術後の感想-130

クララさんの場合(31才・主婦・既婚)

「もうトランス状態になっている私。 恥丘をトントンされるだけでもイってしまいます。」

 

 

本日はお時間を作って頂き、ありがとうございました。

施術内容と、この何とも言い表せない気持ちを忘れてしまわぬよう、帰りの電車で感想を書いています。

 

みなさんは施術者の方をサロンさんと呼んでいますが、私は事前のメールで、

「お会いしたら先生とお呼びしてもいいですか?」と許可を頂いておりました。

なので、こちらの感想にも先生と書かせて頂きます。

 

先生とお約束するのは今回が2回目でした。

と言うのも、最初にお約束した日は私が感染性胃腸炎になってしまい、

キャンセルせざるを得なかったのです。

全快したら連絡くださいね。と、優しい言葉を頂き、満を持して今日を迎えました。

お約束の日が近付くにつれ緊張が高まり、家事が疎かになりそうでした。

先生とお会いすることを、主人に悟られないかとドキドキしていました。

 

他の感想の中には、「施術◯日前から禁欲するように言われました…」

と書かれている方が居ましたが、私は特に言われませんでした。

本当はムラムラした気持ちで先生にお会いしたかったのですが、

前日に主人から求められましたので、いつも通り応じました。

断ると怪しまれてしまいそうだったので。

 

今朝は、まだ1歳の娘を母親に預けて出かけました。

玄関を出る時に泣き声が聞こえ、

自分はこれから子どもを置いてSM美容を受けに行くのかと思うと、

何とも言えない罪悪感がありました。

でもそのシチュエーションに興奮もしてしまいました。

とっても悪い母親になってしまった気がして…

 

普段乗らない電車に乗ると、

同じマンションに住むママ友の旦那さんに会ってしまいました。

これからエッチな施術を受けることがバレてしまったらどうしよう…と、

有りもしない心配をしてハラハラしました。

 

お約束より15分程早く待ち合わせ場所に到着しました。

時間があるのでお手洗いに行き、

軽くお化粧を直して待ち合わせ場所に戻りました。

時間の5分くらい前に、先生から声をかけて頂きました。

他の方の感想通り、とっても穏やかで優しそうな

雰囲気のスラっと背の高い男性でした。

都内にはあまり来ない?とか、

恵比寿のホテル行ったことある?とか

そんな話をしながら歩きました。

 

駅前のホテルに入ると、今までの経験について聞かれました。

 

私はこれまで様々な遊びをしてきました。

20歳の頃に出会ったご主人様には露出調教をされ、

夜の高速SAを全裸で歩いたり、

ノーブラ・ノーパンミニスカートで電車に乗ったり、

ゆりかもめの中でセックスしたり…

他にもここには書けないような過激なこともしてきました。

その後はハプニングバーにハマったり、

緊縛写真のモデルをやってみたり…

そんな事を話しました。

先生は終始優しい笑顔で聞いて下さいました。

NG事項の確認後、シャワーを浴びて来るように言われました。

朝自宅で浴びて来たばかりでしたので、5分も掛からず出ました。

下着を付けず、上にバスローブを羽織った状態で部屋に戻ると、

先生は施術の準備をされていました。

ベッドの上には、これから使うであろう縄がたくさん用意されていました。

縄を見ただけで、キツく縛られる感覚を思い出し陰部が熱くなりました。

 

まだ時間掛かるよ。と言われ、ベッドに座っていると、

シュルシュル…シュルシュルと麻縄を解く音がします。

この時もう既にスイッチが入ってしまい、

(あぁ…早く縛られたい…)と思っていました。

そんな私を見透かすかのように先生は

 

外の工事の音がうるさいね

 

と、関係ない話をします。

もしかして焦らされてる?

