術後の感想-201

 早樹さんの場合(50才・会社経営・独身)

もう、このまま殺されてもいいや。。。とも思ったくらい幸福を感じました。

 

 

 

本当は繁盛しないでほしい、

なんて言ったら、ワガママ過ぎますね( 笑 ) ゴメンなさい (._.)

得意ではありませんが、

お約束の感想文は書かなければなりません。


サロンさんに3回目のお願いをしました。

日にちが決まり、何を着ていこうか、、、

下着は、、、顔のパックもしたいし、、、

自分の身体のメンテナンスは大丈夫だろうか、、、と、

ドキドキ ワクワクです。

 

1回目にも、2回目にも、こんな心理はありましたが、

回数を重ねる度につくづく思います。

Salon de SM は、「 サロン 」 ではなく、

前にも増して身体は気持ち良くなり、

そこへ行って「 先生 」とお話しをすると、

心までもが健康になるという、

コラムにも登場するあの「 治療院 」に近いのではないかと。


いつもと同じ場所での待ち合わせ。

何事にも動じない風格をお持ちのサロンさんを驚かせてみたくなり、

早く着いた私は、

待ち合わせ場所から少しだけ離れたところで待っていました。

 

あれれ?? 

隠れているつもりだったのに、

私の真正面、いつもと違う方向からサロンさんが歩いてきます。

「 お待たせしました 」 と、サロンさん。

残念↓↓驚かせる戦法は、無駄に終わりました。

やっぱりサロンさんには敵いません。笑

今日はスーツではなく、髪を短くされて、

少し身軽な雰囲気ですが、

相変わらず素敵な紳士です (*^^)


そして、いつもと同じホテルへ。

現在のオナニー事情とか!?

これもまた、いつもと同じように、

ちょっとエッチを織り交ぜた楽しいお話しの時間が続きます。

色々なお話しをしながら、

今回のアイテムを見せて貰いました。

正式な名前を聞き忘れてしまいましたが、

グラスディルドです。

「 ペンタブル 」 なのですかね?

とても綺麗ですが、小さいのに意外と重たい、

そんな印象です。

何だかとても高級そう。


でも今日は、私からサロンさんに、お願い事をしてみようと思って来ており、

それをゆっくり眺める余裕がありません。

お願い事は二つ。

一つめは、写真の撮影。

二つめは、厳しい責めを受けてみたいということ。

「 どうゆう心境の変化か?」

と、サロンさんは驚いていましたが、

引き受けてくれました。

SMの経験自体がSalon de SM だけなので、

当然なのかもしれませんが、

どちらも私にとっては、初めての経験です。

その行為に不安が無いわけではありませんが、

サロンさんなら大丈夫。

そう感じるんです。


まずは、便秘体質で、

腸にトラブルを抱えている私に、

催眠術をかけてくれました。

ソファーに座ったままで、

「 これから毎日ふっと~いウンチがぁ、、、 」 って。笑

クタっと寝てしまうくらいメスマーにも掛かりすぎてしまうので、

本当にこれから毎日太いものが出てくれる気がします (*^^)

その後、なかなか浮遊状態から抜け切れず、

ソファーで少し休ませてもらいました。


その間にサロンさんは、ベッドの準備を始めています。

私は、意識が戻り、シャワーを浴びに行きます。

ショーツだけを穿き、

ガウン姿でベッドへ腰かけます。

薄暗く、ゆったりとした空気が流れる室内でスタートです。


髪を束ね、左右に避けながら、

まず首に縄が掛けられてゆきます。

幾重にも重ねて巻かれます。

呼吸はできますが、

意外にキツめです。

「 ベッドの下に降りて、こっちを向いて、ひざまづいて 。」

静かで、穏やかな口調で、ささやくサロンさん。

サロンさんの囁くような口調、

感情の抑揚が見えなくて、

それが妙にドキドキするんです。

ベッドの下で首輪を繋がれ、

膝まづいたまま、

ベットの上に座っているサロンさんに、

クチの中を愛撫され始めます。

次第に唾液が溢れてきます。

もう、この段階で、トリップし始めてしまいました。


エネマが先だったのか、、、口枷が先だったのか、、、


アナルにゼリーが塗られ、

エネマ用に指でほぐしてもらうのですが、

気持ち良すぎて、

いきなり快感と興奮はマックスまで上昇してしまいます。

たったの3回目なのに、

こんなにオシリが開発されてしまうとは、

自分の変態さ加減に驚いてしまいます。

 

