術後の感想-126

マチ子さんの場合(34才・女医・独身)

「もうこの世の最高の快楽を味わった様な、イキ狂いとはこの事だなぁと思いました。」

 

 

本日はありがとうございました。

帰り道ですがまだ乳首がジンジン、

つままれた舌がジンジンと感じています。

以前からsalon de sm のHPを見ていて

ずっとずっと気になってしまいました。

前回モニターが決まったのに

それだけで興奮してしまい

生理不順で中々来ない生理が突然来てしまい

泣く泣く断念・・・

今回は生理も終わり、

よし!と思っていたのですが

いざ施術の前日になると

緊張のピークに。

前日は飲めないお酒を飲んでしまいました笑

待ち合わせに現れたサロンさんは

とっても優しそうな、誠実そうな方で

かなりホッとしました。

ホテルについてお茶を飲みながら、

自分でもよくわからない性癖と、

今までのトラウマ(?)を話しましたが

緊張で何だか

訳が分からないことを話していたかもしれません。

シャワーを浴びて、

まず胸周りを縛ってもらったら

縄の締め付けの心地よさと

安心感にうっとり、

縄ってこんなに安心するものなんですね・・・

驚きました。

その後ちょっと不安だった

エネマをすることになり

お尻の穴をほぐしてもらったのですが、

その指使いが気持ち良くて

もっとさわってほしい感覚に。

エネマ液を飲み込む時も

初体験な変な感じではあるけれど

感じていました。

エネマを入れ終わると

シェービングへ。

自分で足を開く様に言われ

恥ずかしさで濡れ濡れになりながらも、

サロンさんにみてもらってる、

剃ってもらってると思うと更に濡れ濡れに・・(_;)

その時点でお腹がかなり限界にきていたので

上半身縛られたままトイレへ。

サロンさんに連れていってもらい

トイレのふたを開けて座らせてもらい(かなり恥ずかしい!)

