

直接見られてないし、籠っている独りの時間なのに、

そのうちサロンさん来るのも分かるし、

すごく恥ずかしい気持ちで座ってました。

 

そして再び浣腸、

お風呂のバスタブに、サロンさんが腰かけて、

サロンさんの膝というか、腿の上に、

私は床に膝をついて、お腹をサロンさんの腿へ乗せた感じで、

四つん這いというか、縛られたままなので、そうではないのですが。

後ろ手に縛られた私の右手を、

サロンさん、そっと握ってくれました。

また浣腸なんだ、と不安だっただけに、

ちょっとでも握ってもらえて、

もっと握っていてほしかったくらいでした。

お風呂での浣腸もどういう状況なのか分からなかったのですが、

順調に入っていったみたいで、

サロンさんにお尻を叩かれました。

叩かれた勢いで、浣腸の液が出ないように、

ってすごく意識していたのですが、

いい感じの強さで叩いてくれたのか、

叩かれたのも初めてですが、

声が出てしまいました、気持ちよかったです。

 

お風呂で出してもいいよ、と言われましたが、

緊張してたのもあって、出そうになくて、

トイレへ連れてってもらって、

だいぶ籠ってました。

お腹の痛みもなくなって、

出しきったを感じを伝えると、

縄を解いてくれて、

シャワーを浴びて、素っ裸できてね、と言われました。

 

さっと汗を流して、

素っ裸でベッドへ戻りました。

言われた通り、裸で戻りましたが、

やっぱり素っ裸って恥ずかしかったです。

そして目の前で手首を縛られました。

その手を頭の後ろの方へ促されました。

胸はさっきよりも縛られて、

サロンさんが胸の周りや耳を、

触るか触らないか、くらいのタッチで、

そんな優しいタッチだともっとほしくなってしまうのに。

縛られてるうちに、やはり乳首も起ってしまって、

大きくなった乳首にも縄をかけて、縛られました。

引っ張られて取れちゃうんじゃないかっていう痛みがあって、

痛かったけど、痛いっていうのを聞いてほしいような気持ちでした。

 

両方の足首から爪先まで縛られて、

ちょっと記憶があやふやだったりしますが、

お尻いじられてたと思います。

お尻、イヤじゃないな、って思いました。

おっぱいに、木製の洗濯バサミをたくんつけられました。

乳首には鈴のついたプラスチックの洗濯バサミをつけられ、

ホントに痛くて、すごく大きい声を出してしまいました。

 

足首の縄を解かれたら、

あそこが丸見えの状態になる感じで、

両足どちらも、足首と腿の付け根が近づくように縛られて、

あそこは丸見えの体勢となっていて、

クリトリスのマッサージをしてもらいました。

塗ったクリームのせいで、

クリトリスやあそこ全部が熱くなってました。

沢山塗ってくれて、マッサージをしていただきました。

あそこにもお尻にも指を入れられて、

大丈夫だったし、すごく気持ちよくて、

指一本でも気持ちよくて、

一度抜いたら、次は二本入れていて、

お尻は何となく抵抗あったのですが、

サロンさんに教えてもらえて、ホントよかったです。

 

バイブを入れられて、

縄で腿へ固定されました。

サロンさん、私に重なってきて、

そして体と同じタイミングでバイブを動かしていて、

サロンさんとエッチしてるような錯覚になりました、

サロンさんのを入れてくれたらいいのにとか、

そのまま出してほしいと思ってしまう程で…

バイブで何回もイッてしまいました。

 

バイブであそこを刺激して、

クリトリスも、そしてお尻も刺激してもらい、

こんなに一度に沢山刺激されるのは初めてで、

ものすごく気持ちいいのと同時に、

おかしくなってしまいそうなのが怖くて、

もう無理、堪えられないからギブアップ!

って思いましたが、

もっとこのままでいたい気持ちが強くて、

何度もイッてしまいました、

そして「おしまい」とサロンさん。

 

サロンさんが片付けをしている間、

バイブで遊んでていいよ、と言ってくれたので、

バイブで遊んでました、

おしまいにしたくなかったです。

 

ベトナム料理のお店まで教えていただきました。

是非行ってみますね。

お会いできて、素敵な時間を過ごせて、

貴重な経験になりました。

ホントにありがとうございました。

 

 

サロンさんより

 

向日葵さんから最初にお申し込みがあったのが、昨年の10月。

なかなかタイミングが合わなくて、ほぼ10ヶ月お持ちいただくことになりました。

東海地方にお住まいの向日葵さん。

お家からJRの駅までもかなり距離があるそうで、早朝に起きて、車、特急と乗り継いでモニター場所においでくださりました。

ありがとうございます。

 