誰にも言えない、、、秘密のイケナイ(?) こと、、、

でもヤメられない、ヤメてほしくない、、、

こんな感じでしょうか。

そのままオシリの奥を突いてほしくて、突いてほしくて、たまらなくなってきます。

奥が疼くんです。


タイミングを見計らって、

いつもと違う液体?のエネマをしてもらいます。

すぐにオシリの穴がヒクヒクしてきて、

我慢が出来なくなってしまいました。

サロンさんにトイレへ連れって行って貰います。

ウンチが出ているのか、いないのか、

よく分からないけど、音だけは大きくて、

恥ずかしい。

 

サロンさんに聞かれたくないなぁ、、、なんてトイレで唸りながら考えていて、初めて気付きました。

首輪の先は、ドアの外に繋がれているみたいだけど、

まだ首輪しか繋がれていなかったんです。

無意識の中で、勝手に、後ろ手に縛られていると思い込んでおり、ウ

ンウンと唸っていましたが、

それに気づいてからは、音消しのボタンを押しまくりです。笑

 

なんだかスッキリせずに、お風呂で再エネマです。

立ったままだったり、四つん這いだったり。

お風呂の中でのエネマは、

アナルへの刺激が気持ちよくて、

「 あぁ~ん 」なんて声を出してしまいました。

苦労をしながらも、なんとか完了です。


ベッドに戻り、ボンテージが始まります。

座った状態で、後ろ手にクロスして、

手首が縛られてゆきます。

そして、上腕を一緒に巻き込んで、

胸の上と下もグルグルと縛られます。

キツイです。

いつもより倍くらいキツく縛られているのが分かります。

思わずセリ出てしまった乳首にも

意識が向きますが、

きつく縛られた上腕部がとても気持ちいい。

でも、どこも血流が止まっていないんです。

不思議ですね。

縛られた先の血流が止まるどころか、

むしろ高揚して温かくなっています。


そして口枷。

口の中にティッシュを詰められ、

タオルで口枷をした上に、

縄がグルグルと巻かれます。

厳しい責めをお願いしているのに、

セーフティワードが言えない状態になってしまいました。

でも、サロンさんなら大丈夫。

きっと全身の変化に意識を配って、見ていてくれる。


膝立ちで、セリ出た乳首にピンチが挟まれてゆきます。

何個つけられたのか、痛みが先行し、

よく分かりません。

鈴のついた強いピンチも挟まれます。

口枷をしたまま、

痛さのあまり絶叫してしまいました。

乳首が擦れ、少しの刺激にも敏感になってしまいました。

その状態の乳首を愛撫されると、

乳首の奥が疼くくらい気持ちいい。

アナルや、他の器官もそうなのですが、

そのものの奥が疼きだしてしまう感覚に目覚めてしまうと、

「 もっと、もっと~ 」 と、欲しがりになってしまいます。

欲しがり過ぎて、サロンさんに呆れられているかもしれませんね。^_^;