と思い振り返ると、黙って私を見つめている先生。

急に恥ずかしくなり目を反らす私。

 

沈黙…

 

 

すると突然、後ろからギューっと抱きしめられました。

手首を強く握られると直ぐに私は吐息をもらしてしまいました。

 

そのまま手を縛られます。

 

あぁ…はぁ…っ…

 

息がどんどん荒くなり、先生の手が触れる場所全てが気持ち良くなります。

麻縄で縛りながら、先生も強く強く抱きしめて下さいます。

ずっとずっと待っていた感覚。

体を動かす度に食い込む麻縄。

 

足も縛るよ。

 

両足首にも麻縄が掛けられ、私は完全に自由を奪われました。

 

お尻を上げて待っていなさい。お尻をキレイにする準備してくるからね

 

と先生に言われたのですが、少し体勢的にキツかったので、お尻が下がってしまいました。

 

お尻を上げて待ってなさいと言ったでしょ

 

と、叱られてしまい

 

ごめんなさい

 

と謝りました。

両手両足を拘束されたままベッドの上に転がされ、いよいよエネマ美容術の開始です。

 

今まで様々な経験をしてきましたが、浣腸は初めてでした。

腸内が液体で満たされ、もっと苦しいかと思いましたが意外と平気でした。

ですが、あと少し…というところで急に便意

が…

 

先生、もう出ちゃいます…!

 

と訴えましたが、ベッドの上に放出するわけにもいかず、我慢するように言われました。

 

お腹がもぞもぞと苦しいまま、シェービング美容術へと移行。

 

今回は通常モニタですし、主人にバレたら大変なので、一部残してのシェービングをお願いしました。

 

枕を顔に乗せられ、下半身で行われている様子を見ることはできません。

でも、先生の指が時々私の敏感な部分に触れます。

その度に腰がピクッと動いてしまいます。

もう完全に官能の世界に浸っていた私は、声を押し殺すことができません。

 

さぁ、キレイにシャワーで流そうね。

 

そう言われて立ち上がろうとしましたが、

足に力が入らず…胸を縛られている麻縄を先生に引っ張り上げてもらい、

何とかシャワーへ。

 

立ったまま、腰を落として前に突き出してごらん。

 

先生にそう言われ、シェービングしてもらったばかりの秘部を突き出します。

 

はぁ…っ…

気持ちいぃ…

 

シャワーを当てられているだけなのに、

快感が波のように襲ってきます。

 

まさか、シャワーだけでイっちゃうの?

 

先生が意地悪な事を言いますが、もう止められません。

 

ダメです、イキます…

イっちゃいます…!!!

 

生まれて初めて、シャワーの水圧で絶頂を迎えてしまいました。

 

次に先生は浴槽に腰を掛け、私を手招きします。

先生の太腿の上に身を預けると、

パシーーンッ!!

と、急にスパンキング美容術です。

 

元々スパンが大好きな私は、大きな声で喘ぎます。

でもお尻に力を入れていないと、お風呂場で粗相をしてしまいます。

 

パシーーンッ!パシーーンッ!

 

お風呂場に響く乾いた音。

ごめんなさい、ごめんなさいと謝りながらも、

喘ぎ声はどんどん大きくなります。

 

さぁ、ここでウンチしちゃいなさい

 

先生が囁きます。

ヤンキー座りと言うのか、

まさにウンコ座りと言うのか…

腰を落とすように指示され、

アナルにシャワーを当てられます。

括約筋を少しでも緩めると、

アナルが涎を垂らしてしまうは分かっていましたが、

もう我慢の限界だった私は、

 

無理です!もうダメです!!

出ちゃいますーーー!!!