感想にもあるように、緊張されているのが、ありありと分かる女性が待ち合わせ場所に。

声をかけると、一瞬びっくりして、飛び上がりそうになられます。

そうですよね。

このような女性用の風俗の利用は初めて。

SMの経験も無いし、エネマも未体験。オモチャもほとんど使ったことがないし・・

 

でも、Salon de SMのみなさんの感想を読んで、どうしても自分も『逝きまくり』を体験してみたいと・・

というか、向日葵さん、「セックスで逝ったことがないんです」と。

正確にいうと、「逝っているのかもしれないけど、自分では逝ったという感じはない」ですって。

女性の「逝く」ってのは、なかなか難しいですからね。

サロンさんとかかから観て、「これ逝ってるでしょ」って状態でも、「逝けなかった」って女性もいらっしゃいますしね。

「逝く」って感じは、男性には分からないし、Aさんの逝く感覚は、Bさんには分からなくて、しかもその感覚は違うかもしれないし。

まあ、あまり「逝く」って言葉にとらわれないで、いっぱいいっぱい気持ち良くなりましょう。

 

というわけで、お風呂にに入っていただき、サロンさんは準備を。

お風呂から出てきた向日葵さん。またまた緊張状態。

過呼吸になっては大変と、深呼吸でリラックスしていただきます。

大きく息を吸って、口から吐き出すときに、体中を弛緩されると、効果的に心を落ち着けることができます。

 

緊張もほぐれたようなので、ボンデージ美容術から開始します。

ガウンの上から後手縛りに取り、乳房の下にも繩をかけます。

ガウン越しに勃起した乳首がはっきりと分かります。

そのままゆっくり横に寝かせて、太腿をさわさわマッサージ。

敏感に反応し、体を痙攣させる向日葵さん。

よい感じで、初めての繩の鑑賞を楽しんでくださっています。

アナル付近を愛撫すると、その反応は一段と上がります。

向日葵さん、アナル好きの予感が。。

 

では、たっぷりとアナルを責めてさしあげましょう。

両脚首を縛り、逃げられないようにします。

初体験のエネマ美容術

エネマシリンジがアナルに触れただけで、声をあげて感じてくださいます。

好きなんだ〜(笑)

ゆっくりとエネマ液をお腹の中に注入。

たくさん、入りますね〜

洗面器一杯入ったのですが、まだおトイレには行く必要もないみたい。

それではということで、そのままシェービング美容術

実は、何日か前に、脱毛サロンで、オマンコの回りのヘアを綺麗にしたところなんですって。

「じゃ、シェービング美容術は、しなくていいですね」

いえ、、でも、楽しみにしていたので、お願いします」と向日葵さん。

そうなんだ、楽しみにしてくださっていたのですね。

では、たっぷりと楽しんでいただかないと。

 

お腹にエネマ液が入った状態で、仰向けになっていただき、ベッドの上で大きく足をM字に開いていただきます。

ほんとうだ。脱毛サロンで、オマンコ回りのヘアはツルツルになってるので、濡れたオマンコが丸見えです。

でも、陰核回りのヘアは残っていたので、ここを綺麗にしましょうね。

あとの、カーママッサージ美容術での陰核磨きの際には、陰核回りのヘアを綺麗にしていた方が断然効果が上がります。

シェービングフォームを塗りながら、丁寧に向日葵さんの陰核回りのヘアを剃って逝きます。

お腹の中はゴロゴロするし、シェービングフォームでスースーするし、サロンさんの指が、時々陰核に触れて感じてしまうし、複雑な感覚ですね。

 

丁寧に陰核回りのヘアを綺麗にしてから、トイレに入っていただきま。

まだそれほど出そうな雰囲気はないそうですが、出さないと先にすすめないしね。

トイレの中でがん張る向日葵さん。

 

だいたい出たかもしれない」ということですが、サロンさんが外に漏れる音で判断する限り、まだ全然出きっていません。

お風呂場に移動して、サロンさんのお膝の上にうつ伏せに腰を乗せ、お尻を持ち上げた状態でエネマ液のお代わりです。

もちろんこの体勢は、スパンキング美容術のためのものです。

後手縛りのまま、お尻にOTKでエネマ液を入れられながら、お尻ペンペンの始まりです。

痛くて、恥ずかしくて、お漏らししそうで、頭の中が混乱してきましたね。

この体勢で出ちゃうかなと思いましたが、恥ずかし過ぎるようなので、再びおトイレに。

うんうん、今度は、大丈夫。凄い音が聞こえています。

向日葵さんも、すっきりしたということなので、繩を解いて、 シャワーにはいっていただきます。

 