乳首にピンチを挟まれたまま、

ベッドに転がされます。

何枚か写真が撮られていたようですが、

そこはサロンさんにお任せです。

揃えた足先にも縄が掛けられ、

股縄も掛かっていたように思いますが、

興奮しすぎていて、縄運びは記憶できませんでした。


いよいよ本格的にアナルを犯して貰えます。

こんな感覚を持ってしまうなんて、

やっぱり私は変態です。笑

もう、奥が疼いてたまらなくなっているオシリに、

サロンさんの指がゆっくりと入ってきます。

それから今回のモニターアイテムのグラスディルドも

アナルに挿入されます。

何度も、何度も、ゆっくり絶妙な速度で出し入れをされます。

挿した瞬間、ひんやり冷たくて、

でも冷たすぎず、とても気持ちいい。

アナルを愛撫されながら、

オシリをパァ~ンと重たく、ずしっと平手打ちされます。

ひと叩きごとに、何重層にも

アナルの快感が深く、厚くなっていくんです。

オシリの奥が疼きすぎて、

突いてほしくて、突いてほしくて、

そのまま深~い奥を、

めちゃくちゃに突き壊してほしい衝動に駆られてしまいます。


それから、縛られたまま、横向きに転がされ、

髪を引きながら喉の奥も犯されます。

気持ち良すぎて、逝っているのか、いないのか、

よく分からないぐらい長い時間、

深い所へ昇り、彷徨っていました。

喉の奥と、アナルだけで深い所へ昇ってしまったのか、

膣やクリトリスも刺激されていたのか、

よく分かりません。

血流も速くなっており、

色々な穴の周りの皮膚が膨張してしまっている身体で、

聴覚も麻痺し、

何も聞こえず、そして何も考えられないくらい深い快楽を味わっていた気がします。

この感覚は、普通のセックスでは得た事がありません。

気持ち良すぎて、幸せすぎて、涙が溢れてしまいました。


「 じゃあ、洗ってくるからね。」 と、サロンさん。

アナルに挿入したグラスディルドを洗いに行ってくれていたようですが、

私は意識朦朧としたままベッドで仮死状態です。

戻ってきたサロンさんが、

仰向けになるように動かしてくれます。

手は後ろ手に縛られたまま、乳首にはピラニアがついたまま(?)

足の縄を外し、片足だけをM字になるように縛りなおされます。

大変!本題のモニターは、ここからでした。笑


クリトリスにクリームが塗られ、

優しく、ゆっくりと擦り込まれてゆきます。

熱く、ジンジンとしてきます。

( あれ?ここで初めてクリトリスをさわって貰えたんでしたか?)

仮死状態になっていたハズなのに、

すぐ意識が回復し、

身体が高揚してきます。

グラスディルドが膣に挿入され、

サロンさんは、振動子、SVRを駆使して、

更に深い快楽の世界へと導いてくれます。  

ドコを、ナニで、どう刺激されているのか全くわかりません。

全部が繋がった一個の大きな性感帯となっています。


「さぁ、オナニーショーを見せてもらおうか。」


抑揚の少ない、低い声でサロンさんが囁きます。

動画を撮影しようと、スタンバイしています。

とても恥ずかしいのに、既に思考回路がショートしている私は、

グラスディルドを膣に挿しこみ、グリグリと自分で動かし、

反対の手ではクリトリスをグリグリと弄っています。

何も考えず、ただ、ただ、夢中でグリグリ、グリグリ。

初めて動画を撮影されているのに、

それには配慮できないくらい夢中です。

手を止めたくても、止まらない。

そんな動物的で、変態なオナニーをサロンさんに見せてしまいました。

合間にサロンさんがアナルを弄ってくれます。

いつのまにかSVRもアナルに挿入されていたようです。

自分でクリトリスをいじり、膣にはグラスディルド、

アナルはサロンさんの指やSVRが、、、

贅沢すぎて天国へ昇天しない訳がありませんね。


「このグラスディルドはオナニー用だよ。」

最初のお話しタイムの時、サロンさんが言っていました。

確かに、上下左右に、乱暴に自分で動かしても、

とても滑らかに動いてくれます。

動物的で、変態に、夢中で自慰をしても、

傷をつけてしまう事もなく、安心な感じ!?