うんうん唸りながら全て出しきりました。

終わりましたと言って

サロンさんに拭いてもらってる時にも便意が来て、

「あ、まだ出そう」

「もう大丈夫です」の繰り返し。

お時間取らせてしまってすみませんでした。

エネマへの不安はありましたが

イチジク浣腸みたいな痛みは無かったし、

全部出しきれてお腹すっきりデトックスで、

恥ずかしいけれども

してもらって良かったなぁと思いました。

汚れたお尻をシャワーで洗っていただき、

再び縄へ。

この辺りから意識朦朧で

順番が違っていたらすみません。

両手を縛り上に上げて

乳房を強調する様に固定されて、

それだけで私の乳首はコリコリになってしまい

恥ずかしかったですが、

サロンさんが優しく誉めて下さったので

嬉しくなっていました。

その状態で鏡の前に立ちましたが、

恥ずかしかったけども

縄に包まれた自分の体を見て、

「あ、凄くいやらしくて綺麗だな」と思ってしまいました。

すでにオマンコはビショビショです。

その後乳首をたこ糸?で縛ってもらい

気持ち良くて悶える私・・・。

洗濯ばさみをたくさん挟んでもらい

「あぁ、私の求めていた乳首責めはこれなんだ」

と思いました。

たこ糸を結んだままうつ伏せになって

お尻ペンペン。

パシーンと響く度に

痛みと快感で頭がおかしくなりそうです。

感想を書くために

しっかり覚えておかなくちゃ、と思いながらも

快感の方が勝ってしまい

快感に飲み込まれてしまいます。

「スパンキングで感じる人はお尻も感じるんだよ」と言われ

お尻に指が入り、

気がついたら指が3本も入っていたそうです。

その後はゴロンと上向きになり

開脚したまま陰核マッサージへ。

「これを塗ると全身オマンコになっちゃうよ」と囁かれて

それだけでも興奮しているのに

クリームを塗ってしばらくすると

クリトリスが熱く呻いている様な感じになり

ただただサロンさんの指使いに

身を任せて喘いでしまいました。

あぁ、もう何でもいいから中に入れてほしい・・・

と思った時に

真っ赤なバイブが登場し、

バイブ慣れしていない私は一瞬ドキッとしましたが

欲しくがっていた私のおマンコは

あっという間にバイブも飲み込んでしまい

頭が真っ白に・・・・

そのままバイブも縄で固定されたまま

乳首には小さい綿棒の様な震動子を付け

気が狂いそうでした笑

最後にうつ伏せになってそのバイブをお尻に入れてもらい

バラ鞭でお尻ペンペン。

もうこの世の最高の快楽を味わった様な、

イキ狂いとはこの事だなぁと思いました。

施術途中から自分でも

無意識にオマンコがパクパクして、

もっともっとと言っている気がしました。

全て終わって寝転んでいる時

「私、淫乱なんだ・・・」と言ったら

サロンさんに「と言うよりMだね」と言われ、

やっぱり。でもMって幸せだな・・と思いました。

今も心地よく幸せいっぱいな気持ちで

この文章を書いています。

縄の気持ちよさを知って、

今後もどんどん縛られたい・・・とか思ってしまっています。

SM美容って本当にあるんだな

(疑っていたわけではありませんが笑)

と思いました。

凄くすっきりリフレッシュしましたし、

自分が女で良かったなと心から思いました。

次回はスパイラルで又モニターさせて頂きたいです。

サロンさん、本当にありがとうございました。

 

PS

終わった後、サロンさんはかなりぐったりされている様に思いました笑

欲しがりすぎてすみませんでした笑

 

サロンさんから

 

モニターを受けてくださった方のお名前は、本名を出すわけにもいきませんので、サロンさんが適当にペンネームをつけています。

で、今回のマチ子さんは、マチ子さんが、「京マチ子」に似てたので、マチ子ってつけたんです。

「京マチ子」なんてご存じの方、少ないかもしれませんね。大正生まれの女優さんで、サロンさんもリアルタイムには知りません。

『雨月物語』や『羅生門』などの名作に出演している往年の名女優です。

サロンさんのお父さんの時代の人気女優さんですが、当時からモダンで不思議な魅力のある女性。いわゆる、昔風の表現で言うと「アカヌケ」した女優さんなのです(ディオールを訪問した時の写真がこれ)。

で、まあマチ子さんも「京マチ子」をご存じなかったので、後で写真を見せてさしあげると、「お母さんの方が似てるかも」と。

お母様も美人なのですね。

マチ子さんのお母様、東京で開業されているお医者さん。

お父様は島根で開業されているお医者さん。

マチ子さんもお医者さんで、島根のお父様の病院で働いてられるんですって。

で、お祖父様も妹も、従兄弟もみんなお医者さんということで、典型的なお医者さん家系のようです。

島根にお住まいなのですが、時々東京のお母様のところにいらっしゃるようで、今回もそれにあわせてのモニター。

待ち合わせ場所に、黒づくめの服でお待ちのマチ子さん。

ホテルに移動します。

緊張のためか、若干興奮気味ですが、比較的すぐに打ち解けて、SMに対する思いを伺います。

SMは未経験なのかなと思っていたのですが、そうではなく、マチ子さん、希有な経験を積んでこられています。

マチ子さん、現在は独身ですが、3年前に離婚。お相手はもちろんお医者さん。

その元旦那ですが、かなりのSMマニアだったそうです。

マチ子さん自身も幼い頃からSM的なものに興味があったそうなので、ハッピーなSM夫婦生活となりそうなのですが・・

問題はその元旦那がかなりのM。

これも、「歯車がイマイチ噛みあわないMM夫婦」っていう微笑ましいお話しで終わればよいのですが、

やっかいなことに、そのM元旦那、マチ子さんをS男性の中に投げ込んで楽しむタイプ。

妻が凌辱される被虐感に萌えるMなのでしょうか・・・

仕事が終わると毎週のようにハプバーに連れて行かれ、

こいつMだから、みんなで虐めてやってください

って、ハプバーに来ているS男性の餌食にされたんですって。

ガチガチに拘束された状態で、輪姦されて、いきなりアナルにチンポ突っ込まれたり、知らない男性のシッコを飲まされたりしてたんですって!