 

と叫びながら、恥ずかしい音と共に

浴室で全てを出し切ってしまいました。

 

人前でお漏らしなんて…

恥ずかし過ぎる…

 

そう思っている自分と、何か吹っ切れた自分がいました。

 

さぁ、もう一回するよ

 

と、先生にエネマ液を追加されます。

今度はトイレで出すように言われ、

先生に抱えられるようにして何とか便座に腰を下ろします。

 

出たら呼んでね

 

そう言われましたが、なかなか全てが出切ったように思えません。

先生が心配して何度か覗きに来て下さいます。

 

もう大丈夫です

 

そう言うと、先生がお尻を拭いて下さいました。

大人になってお尻を拭かれるとは思いもしませんでした。

でも全てを先生に預けているんだと思うと、それもまた興奮でした。

 

もう一度シャワーでキレイにしておいで

出てくる時は全裸だよ。

 

そう先生に言われ、再度シャワーを浴びました。

鏡に映る自分は、まるで発情したメス猫のようでした。

これから起こることを期待して、全身が火照っているのを感じました。

 

全裸で出てくるように言われたものの、やっぱりそれは恥ずかしい…

 

約束を破り、バスタオルを巻いて先生の前へ…

 

あれ?すっぽんぽんで出ておいでって言ったよね?早くタオルを取って。

 

そう言われタオルを外し、一糸まとわぬ姿で先生の前に立ちます。

見られる事で興奮が増します。

 

こっちへおいで

感じやすそうな乳首を触ってあげる。

 

そう言われ、背中をむけて先生の前に座ります。

でも先生の手は、触れるか触れないかのところで乳首の上を行ったり来たり。

焦らされて頭がおかしくなりそう。

 

早く触って下さい!

 

とうとうお願いしてしまう私。

 

もっと感じるように乳首を絞り出してあげようね。

 

麻縄で絞り出された乳首が勃起しています。

やっと先生に乳首を摘まれた時、

頭が真っ白になりイってしまいました。

 

これを当てたら気持ちいいよ。

 

先生はピンポイント振動子を私のビンビンになった乳首へ当てます。

そこから何度も何度も乳首への刺激だけで絶頂を迎えてしまう私。

 

次は先生がタコ糸で乳首だけを縛って下さいました。

 

乳首取れちゃうかもよ、いいの?

 

ダメ!ダメです!!

引っ張らないでーー!!

 

左右の乳首を縛ったタコ糸の先を、先生がグイグイ引っ張ります。

痛いのに気持ちいい。

 

全身が性感帯になったと判断した先生は、

足の裏や足の指の間にも麻縄を掛けて下さいます。

そのまま足首も縛られ、アンGマッサージ美容術の開始です。

1本、2本と指の数が増えていきます。

 

ほら3本入ったよ…

 

先生に言われても信じられません。

気持ちいい…

パシーーン!!

パシーーン!!

スパンキング美容術も複合され、

とうとうアナル逝きしてしまう私。

 

(あぁ…オマンコも触って欲しい…

クリトリスも虐めて…!!)

 

声には出せなかったけど、アナルだけじゃ満足できなくなっていました。

 

オマンコ磨きしようか。

 

先生の言葉を待っていた私。

1番楽しみにしていたカーママッサージ美容術の開始です。

M字に縛られ、オマンコがパックリ開いているのが自分でもわかります。

 

足が勝手に閉じないようにするからね。

 

先生はベッドに縄をくくり、M字に開いた足が私の意志では閉じられないようにして下さいます。

 

これを塗るとね、5倍も10倍もクリトリスが気持ちよくなるよ…

 

先生が陰核クリームを勃起したクリトリスに塗り込みます。

 

熱い…熱いです…

 

陰核クリームを塗られると、クリトリスが熱くて熱くてたまりません。

腰が勝手に動いてしまいます。

 

もう一回塗ってあげる。

20倍も30倍も気持ちよくなって、オマンコ全体がクリトリスみたいになるからね。

 

そう言いながら先生は、小陰唇や大陰唇、会陰とオマンコ全体に陰核クリームを塗りこんで下さいます。

 

熱い…!!

熱いよーーーーー!!!

 

叫ぶ私。

とうとう先生の指がオマンコの中に入ってきました。

 

あぁーーーーんっっ

だめ、だめ、イクイクイクーーー!!!

 

先生の指が1本入っただけで絶頂を迎えてしまったのです。

もうトランス状態になっている私。

オマンコから指を抜かれ、恥丘をトントンされるだけでもイってしまいます。

 

だめぇーーー

トントンだめぇーーーー!