うぅ~ん、この滑らかさをうまく説明するのは難しいです。

SM上級者さんではどうなのか分かりませんが、

私のようなほぼ初心者には、

適度な重量感で、扱いやすく、とても良かったです。

 

気が付くと、いつのまにか縄がほどけており、

全身の脱力感と、心地よい疲労感で、

暫くベッドでまったりとしていたと思います。

「 腕に痕が残っちゃったょ。」 と、サロンさん。

厳しい責めをお願いしていたので、

痕が付くことなんて、もちろん覚悟の上です。

シャワーを浴びて、帰り支度を始めます。

鏡に映る私の身体には、

オシリにサロンさんの平手の跡が残っており、

乳首は巨峰のように大きく、コリコリのままでした。


私にとっては 「 治療院 」 に近い感覚のある Salon de SM ですが、

もう少し早くに、若いころ出会っていたら、

人生観含めて人生全てが変わっていたかもしれません。

帰宅して動画と写真を見ると、

そこには初めて見る、羞恥心も無く、

ただの雌として淫らな喘ぎ声で叫んでいる自分の姿が映っておりました。


恥ずかしくて、まだ自分の動画は直視できませんが、

照明加減などが、淫靡なのに

お洒落だった感じがしました。

サロンさん、とても綺麗に撮って下さり、

有難うございました。

 

 

サロンさんより

 

SM美容でアナルの悦びを知ってしまった早樹さん。

大変ですね(笑)。

忙しいお仕事の合間をぬって、3回目のSM美容。

【EX】ベンダブル美容術のご体験です。

 

早樹さん、便秘気味の体質で、普段から下剤のお世話になっていらっしゃるそうです。

お話しを伺っていると、若い頃に受けた消化器の外科手術のあとに、医者に「便秘にな〜る」と余計な暗示をいれられたような雰囲気が・・

メスマー美容術入門17ーノセボ』で紹介したやつですね。

 手術後一時は便秘体質になるかもしれませんが、長い目で見ると、カラダのほうがあんじょう適応してくれるはず。

最初に【EX】メスマー美容術で、「便秘がなぉ〜る」と暗示を入れてみました。

少しでもよくなるといいですね。

だって、早樹さん、アナルが大好きなんだもん。

 

さて、いつもと違う、初っぱなのメスマー体験でしたが、あとはいつも通りに進めましょう。

でも、今日は前回より強めに縛って欲しいのですね。

了解です。

エッチな写真も、早樹さんのスマホで撮影しちゃいますね。

 

シャワーから、下着姿でご登場の早樹さん。

ではまず、不思議パワーをもったワンワン、プリアちゃんになっちゃいましょう。

今年は戌年ですものね(セッションは酉年のうちにおこなったものですけど・・・)

 

麻縄で首輪をかけておりこうさんのワンワンに。

ほら、ワンちゃんみたいに、四つん這いになって、お尻を突き出しなさい。

お尻をフリフリ、クゥンクゥン、プリアちゃん。

スケベなワンワンになってしまいました。

ほらほら、もうアナルに生チンポが欲しいのですね?

スケベにお尻フリフリできたたので、プリアちゃんの大好きな指チンポを挿入してあげますね。

ほらほら、そんなに喜ばないで。

気持ちイイんだものね。

 

先にアンGマッサージ美容術を少し楽しんでいただいたので、

順番が逆になってしまいましたが、エネマ美容術でお腹をキレイにしておきましょう。

ワンワンスタイルのままエネマ液を注入。

そのまま首輪を引かれて、トイレまでご主人様とお散歩。

ここで人間に戻って、二本足になり、トイレの中で出していただきます。

 

ひとまずお腹がキレイになった様なので、トイレタイムは終わり。

でも、念のためにお代わりしておきましょうね。

首輪を外してお風呂場に。

ワンワンからヒトに進化したので、直立体勢でエネマ液を注入。

あらあら、エネマ液を出すときの快感が忘れられないのか、

エネマ液を入れた途端に、ピューピューアナルから噴き出しちゃいます。

いけない直立ワンちゃんだなぁ。

そんなにすぐに出したら、エネマの効果がないよ。

と、何度かエネマ液の注入と、速攻噴出を繰り返してエネマ美容術の終了。

すっきりとした状態でお風呂場からベッドに移動です。

 