絵に描いたようなSMの世界ですね。

そんなのホントにあるんだ。

でも、マチ子さん、そういうのがすごく辛かったって。

そういうのが好きだったらハッピーだったんでしょうけど、嫌いだったら可哀想すぎます。

悲しくなってきます。

そういう生活が3年ほど続き、心がズタズタになり、結局離婚されたとのことです。

 

でも、根がMのマチ子さん。

自分が求めるSMが、どこかにあるのではないかとネットを彷徨っている時にSalon de SMを見つけ、「これだ」と思い応募されたそうです。

はい。きっとこれ(SM美容)がマチ子さんの望んでいるSMかもですよ。

元ご主人から見ると、「そんなのSMじゃねぇ。ただのエロ遊び」と思われるかもしれませんが、いいんです、エロ遊びで。

サロンさんはただの変態エロ親爺ですから。サディストではありません。

今日は傷ついたマチ子さんの心を、癒しのSM美容で包んで差し上げましょう。

 

シャワーから出てきたマチ子さん。バスタオルを体に巻かれています。

ベッドの上に座っていただき、静かにボンデージ美容術の開始。

柔らかい縄で、抱きしめるようにマチ子さんを後手に縛り、そのまま横に寝かせます。

さらに両足首を縛り、身動き出来ない状態に。

二本だけの簡単な縛りですけど、これで十分、囚われの身の被虐感を味わえます。

マチ子さん、ハプバーでいきなり太いチンポをアナルに突っ込まれたり、イチジク浣腸を入れられたりしたので、お尻や浣腸にトラウマをお持ちです。

なので、その恐怖心を除去してあげないと。

指先で、アナルを触れると、キュッと入り口を閉めてダメダメされてしまいます。

でも、そのまま指をアヌスに当てたままじっとしていると・・

あれあれ、今度はフガフガと、マチ子さんのアヌスの方がサロンさんの指を飲み込み始めたではありませんか。

アナル好きなんだ。

人差し指で十分にアナルをほぐした後に、ゴム管を挿入してエネマ美容術の開始です。

ゆっくりと暖かいエネマ液をマチ子さんのお腹の中に入れていきます。

なんだか感じてしまいますね(笑)。

洗面器一杯のエネマ液が入った後は、漏れそうなのを我慢していただいて、そのままシェービング美容術に。

後手縛りのまま仰向けになっていただき、脚を開いていただきます。

カミソリを使う作業なので、ここだけは一時的に部屋を明るくします。

ヌルヌル液が溢れだしたオマンコをパックリ自ら開いて、じっとヘアを剃られるのを受け入れるしかありません。

時々指が敏感なところに触れると、ピクンと反応するマチ子さん。

気持ち良いけど、お腹もグルグルだし、何が何だかわからなくなってきますね。

すっかりヘアが無くなった頃に、我慢も限界。

後手縛りのまま、急いでトイレに駆け込みます。

サロンさんは外で待っているものの、とても恥ずかしい排出場面。

早く終わってしまいたいので、思わず「もう大丈夫」って言ってしまうんですよね。

ほんとかな、とお尻を拭き終えて上げたことに、「あ、また出そう・・」

と再度ドアを閉めて排出。

こういうのを何回か繰り返すことになり、何回も恥ずかしい思いをしていただくことになりました(笑)。

シャワーでさっと流した後に、ベッドに戻り、ボンデージ美容術の続きです。

緊張もだいぶん取れてきたし、お腹の中もすっきり。

さて、気を入れて、感じていただきましょうかね。

事前のお話しでは、特に乳首が性感帯のこと。

乳首を強く責められるのが好きなんですって。

そうそう、マチ子さん、今、遠距離恋愛している彼がいるんです。

これはちょっとハッピーなお話し。

とても優しい彼なんですけど、優しすぎて、乳首も強く刺激してくれないんですって。

もっと強くつまんで」ってマチ子さんが頼んでも、「僕にはできない」って尻込みしちゃうんですって。

乳首マッサージの力加減は、個人差がとても大きいので、サロンさんもいつも悩むとろこなのですが、マチ子さんの場合は、かなり思い切って強くしても大丈夫そうですね。楽しみです。

