SM美容術入門16-温熱刺激美容術

熱そうで、意外と熱くなくて、でもやっぱり熱いのが『温熱刺激美容術』。

 

 

 

さて、SM美容術入門シリーズ、やっとこさ第16回の『温熱刺激美容術』までたどり着きました。

これで『ボンデージ美容術』以外は全て説明したことになります。

 

温熱刺激美容術』って、つまり「ローソク垂らし」です。

「SM」で一般の人がイメージするのは、「ムチ」「縛り」「手錠」「ボールギャグ」「浣腸」そして「ローソク責め」って感じではないでしょうか?

SM美容のアイテムの中でも、『スパンキング美容術』『エネマ美容術』と同じく、かなり「衝撃力」のあるアイテムです。

SM美容術入門3-ダイナミックレンジ』を考えると、セッションの最後の最後にもってくるべきアイテムかと思います。

 

ところで、『エネマ美容術』と同じく、真面目な美容法としても、ローソク・・というかワックスを使ったものがありますよね。

肌への適度な刺激が、新陳代謝を促し、美容・健康効果をもたらすという訳です。

あと、脱毛のブラジリアンワックスなんかも、ワックス使います。

 

昔は(かなり昔ね)、ミツバチの巣や鯨の脂、あるいは日本では果実の脂からローソクを作っていたらしいですが、今は石油から合成されているものがほとんどだと思います。ミツバチの巣から作ったものを「蜜蝋」、植物由来のものを「木蝋」といったりもします。

おうちの仏壇からローソク失敬してきて、使って見よう

てのは、やめましょうね。

同じローソクでも融点(簡単には熱で溶けたローソクの熱さ)が、色々なんです。

仏壇のローソクはかなり高い方。

なので、上品な白色でメチャ熱いローソクでないとダメ、っていうマニアは別として、初心者の方は、融点の低いローソクを使いましょう。

どんなタイプのローソクが熱くないの?

そうですね、一番安心なのは、アダルトグッズ屋さん(あるいはネット)で、SM用の「低温ローソク」と明記しているものを買うことです。

SM用のローソクは、たいがい真っ赤なもので、派手な見栄えになるように工夫されています。

【Take-home message-32】最初は「低温ローソク」から遊びましょう

 

低温ローソクの中でも、さらに温度もいろいろあるようですよ。

低温ローソクは、ほとんど、熱めのお風呂よりちょっと熱い程度の温度なのです。

でも実際使って見れば分かりますが、かけられる方は「メチャ熱い〜」っていうイメージに頭の中がプログラムされていますので、実際の肉体的な刺激以上の効果があります。

とはいうものの、熱さに対する許容度の個人差もありますし、その日のコンディションでも感受性が変わるでしょうから、まずは低温ローソクで様子を見ながら、慎重にね。

 

さて、どうやってローソクをかけるか。

まず、ローソクをかける場所

無難なのは、お尻でしょう。あとは乳房や、背中。

オマンコや目、耳、アナル、お臍などの穴の部分は、事故につながるので、マニア以外には手を出してはいけません。

「お尻の穴の回りだけかけよう」とか思っていても、相手がちょっと姿勢を変えると、スルスルと熱いロウが直腸の中まで入ってしまいますよ。

お尻や乳房、乳首で十分『温熱美容』効果はありますので、悪戯心をださないことです。

【Take-home message-33】体孔近辺にはローソクを垂らしてはいけません。

 

次に、ローソクのかけ方

これはいろいろですよね。

「ほらほら、熱いのが垂れるよ、ほら見てごらん」

って、盛り上げながら垂らすのもありですし、

目隠しして、いつどこに垂れてくるのかのドキドキ感を味わうのも一興。

 

高い位置から垂らすと、加速度がついて重たい感じがしますが、飛び散るので注意。温度も少し下がります。

近い位置から垂らすと、かなり熱いですし、追い詰める感じがします。

「ポタリ・・ポタリ・・」と散発的に垂らすのもあれば、たまった溶けたロウを、一挙にドドッてのもありです。

いや、楽しいですね〜

 

さて、サロンさん、ローソク遊びは大好きなのですが、実はSalon de SMではほとんどこの『温熱刺激美容術』をやっていません。

ご希望されている方も多いのですが、なんでやらないかというと、後始末が大変なの。

自宅でローソクプレイをするなら別ですが、ホテルでする場合には、ローソクをシーツや床に垂らすのは御法度。

床ならまだ、必死に削り取ればなんとかなりますが、シーツとかにつけちゃったら、いくら頑張っても取れませんよ。

なので、ローソク使う時は大きなビニールシートを床に広げて、その上で遊びましょう。

【Take-home message-34】ビニールシートの上で楽しみましょう。
一度でいいのでこんな広いところでローソク遊びをしてみたいものです。

いわゆる「レジャーシート」とか「レジャーマット」とかいうやつですが、サロンさんは100均ショップで購入して、使い捨てで利用しています。

普通の店で買うと、1,000円-2,000円しちゃうこともあるので、こうなると再利用したくなりますよね。

でも、たくさんのローソクを剥がして、シートをキレイにするのが大変。

というか、まずは、受け手の方の体についたローソクを丁寧に剥がしていかいといけないのですが、これが結構時間がかかります。

石鹸で洗っても落ちるものでもないので、1粒1粒、指で剥がしていくことになります。

楽しい時間ではあるのですが、時間はかかります。

なので、ついつい「ま、温熱刺激美容術は次の機会に」って感じになってしまいます。

 

それに、2, 3滴垂らしただけで、

あ、やっぱり無理です。止めときます

って方が意外と多いので(笑)。

低温ローソク使っているので熱くないんですけどね。

 

といいながら、時々自分にローソクがかかって「アヂィ!」と飛び上がっていたりしてるのも事実ですが(笑)。

 

英国のローソクの垂らし方の教則ビデオですよ。JAPANESE HOT WAXなんですって。

 

マドンナも温熱刺激美容術をやっております。

 

<SM美容術入門-15 ・トップ・ SM美容術入門-17>

 

連載『SM美容術入門』