またイっちゃうーーー!!!

 

イクイク逝きます!!!!

あぁーーーあぁっ!!

 

何度も何度も絶頂の波が襲ってきます。

 

おかしくなる、おかしくなる!!

 

そう叫ぶ私に先生は、どんどん刺激を続けます。

 

もっともっと気持ち良くなろうね。

 

そう言うと先生は、私のオマンコにパンクリ振動子を挿入して縄で固定します。

乳首にはピンポイント振動子が当てられ、ハイポペット美容術の開始です。

 

先生の指もアナルへと挿入され、さらに恥丘もトントンされ全ての性感帯を刺激されます。

大声で叫びながら、何度も何度も絶頂を迎える私。

 

 

もっともっと…!!

もっとしてーーー!!!

 

イクイクイクーーー!!!

あぁーーーまたイっちゃうよぉーーー!!

 

 

何度イっても押し寄せてくる快楽の波。

終わることがない絶頂に、先生の方から

 

今日はここまでにしようか。

次はスパイラルモニターでね。

 

とストップか掛かりました。

 

きっと先生の方がギブアップだったのかもしれませんね笑

 

ちなみに、乳首に付けたタコ糸はそのままで帰るように言われました。

電車の中でも先生との時間が続いている気がして幸せでした。

家に着き、主人が帰って来る前にそっと外しました。

普段の私に戻った瞬間でした。

 

 

次のスパイラルモニターはもう少し経ってから応募しようかと思ってます。

だって、人生であと一回しか先生にお会いできないと思ったら、すぐにお願いしてしまうのは勿体無い気がして…

 

先生、本当にありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

サロンさんから

 

はじめまして。神奈川県在住31歳、クララと申します。

はじめまして、と書きましたが、実は以前にも応募させて頂いたことがあります。

その時は確か、急に子どもの具合が悪くなりキャンセルしてしまいました。

その後2人目を妊娠・出産し、ようやく断乳できたので、再度モニターに応募させて頂いた次第です。

20代の頃は露出が好きで、ネットに露出写真を投稿したり、露出好きな方を集めて野外で遊んだりしてました。

その後はハプニングバーで複数プレイをしたり、緊縛モデルなんかもしたりしてました。

とにかく性に対して貪欲なんだと思います。それは産後も変わりませんw

乳首でもイクことができますし、ポルチオ性感帯も開発されてます。

こんなことをズラズラ書くと、ちょっとおかしい人なのかと思われてしまうかもしれませんが、

普段は真面目に2人の母親をしております。

3人目の妊娠も考えているので、モニター応募のチャンスは今しかないと思ってます。

お返事お待ちしております。」 

とお申し込みのクララさん。

確かに記録を調べてみると、3年前にスパイラル美容術のモニターをお申し込みされ、お会いする寸前までいきながら、実現しなかったようです。

その後、二人目のお子さんもお生まれになり、母親として、女として、とても忙しい時期にの真っ只中なのですが、今度こそは是非モニターを受けてみたいとの強いご意志。

今回もモニター日が決まりながら、寸前に胃腸風邪にかかられ激しい嘔吐と熱が続きます。

昨夜から嘔吐と発熱で水分すら吐いてしまってます。

熱は38℃を行ったり来たりの状況ですが、キャンセルだけはしたくないので、 

明日待ち合わせ場所には必ず伺います。

このチャンスを逃してしまえば、もう一生サロン様の施術は受けられないと思うので。

いやいや、それ無理です。無茶です。

そんなに楽しみにしてくださってるんですね。感激です。

いつでもいいので、風邪がすっかり治って、エネルギーがフル充填してからにしましょう。

といった感じで、3年にわたりいろいろハプニングがあり、すんなりとはいかなかったのですが、ようやくクララさん念願のSM美容のモニター。

 