後手縛りを解いて、胸を隠していたバスタオルを剥ぎ取ります。

あらあら、乳首がもうこんなに勃起しちゃって!

早く触って!」と言わんばかりに、硬く勃起しているのです。

だめ。触ってあげない。意地悪しちゃいます。

両手首を頭の後ろ側で固定する後頭後手縛りで、胸と脇を無謀にします。

後ろから手を回し、乳首の周りをサワサワとマッサージ。

乳首だけは触らないのです。

乳首大好きなマチ子さん、あんあんと悶えて感じてくださいます。

キツイ刺激もいいですけど、その前のサワサワ刺激も素敵でしょう。

乳首周りのマッサージから、やがて指先だけを乳首に軽く触れて、乳首そのものを刺激していきます。

既に硬い乳首をさらに硬くして悶えるマチ子さん。

乳首大好きなんだ。

じゃ、もっと気持ち良くして差し上げましょう。

縛り方を変えて、乳房を絞り出す後手縛りに。

こうやって乳房を縛り鬱血させると、ますます乳首の感度が上がるのです。

せっかくですので、綺麗なお姿を一緒に鑑賞しましょうと、鏡の前に。

鏡に映る、エッチな乳首を観てさらに興奮するマチ子さん。

人差し指を親指で強く挟むように、乳首を強気刺激。

あ〜ん、気持ち良すぎますね。

そのまま乳首を引っ張って、ベッドに移動。

乳首責めに幸せ一杯のマチ子さん。

そんなに乳首責めが好きならば、乳首も緊縛してさしあげましょう。

小さめの乳首のマチ子さんの場合は、たこ糸で縛っちゃいますね。

勃起した乳首にぐるぐると何回もたこ糸を回し、固定します。

両方の乳首を縛った後に、そのままぎゅーと、乳首を引っ張ります。

あ〜、乳首がもげてしまう・・痛そう・・・

なのに、大きな声を上げて感じてしまうマチ子さん。

乳首責め大好きなんですね。

乳首縛りだけで、十分にキツイのですが、さらに洗濯バサミで刺激をつぎ足します。

1個、2個、3個と、乳首と乳首周りに、左右合わせて8個の洗濯バサミが噛みつきました。

痛いのに、気持ち良いマチ子さん。

このまま我慢していただき、さらにスパンキング美容術を。

サロンさんのお膝の上にお尻を上になるような体勢でうつ伏せに乗っていただき、

大きくつき上がったお尻を、手のひらで軽く叩きます。

「軽く」って言ってますけど、実際にはズシンと重く響くんです。

あぁっ」と大きな声を出されるマチ子さん。

おお。いい感じ。

マチ子さん、スパンキングもかなり好きそう。

乳首を責められながら受けるスパンキング、好きな人にはたまりません。

かなりきつめのスパンキング美容術をおこないます。

かなり深いトランス状態に入られていくマチ子さん。

この時点で、オーガズムを何回か迎えられていたのではと思います。

スパンキング好きの女性は、多くの場合アンGマッサージ美容術にもよい感じで反応していただけます。

ということで、お膝にお尻を乗せた状態で、アンGマッサージ美容術の開始です。

アナルにはトラウマのあるマチ子さんですので、かなり時間をかけて、指を1本、2本、3本と増やしていきます。

最初のエネマ美容術の時から予想していましたが、マチ子さんはアナルにかなり敏感に反応してくださいます。

アンGマッサージ美容術に、スパンキング美容術、きつめの乳首マッサージを複合して、まずは小括としてのクライマックスを。

ぐったりと気持ちよさそうなマチ子さん。

まだまだこれからですよ。

 