シャワーから全裸で出てくる向日葵さん。

割れ目は丸見え。勃起した乳首も隠すものがありません。

ベッドに座っていただき、後頭後手縛りで、乳房を無防備に。

後ろから、さわさわと「触らない」乳首マッサージを開始します。

あ〜ん、早く触って欲しいですよね。

じゃ、もっと触りやすいように、後手縛りと胸の飾り縄で、乳房を絞って、乳首をさらに勃起させましょう。

うわ〜、これでもか!って感じで、乳首が勃起しています。

我慢ならなくなって、思わず乳首に触ってしまうサロンさん。

気持ち良いですよね。

木製ピンチで、少し痛い快感も楽しんでいただきます。

こんなに勃っているなら、簡単に繩で乳首縛りができちゃいます。

両方の乳首を麻縄で強く縛り、イタ気持ち良い乳首責め。

うわぁ、ちぎれそうですね。

 

乳首マッサージを堪能していただいた次は、いよいよ未開のアナル快感を体験しましょう。

横に寝かせて、両脚首縛りで完全拘束。

さわさわとアナルの周りをマッサージすると、ピクピクとよい反応が返ってきます。

さあて、ローションをたっぷりつけた、指が向日葵さんのアナルに侵入。

ぎゅっとアナルを締め付けるので、指がキュウキュウです。

不思議な感覚に戸惑う向日葵さん。

なんなんでしょうね、この気持ち。

ほらほあ、もっと奥の方に入っていきますよ。

大きな声を上げて、初めての感覚を楽しんでくださる向日葵さん。

髪の毛も刺激しながら、アンGマッサージ美容術の醍醐味を経験していただきました。

 

さて、今度はオマンコで気持ち良くなっていただきましょう。

上半身の縛りを解いて、軽く前両手首縛りに。

下半身をガチガチに縛っていきます。

両手首は頭の上に上げて、両脚首をカエルさんがひっくりがえったように、太腿縛りで開脚させます。

このポーズだけで、うっとりの向日葵さん。

ヘアを剃ったオマンコが曝け出されています。

 

陰核クリームを指先につけて、カーママッサージ美容術の陰核磨き。

どんどん陰核亀頭が膨れあがってきます。

いつものオナニーでは感じることのできない、陰核の超高感度状態ですね。

 

十分にパンクリトリスを完全勃起させたので、ヴァニラマッサージ美容術に進みましょう。

中指を向日葵さんの膣口にあてがうと、パクパクと指を奥に運び出していく向日葵さんのオマンコ。

もう、早く欲しくてたまらない、って感じです。

VACゾーンをだんだんと奥に進む、サロンさんの指チンポ。

そのままぐっと、ヴァニラスポットHスポット)に突撃です。

大きな声を上げて感じてくださる向日葵さん。

中イキできないなんておっしゃっていたのに、随分と中の感度がよいんです。

オマンコの中、あちこち感じるところがいっぱいみたい。

術後の感想-163で初めて試した、両手の指を同時に使った、VACVPCの同時マッサージもいい感じで決まります。

ここらへんから、向日葵さんのエンジンは全開。

大きな声を上げて、体痙攣させて、逝きまくり状態になってくださいます。

これなら、未体験のバイブも大丈夫でしょう。

パンクリ振動子を向日葵さんの奥深くまで突き刺し、

そのまま繩で固定してしまいます。

ハイポペット美容術で連続逝き地獄を楽しんでいただきましょう。

予想通り、少々刺激がきつめのハイポペット美容術ですが、向日葵さんは十二分に堪能していただいています。

というか、さらにエンジンふかして、凄い状態に。

凄いです。

向日葵さんのペースに負けないように、サロンさんもパンクリ振動子を援護射撃。

SVRによる振動子美容術に、さらにアンGマッサージ美容術を複合化します。

長くまった甲斐がって、クリ、オマンコ、アナルの3点責めで、あこがれの連続逝き地獄の体験で、ホルモン大放出となりました。

 

最後はメスマー美容術のサワリをご体験していただき、楽しくSM美容の初体験を終わらせていただきました。

 

向日葵さん、「逝く」っていう感覚お分かりになりましたか?

 

「まだ逝っているって自覚ない」なんて言わないでくださいね(笑)。逝きまくりでしたよ。

次は、スパイラル美容術で、さらに深いところを探検してみるのもよいかもしれませんね。

遠方からのご参加、ありがとうございました。 

 

 <-前の感想 感想トップ 次の感想->