待ち合わせ場所に現れたクララさんは、情熱的な瞳をお持ちのしっとりと濡れた美しさをおもちの女性。

平野勝之監督の『監督失格』の題材ともなった女優の林由美香と、どことなく雰囲気が似ていらっしゃいます。

現在、二人目のお子さんの子育てもようやく一段落し、週に何日かお仕事にも復帰されているそうです。

結婚前に付き合っておられた男性が露出好きだったそうで、

高速のパーキングエリアで軽く縛られ、みんなの見ている前で、全裸で歩かされたりとか、

ゆりかもめ(東京のりんかい地区を走っている都市交通)の中、お客さんがいるところで、セックスとかしたりしてたんですって!!

他にも、ノーパン、ノーブラ、スケスケ、マイクロミニの服装でデパートで買い物とかするのですが、あらかじめマニアの掲示板に予告とか出しとくと、覗きマニアがたくさん集まって来るそうです。

すごいですね〜

聞くだけでドキドキしちゃいます。

警察に捕まんないんですか、と心配になりましたが、大丈夫だったそうで・・

一度、街中でパンティーを脱いでいたら、警官が「今、パンティー脱いだでしょう?」て職質してきて

はいてますよ〜。見ますか?

って切り抜けたそうです(笑)。

その元ご主人様は、緊縛はそれほど興味はなかったそうです。

一方、クララさんは、緊縛にも興味があり、ネットで「モデル募集」していた緊縛写真家のところに応募して、モデルとして縛られていたそうです。

まだ当時の写真が、その緊縛師のネットに掲載されており、拝見させていただきました。

で、最近は、ご主人と週に3回ぐらいセックスをされているそうですが、いたってノーマルなセックスだそうです。

女性用の性感マッサージにも何度か行かれたことはあるそうですが、特にSM的なものは最近ご無沙汰。

という訳で、久しぶりのSM的な経験。

30代になった女盛りの肉体で受けるSM、どんな感じになるでしょうね。

 

いろいろお話しを伺ったあとに、シャワーに入っていただきます。

ベッドの上に、サロンさんに背を向けて座っていただきます。

まだ先ほどのおしゃべりモードが続いているクララさん。

しばし沈黙して、間合いを計ります。

あれ、何?どうしたの?始まんないの?」 って感じで、後ろの気配を伺うクララさん。

はい。そんなモードじゃ、まだ始まんないですねェ。

・・・(沈黙)・・・・

呼吸があったところで、後ろからクララさんの両腕を体の前で掴みます。

おっと、スイッチ入りました。

このファーストコンタクトでスイッチが入ってくれると、後はスイスイとうまくいくんです。

幸先の良いスタートです。 

ゆっくりと両腕を体の後ろに回し、後手縛りに拘束し、そのまま横に寝かせます。

ボンデージ美容術の開始です。

ぐったりと力が抜けて、トランス状態のクララさん。

太腿を愛撫するだけでピクピクと痙攣されています。

両足首も縛り、完全拘束状態。

そっとアナル周りを指で触れると、体を痙攣させて感じています。

アナルはほとんど経験ないとのことでしたが、クララさんの場合、アナルはかなり鋭敏な性感帯のようです。

それでは本格的なアンGマッサージ美容術のためにも、まずエネマ美容術から始めましょうね。

うつぶせ状態で、お尻を上げたエッチな体勢で、エネマ液が用意できるのを待って頂きます。

さて、暖かいエネマ液をお腹の中に入れていきましょうね。

あーら、変な感じですね〜

まだおトイレは大丈夫かな?

