術後の感想-228

香織さんの場合(36才・OL・独身)

次々快楽の波がきて 上書きされて、 もうどこが頂点なのかわからないくらい。

 

 

 

毎回待ち合わせ場所でサロンさんを待っている時が一番緊張してしまうのですが、

やっぱり今日もドキドキ。

でもサロンさんが現れるとほっとしちゃう。

ホテルへ移動して、

近況など楽しくお話して和んだところでシャワーへ。

 

サロンさんのそばに戻ると、

背後からぎゅっと抱きしめられて、

心地良くて身体の力が抜けてくるのだけど、

触れられたところからビリビリ痺れるように気持ちよくなっちゃう。

後ろ手に縄がかけられて縛られていくごとに、

頭がふわふわしてきてます。

 

そしてサロンさんの手にサワサワと触れられていくと、

全身の感度を上げられていくように感じます。

いつの間にやら横向きに寝かされサロンさんの指がアナルに。

表面を撫でていた指が

少しずつアナルに入ってきて、

奥まで入ってくると気持ちよくてじっとしていられない。

エネマもまだなのにサロンさんの指は増えていくし、

ぐりぐり動かされるともう逝っちゃう。

縛られて思うように動けないから

その刺激を外に逃がせなくて

身体の中に気持ちいいのがずっと回り続けるような感じで

頭も痺れて世界が遠く感じるくらいです。

なので久しぶりのシェービングは

夢の中で終わってしまった様な感覚でした。

 

そしてバスルームでエネマ。

サロンさんの膝の上に乗せられた体勢で。

もう色々我慢できなくて大変です。

恥ずかしすぎて書けない。。。

 

という訳で、

再びシャワーを浴びてサロンさんのところへ。

ベッドに腰掛けると、

今度は背中に腕を真っ直ぐ伸ばした状態で縛られていきます。

もう縄がかけられていくだけで

子宮がきゅうってなっちゃう。

髪も絞り上げられると

引っ張られる頭皮も気持ちいいし、

首にあたる空気にも感じてしまって、

それが背筋を伝って全身痺れるように気持ちいい。

さらに耳に触れらると

全身のビリビリが止まりません。

そして首にも縄が。

サロンさんがベッドに腰掛けている私の前に立って

首から伸びる縄を引くと、

本当にペットにでもなった気分。

さらに私の膝を割って

足を閉じられないように立つので、

腕は後ろで縛られてるし、

全身どこも隠せないし

ものすごく無防備な気持ちになって

支配されてる感覚が強くなります。

木製のピンチで舌を挟まれ、

胸にもたくさんつけられて、

最後には乳首にも鈴付きのピンチが。

痛くて泣きそう。

だけど身体の奥のほうは冷めるどころか

熱くなっていく。

首の縄を引かれ立ちあがると

そのまま鏡の前へ。

縛られピンチを何個もつけた自分の姿を見せられると

恥ずかしさよりも興奮が上回り、

さらに前かがみの体勢

サロンさんに後ろから腰を押し付けられて

ぐりぐりされると、

鏡の中の責められている自分の姿と、

サロンさんの高ぶりにも

欲情が掻き立てられて

ピンチの痛みさえも吹き飛んでしまいそうなほどです。

いつの間にやらピンチは外してもらって、

身体の前で両手首を縛られて、

後ろから抱っこされながら

サロンさんの指が口の中に。

じゅぼじゅぼされると

口の中も気持ちよくて、

指を抜かれると口寂しいくらい。

足をM字にガチガチに縛られていく間も

肌の上を擦れる縄に身体がビクビクするのが止まらない。

腕も頭の上で動かせなくなり

再び無防備状態に。

クリトリスにクリームぬりぬりされて熱くなって

さらに感度が上がって子宮に熱が集まってくるような、

早く挿れてほしくてたまらなくなります。

サロンさんの指がやっと入ってきた頃には

もうヴァギナが敏感になって

グリグリされるとすぐ逝ってしまいそう。

しかも動けないから

ダイレクト快感が押し寄せてくる。

この感覚は縛られているからこそだと思います。

 

さて、今日のモニターの振動子。

ピンクでおたまじゃくしのような

Gスポットに効きそうなバイブ。

スマホから遠隔で動かせるのか、

声に反応して動くみたい。

中に入れると

しっぽ部分は細いので、

入ってるという感じはあまり強くないというか

中にいるという感じ。

振動が思っていたより強くて

ビリビリ響いてきて気持ちいい。

途中からSVRを渡されてクリトリスにあてると、

中と外両方からの振動が凄くて、

サロンさんがアナルもグリグリするから

もう何がどうなっているかわからなくなっちゃう。

モニターの部分は頭はっきりさせなきゃといつも思うのですけどね。。。

後から思ったのですが、

これはお出掛け中に試してみたいかもと思いました。

起きあがっている使ったらあたる部分が変わりそうで楽しそうだなと。

ぜひモニターさせてもらいたいです^_^

 

そしてパンクリ振動子。

私、本当にこれには弱いので

何度も何度も逝かされてしまいます。

次々快楽の波がきて

上書きされて、

もうどこが頂点なのかわからないくらい。

足を解放されて

四つん這いになると

後ろからもグリグリ突かれて、

いつのまにかアナルにもSVRが入ってるし、

サロンさんの手なのかバラ鞭なのかで

スパンキングされたり?