小休止したあとに、縄をほどき、上半身は軽めの両手首縛りに。

いよいよオマンコのマッサージに移ります。

マチ子さんの長い脚を折りたたんで、グルグルと縄で縛る腿縛り。

両方の脚をこうやって縛るだけで、股が全開になり、オマンコがパックリ開いてしまいます。

恥ずかし過ぎますね。

これだけでもいいのですが、絶対に脚を閉じられないように、さらに左右から縄で強制的に開脚するM字開脚縛りに。 

絶体絶命です。

さてさて、乳首やお尻だけでなく、オマンコも気持ち良くなってください。

マチ子さんの陰核包皮を上にもちあげ、姿を現したピンク色に光る陰核を、指先につけた陰核クリームで丹念にマッサージしていく、カーママッサージ美容術です。

もうここらへんに来たら、何をしてもメチャクチャに感じてくださるマチ子さん。

楽しいです。

陰核磨きで何回も気を遣っていただいた後には、いよいよ体の中に侵入です。

サロンさんは、右手中指の先っぽを、そっとマチ子さんのオマンコの入り口にあてがいます。

決してサロンさんから指を入れないんです。

すると、あら不思議、マチ子さんのオマンコがパクパク動き出し、サロンさんの指を中へ、中へと飲み込み始めるのです。

女体の神秘ですね。

そのままフガフガと指を飲み込み、やがて膣奥のヴァニラスポットに着地。

ここで始めて中指に力を少し入れ、ヴァニラスポットを押さえつけます。

と、共に大きなオーガズムを迎えるマチ子さん。

サロンさんも、ほとんど脳逝き状態になります。

そのまま指をじっとしておくだけで、マチ子さんのカラダに周期的にオーガズムが到来してきます。

ポリネシアンSEXで、チンポ挿入したまま、ピクリとも動かさないで、何回もオーガズムを導き出すってのは、多分こういう状態なんでしょうね。チンポでなくても、指でも可能だということです。

さてさて、サロンさんの中指でたくさん気持ち良くなっていただいた後は、指から振動子にタッチ交代。

サロンさんは休憩が必要です。 

パンクリ振動子をオマンコに挿入して縄で固定。

おまけに、2個のピンポイント振動子を両方の乳首にテープで固定してさしあげます。

スイッチをオンにしてハイポペット美容術の開始です。

サロンさんは、腰を振りながら悶えるマチ子さんを、お茶を飲みながら、楽しく鑑賞させていただきます。

サロンさんだけ、休憩して申し訳ないですね。

でも、マチ子さんは休憩するより、逝き続ける方がいいですよね(笑)。

最後は、お尻を高く上げたうつ伏せ状態にして(腿縛りで脚が折りたたまっているので、嫌が上でもお尻をつきあげた状態になるのです)、 パンクリ振動子をアナルに突き刺し、お尻めがけてバラ鞭を振り下ろす、振動子美容術アンGマッサージ美容術スパンキング美容術の複合技でクリマックスとさせ大団円を迎えます。

 

いや〜凄かったですね。

サロンさん、かなりぐったりしていた」って?

マチ子さんの心を癒すために、気合いを入れて頑張ったんですもの(笑)。

どうです?SMって心暖まる遊びでしょう?

心が寒くなるようなSMもありますけど、美容のためには、心の底から暖まるような情の通ったSMでないとね。

なんとか、その優しすぎる彼に、SM美容を覚えてもらえるといいですね。

まあ、まずは、スパイラル美容術のモニターで、さらにSM美容の奥義をご体験ください。お待ちしております。

 

マチ子さんのこれまでの体験は次の記事でお読みになれます。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->