それでは、このままシェービング美容術に入りましょう。

ご主人にばれないように、前は少し残しておくのですが、陰核周りはスッキリ剃ってしまいますよ。

愛液でヌルヌルのオマンコなので、指が滑って、なかなか綺麗に剃れないんです。

ニュルッ、ニュルッと指があちこち動く毎に、甘い吐息を上げて感じてくださるクララさん。

気持ちイイですよね〜

さて、ヘアは綺麗になりました。

お風呂場で切り落とされたヘアを洗い流してあげましょうね。

シャワーをオマンコにあてて、ヘアを流します。

あらら、どうしたんですが、腰がガクガク動き出しました。

あらあらあら、逝っちゃいます、逝っちゃいます。

股を開いたがに股のポーズで、腰をガクガク痙攣させて、クララさん、早くも最初のオーガズムの到来です。

すごいな〜

気持ちよさそう。

お腹にエネマ液が入った状態でオーガズムを迎えるって、どんな感じなんでしょうね。

立ってるのがフラフラのクララさん。

さあ、サロンさんのお膝の上にお腹を乗せて、うつ伏せになってください。

お尻が持ち上がってエッチな格好ですね。

かわいいアナルを見ていると、触りたくなってきました。

アナルに指を入れて、軽くアンGマッサージ美容術をすると、お尻を痙攣させながら感じてくださるクララさん。

漏れる〜、漏れる〜

気持ちイイのに、漏れそうで、恥ずかしくて、苦しくて、何がなんだか分かんなくなってきますね。

あーあーあー、こんなところで、ホントにもらしちゃった。

恥ずかし過ぎますね〜

しかたないので、ここで出してしまいましょう。

しゃがんでいっぱい出してもらいます。

まだ少しお腹に残っているようなので、さらにお湯を足して、今度はトイレで全部出してもらいます。

あーん、たくさん出てスッキリしましたね。

前も後ろもすっきりです。

シャワーを浴びて、今度は全裸で出てきて下さい。

あれれ?素っ裸で出てくるようにお願いしたのに、バスタオルをしっかり巻いていますよ。

だめでしょ、って言うと、え〜ッ〜、て感じでもじもじと恥ずかしそうにタオルを取るクララさん。

タオルを床に落とし、片手で胸を、片手で股を必死に隠しています。

かわいいですね〜

だめなんですよ、ちゃんとオケケがなくなって丸見えになったオマンコを見せて下さい。

あらら、乳首がもうピクンと勃起して、とってもイヤラシイですね。

「乳首触ってくださ〜い」って感じで屹立していますよ(笑)。

フフフ〜

触ろうかな〜

やめとこうかな〜

まずは、両手首を縛って、そのまま頭の後ろに固定します。後頭後手縛りっていう縛り。

こうすることで、胸や脇が無防備になって、触られ放題なんですよ〜

後ろから、クララさんの脇や、二の腕や、耳や脇腹をたくさん触ってさしあげます。

でも、オッパイと乳首は触らない。

今日は、触らないでおわりましょうか〜、なんて焦らすと、イヤンイヤンと喜んで(?)でくださるクララさん。

乳首はますます硬く、ますます大きくなって「早く触って〜!」って訴えています。

でも、まだ触らない。

再び後手縛りに縛り変え、乳房を絞って、さらに乳首を絞り出します。

さあ、クララさんの願いを叶えて、乳首で感じさせてあげましょう。

膝の上に寝かせて、ジワジワと乳首マッサージの開始です。 

あーん、気持ちイイ〜。

あっという間に、体を大きく痙攣させて逝ってしまったクララさん、

乳首逝きです。 

さすが「乳首でもイクことができます」と宣言されていたように、抜群の乳首の感度です。

でも、せっかくSalon de SMに着てくださったのですから、新たな乳首の悦びを体験していただかないとね。