でもう身体がバラバラになりそうなくらい気持よくて

記憶もあやふやなくらいでした。

 

最後はいつものようにサロンさんに甘えさせてもらって。

ぎゅーってしてもらっていると、

ほっとして心が安らぐというか解放される気がするんですよね。

サロンさん、ありがとうございます。

 

そしてそのあと少しメスマーも体験させていただきました。

私かかるかな??と思っていたら

意外とかかるもので、

身体が意思通りに動かなかったり敏感になったり。

自分でもびっくり。もっと深く体験してみたくなりました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

 

 

サロンさんから

 

今回が5回目のご体験となる香織さん。

金沢にお住まいなのですが、年に2、3回、美術館巡りをかねて、東京に二泊ほどの小旅行をされていらっしゃいます。

今回も、いくつか気になる展覧会の鑑賞を予定に組み込み、それと同時にSM美容のご体験も楽しみにしていただいております。

 

いろいろ好奇心をかき立てるような、リピーターの方のための美容術を用意はしているのですが、

おまかせでお願いします

というのが、この何回かのご希望。

基本のボンデージ美容術スパンキング美容術で、十分楽しんでいただいているようで、メールにも「縛って、叩いて、可愛がってください(๑˃̵ᴗ˂̵)」とあります。

なにせソフトSMですので、そのうち物足りなくなるのでは、とも心配します。

ですので、今回は、香織さんにとっては、初めての体験となる【EX】フィカス美容術をご体験いただきます。

 この【EX】フィカス美容術というのは何ものかというと、「ラヴェンス・ラッシュ」という商品名の振動子を用いた美容術。

香港製のグッズなのですが、その形がなんとなくイチジクに似ているように思えたので、フィカス=イチジクから【EX】フィカス美容術とした経緯があります。

最近のこういったグッズは、スマホでのコントロールが常識となってきましたが、この「ラヴェンス・ラッシュ」も、もちろんBluetoothでスマホからコントロールします。

スマホの通信機能を使って、遠隔操作できるのも、最近のグッズの売りで、彼は男性用のグッズ、彼女は女性用のグッズを装着し、お互いにスカイプか何かで顔をみながら、遠隔操作でヴァーチャルセックスで遊べたりするようです。

コントロール用のアプリが無料配布されていますが、結構頻繁に更新されており、愛用者からのいろいろな振動パターンのデータもたくさんあり、世界的に広まっているグッズの用です。

サロンさんが手に入れた時は香港から航空便で購入したのですが、今はアマゾンでも購入できるようになっていますね。

 

話が脱線しましたが、今回は【EX】フィカス美容術を香織さんのために準備して、いつものホテルに。

この半年のことを楽しくお話ししてから、いよいよSM美容の開始です。

いつものように、お風呂に入っていただき、ガウン姿で登場。

直近のオナニーは1週間前だそうですから、体は敏感になっていらっしゃるでしょう。

拘束状態で連続逝きを強制されている動画をネットで観ながら、オナニーされたんですって。

スケベだな〜

 

呼吸を合わせて、後手縛りから始めるボンデージ美容術です。

ガウンの下は下着の香織さん。

ゆっくり横に寝かせて、サワサワマッサージで皮膚の感覚を敏感にしていきます。

気持ちよさそうな香織さん。

サワサワマッサージがお尻に近づくにつれて、大好きなアンGマッサージ美容術への期待が高まります。

十分に焦らしたあとに、ゆっくりと生指チンポを香織さんのアナルに。

あ〜ん、アナル大好きですものね〜

甘いと息を漏らしながら感じまくる香織さん。

エネマ美容術の前ではありますが、かなり長めの アンGマッサージ美容術で楽しんでいただきます。

 

続いて、今日はシェービング美容術を先にやってしまいましょう。

既に綺麗に揃えていらっしゃるので、シェーブする面積はほんの少し。

あっという間に、ツルツルパイパンになってしまいました。

 

さあて、あと回しにしたエネマ美容術をやってしいいまいましょう。

アンGマッサージ美容術で、お腹の中は、かなり空に近いのが分かっていたので、そのままお風呂場に。

お風呂場で、OTKの恥ずかしい体勢になっていただき、

エネマシリンジからお湯の注入です。

お風呂場だから安心しているのか、途中でピューとお湯をアナルから噴き出す香織さん。

粗相したから、もちろんお尻ペンペンのお仕置きです。

ペンペンされると、さらにピューっとお湯を噴き出す、いけない香織さんです。

 