まずは、ピンポイント振動子でもの乳首刺激。 もちろん乳首逝きしてくださいます。

続いて、サロンさんお得意の乳首縛り

今日はたこ糸でしばっちゃいましょうね。

ぐるりぐるりと乳首を巻きつけるにつれて、高まる興奮。

あーん、また乳首逝きしちゃいましたね〜。

すごいです、クララさん。

さてさて。乳首で何回もオーガズムを迎えてくださったクララさん。だんだんと下に向かって気持ち良いところを移していきましょう。

新たな縄で両足首から足の甲を縛っていきます。

もうちょっとで縄逝きしそうなのですが、ここはサロンさんの力不足。

そのままアンGマッサージ美容術に移ります。

指を1本、2本と慎重に増やしていきます。

特にたくさんの指を入れる必要もないんですけど、たくさん入ると、やっぱりコーフンしてしまうのも事実ですよね。

右手でアンGマッサージ美容術をしながら、左手でスパンキング美容術をおこなうといった、器用なサロンさん。

2つの異なる刺激が臀部を襲い、何が何だか分からなくなって・・・でも感じてしまいます。

続いて、髪の毛を引っ張りながらの、アンGマッサージ美容術

これ、効くんです。

予想通り、大きく体を痙攣させながらオーガズムを迎えるクララさん。

アナル逝きです。

アナルで逝くのは初めてかな?

さて、クララさんお待ちかねのカーママッサージ美容術に移りましょう。

まずは、両脚を太腿縛りで折った状態で固定してしまいます。

すっかりトランス状態のクララさん。強制開脚していないのに、両脚を思いきり開いて、パックリオマンコを開いた状態。

恐らく、閉じようとしても自分では閉じられない状態なのでしょうね。

念のために、両側から縄で強制的に開脚してM字開脚縛りにします。

さあて、大変だ。

この高感度状態で、さらに陰核磨きをしちゃうわけですね。

陰核磨きをかけると、クリトリスの感度が普段の10倍も20倍も高まってしまいます。

オマンコ全体がクリトリスになったような感じ。

普段でも感度の良いクララさん大丈夫かな・・

大きく開いたクララさんのオマンコ。

恥丘の部分の皮膚を上側に押し上げて、少し隠れていたクララさんの陰核を完全露出します。

すでに、パンパンに膨れあがって発情状態のクララさんのクリトリス。

右手の人差し指の先に陰核クリームを少量取り、 

ゆっくりとクララさんのクリトリスに塗り込んでいきます。

クリトリスがだんだん熱くなると同時に、クリトリスの感覚が普段より10倍も20倍も上がってしまうクララさん。

ダメ〜、いっちゃう〜!」と腰をガクガク痙攣させて逝きそうに・・

「だめです。まだ逝っちゃだめ。」とイヂワルなサロンさん。

陰核磨きの指を離しても、陰核の悶えは収まりません。

そのまま逝きそうなのを、ぐっと我慢するクララさん。

おりこうさんですね〜。いっぱい我慢してくださったら、思いきり逝かせてあげますよ。

と、再び陰核磨きの再開。

だめです。ちょっと触れただけで、すぐに逝きそうなクララさん。

またまた腰を痙攣させて、逝く寸前。

慌てて指を離すサロンさん。

もう、全身クリトリス状態ですね〜

「じゃあ、10数えるから、10まで我慢できたら、逝ってもいいよ」

「はい、1、2,  3, 4, 5」

あっ、あっと全身を痙攣させながら、必死にオーガズムが襲うのを我慢するクララさん。

「6, 7, 8, 9・・・やっぱし、やめとこ」

 「いやーー、お願い、逝かせて〜〜!!

とパニック状態のクララさん。

まあ、こんな感じで寸止め遊びでしばらく楽しんでから、お望み通りクリで何回か逝っていただきました(笑)。 

 