お風呂場ではお湯しか出ませんでしたが、念のためにトイレに移動していただき、残っているお湯を全て排出。

すっきりしたところで、縄を解いて、シャワーにかかっていただきます。

 

もう5回目となると、何も言わなくても、きちんと全裸で戻って来る香織さん。

ツルツルになって、丸見えの割れ目を鑑賞させていただきます。

 

ベッドに腰かけ、後手縛りに。

まずは、髪責めで頭部の性感を高めましょう。

長い髪を束ねて掴み、少々強めに上に引き上げ、

その状態で、第2のオマンコとも呼ばれる、耳たぶを責めさせていただきます。

香織さんは、結構、頭部の性感が強く、髪責め、耳たぶ愛撫、口責め、首責め、全て深く感じて下さるのです。

 

首には麻縄で首縄をかけて、囚われの身に。

うっとり、湿った目になる香織さん。

被虐感を強く感じることができる縄なのです。

首縄つけた状態で、乳房に木製ピンチを次々につけていきます。

ほらほら、痛いですね。

どんどん、つぎつぎ噛みついて行きますよ。

最後は特別痛い鈴付きクリップを、両方の乳首に。

痛くて気持ち良い不思議な感覚です。

 

乳房と乳首をクリップに噛まれた状態で、鏡の前に連行。

恥ずかしくも美しい、香織さんの裸体を鑑賞していただきます。

 

さて、痛いのを我慢したので、いい子いい子してあげましょうね。

ベッドに戻り、木製ピンチ鈴付きクリップを外して、両手首前縛りに縛りなおします。

ベッドの腕に香織さんを抱え込むように仰向けに寝て、まったり幸せな、乳首マッサージで癒して差し上げましょう。

うっとり、ふわふわ気分の香織さん。

そのまま、下半身の美容術へと進んで行きますね。

 

太腿縛りから、脚を両側に大きく強制開脚されるM字開脚に。

ツルツルのオマンコがパックリ開いて、とても恥ずかしい格好です。

さあて、お待ちかねのカーママッサージ美容術

陰核クリームをたっぷり指先にすくい取り、まったり丹念に香織さんの陰核亀頭に塗り込めて行きます。

いつも通り、大きな声をあげながら感じて下さる、香織さん。

陰核磨き、大好きですものね。

 

たっぷり陰核磨きをして、パンクリフル勃起状態を確認したら、

次はヴァニラマッサージ美容術で、オマンコの中から美しくなりましょう。

ゆっくりと生指チンポを、ビチョビチョの香織さんのオマンコに挿入。

Hスポットを刺激しながら、美容ホルモンの誘導を促します。

 

さあて、ここまででも、十分に美容ホルモンを放出しましたが、今日はさらに【EX】フィカス美容術を味わっていただきます。

やや大きめのラヴェンス・ラッシュなのですが、既にヌルヌルの香織さんのオマンコは、なんなくラヴェンス・ラッシュを飲み込みます。

iPhoneでリンクして、いろいろな振動パターンを試します、

声に合わせて振動するモードみたいなのもあって、楽しいのです。

 

オマンコの中はラヴェンス・ラッシュが暴れてくれるのでよいのですが、せっかくピッカピカにした陰核亀頭が少し寂しいですね。

香織さんにSVRをわたして、クリをSVRで刺激していただきます。

サロンさんは、パンクリ振動子で香織さんの大好きなアナルを責めるのです。

ほらほら、豪華3点責め。

何がなんだかか分からなくなってきましたね。

 

徐々にM字開脚の縄を解きながら、クライマックスに向かって追い込んで行きます。

体をひっくり返して、四つん這いのワンワンスタイルで、綺麗なお尻にバラ鞭でスパンキング美容術を施します。

擬似バックセックスで犯しながら、ホルモン大放出となりました。

 

ぐったり、気持ち良い香織さん。

今日も楽しんでいただけたでしょうか。

 

少し休憩して、メスマー美容術のさわりをご体験。

「かかないかも・・・」って思っていらっしゃたかのしれませんが、見事に不思議な現象が次々起こり、深くかかってしまいましたね。

縄で縛られて「ふわふわした気分」になるのと、よく似ているでしょう。

どちらもトランス状態ですからね。

 

【EX】フィカス美容術は楽しんでいただきましたでしょうか?

野外プレイに興味があるのですか?

みんなの観ているまで、逝かなければなりませんよ(^▽^)

 

サロンさんから

 

金沢 

香織さんのこれまでの体験は次の記事でお読みになれます。

 <-前の感想 感想トップ 次の感想->