もうかなり深いトランス状態に入られたクララさん。

ここまで来てしまうと、もうどんなことでもオーガズムを迎えてくださいます。サロンさん楽しい。

サロンさんの得意技のヴァニラマッサージ美容術に入ります。

パンクリトリス全体がが大きく勃起したクララさんのオマンコ。

美しいです。

サロンさんの中指を、そうっとクララさんの膣口にあてがいます。

こうして入り口付近でじっと待っていると・・

ほらほら、不思議。

オマンコがパクパクサロンさんの指を飲み込んで、奥へ奥へとゆっくり運んで行くのです。

ほんと不思議なんですけど、クララさんのように性感開発の進んだ女性のオマンコは、この不思議な動きを見せて下さいます。

そして、この「自発挿入」ともいうべきオマンコの動きは、女性にとってもとても気持ち良いようで、大きな声を上げながら指を吸い込んでいって下さいます。

指が奥まで到達したところで、初めて指に少し圧力をかけて、ヴァニラスポットを押し込みます。

ほぼ例外なく(「自発挿入」できる女性は)、ここで何か「ロック・オン」された状態になり、しばらくの間「連続逝き」状態が続きます。

指は全然動かさないんですよ。膣に圧力を少しかけるだけ。

それで、何回も何回もオーガズムが襲ってきて、連続逝き状態になります。

何、これ」「どうなってんの」って叫ばれる女性もしばしばいらっしゃり、ご自身でもよくわかんない不思議なオーガズムなんだろうと思います(クララさんが、同じような言葉を発していたかどうか、サロンさん忘れました。ここらへんまで来ると、サロンさんもかなり上気しているので、記憶がところどころ飛びます)。

 連続逝きがそろそろ途切れてきたことで、初めて指をクネクネと普通に動かし出すのですが、もちろん再度オーガズムが襲ってきます。

もうこうなれば、どこを触っても逝く状態。

恥丘のやや上をトントンと左手で叩くだけでも、逝ってしまわれます。

試しに、右手の中指をオマンコから引き抜いて、左手の「トントン」だけにしてみても、やはり何回も逝ってしまうクララさん。

まさに全身クリトリス状態ですね。

さてさて、一晩でも二晩でもこのまま逝き続けそうなクララさんですけど、そろそろフィニッシュに持っていきましょう。

パンクリ振動子を発情したクララさんの陰裂に挿入。

そのまま麻縄でしっかりと固定してしまいます。

さあ、もうどんなに暴れても、刺さったまま抜けませんよ。

全身クリ状態のクララさんのために、さらに仕掛を・・

まずは、両方の乳首にピンポイント振動子をメディカルテープで固定。

これで、常時乳首に刺激が伝わります。

さらに、さきほど乳首をグルグル縛ったたこ糸の端を、ぐっと引っ張ってパンクリ振動子を固定している麻縄と連結します。

これ凄いですね。体を少しでも動かすと乳首がギュッと引っ張られますし、そうでなくてもパンクリ振動子の気持ち良い振動がたこ糸を介して乳首に伝わるのです。

さて、準備完了。

ハイポペット美容術の始まりです。

ピンポイント振動子のスイッチをオン。

続いてパンクリ振動子のスイッチをオン。

あーあ、大変。

永遠快楽地獄サイクルに突入のクララさん。

大きな声を上げながら、逝き続けます。

だめだめだめ、イク〜、イク〜、イク〜

体をピクンピクンと大きく痙攣させて、オーガズムを迎えられています。

しかし、大きな声ですね〜。喉が痛くなりますよ。

サロンさんはお茶を飲みながら、ソファに座ってクララさんの連続オーガズムショーを見学。

十分に休憩を取ったので、サロンさんも再参戦。

右手でアンGマッサージ美容術をおこないながら、左手で恥丘上部をトントン刺激。

一層大きな声をあけながら、逝き続けるクララさん。

すごいな〜

このままあと4時間ぐらいなら、イキ続けて下さるのでしょうね。

サロンさんも、次の予定があるので、今日はここまでね。

続きは、スパイラル美容術のモニターでお楽しみにください。

 

ぐったりとしてしばらく動けないクララさん。

あんなに逝き続けると、そうですよね。

やがて、モコモコとお目覚めのクララさん。

すっきりした明るい顔で、ご満足そうです。

母と、妻と、OLの3役をこなさなければならない、忙しい人生のステージのクララさん。

たまには、SM美容でリフレッシュして、明日からの活力をリチャージしてください。

子育てが一段落したら、再び露出遊びなども再開されるのかな。

Salon de SMの感想も、一種の露出プレイなので、これもお楽しみして下さい。

今後、ますます女を磨き、より一層美しくなるクララさんを楽しみにしています。

 

 

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->