さあ、いっぱいナワナワしましょうね。

前両手首縛りで逃げないように拘束。

口の中にティッシュを何枚か詰めて、その上からタオルで口枷。

さらに、麻縄で口枷タオルがずれないように頭をグルグル巻きに。

もうこれで、いくら助けて〜、と叫んてもモゴモゴ状態で誰も助けて来ませんよ。

前両手首縛りをほどき、少し強めの後手縛り

今日は厳しく責めてあげますね。

 

後手縛りのおかげで屹立状態の早樹さんの乳首。

ギュッとつねったり、引っ張ったりで虐めちゃいます。

痛いけど気持ち良い早樹さん。

何やら叫んでいますが、口が塞がれているので何言ってるか分かりません。

きっと喜んでいるのだろうと、さらに乳首を麻縄でグルグル巻きにした乳首縛り

乳首がもう少しでちぎれそうなぐらい、強く引っ張って差し上げます。 

気持ちよさそうにモゴモゴ叫んでいますが、何言ってるか分かりません。

分からないのを幸いに、木製ピンチを早樹さんの乳房にいっぱい噛ましちゃいました。

仕上げは、特別痛い鈴付きクリップを早樹さんの勃起した乳首に。

大きく体を痙攣させ、早樹さん乳首逝きされたようですよ。 

 

さあ、もう体中が鋭敏な性器になってしまったスケベな早樹さん。

どこを触っても、逝きまくりです。

横に寝かして両足首縛りを追加。

もうこれで完全拘束状態。

犯され放題です。

後ろから、早樹さんの大好きなアナルに指チンポを挿入。

完全拘束され、しかも口枷までされて受けるアンGマッサージ美容術は格別ですね。

体を痙攣させながら、アナル逝きを続けるスケベ早樹さん。

指チンポが次第に太くなり、とうとう指3本のチンポを美味しそうに飲み込む早樹さんのアナル。

指三本は、本物のチンポに勝とも負けない太さ。

本物のチンポより複雑な動きをするので、気持ち良いですよね。

この状態まで十分アナルをほぐせば、太いパンクリ振動子でも難なく咥え込むことができるでしょう。

ローションをたっぷりつけたパンクリ振動子をゆっくり早樹さんのアナルに挿入。

ほらほら、すごく気持ち良いですよね。

後ろの見えない早樹さん、てっきりベンダブルグラスが入っていると思われてたようですが、

ここではパンクリ振動子を使っていたのですよ。

 

たっぷりアナル逝きを堪能された早樹さん。

次はオマンコでいっぱい逝って下さい。

仰向け体勢で、片脚だけの太腿縛り

既に充血勃起している早樹さんの陰核亀頭を、

優しくまったりと時間をかけて磨いて差し上げます。

カーママッサージ美容術の至福のひとときです。

 

陰核磨きパンクリフル勃起の早樹さん。

早く、オマンコに生チンポが欲しいですよね。

美味しそうに指チンポをむしゃぶり食べ尽くす早樹さんのスケベオマンコ。

ほらほら、体の奥底からスケベエネルギーがどんどん溢れだして来ましたね。

ヴァニラ中逝きを繰り返すスケベ早樹さん。

後ろも前も、どっちも気持ち良いですよね。

 

さあ、深いトランス状態なので、記憶に残るかどうか分かりませんが、

今日のメインテーマの【EX】ベンダブル美容術のモニターをしていただきましょう。

ベッドの腕に膝をうけて半立ち状態になっていだき、

その状態でオマンコに太くて固いベンダブルグラスを挿入。

さらに、ベンダブルグラスを麻縄で固定して、抜けないようにしちゃいます。

ほらほら、腰を少し動かすだけで、

ゴツゴツしたベンダブルグラスが、オマンコのあちこちを刺激し、

気持ち良いので、さらに腰が動いてしまう・・・

快楽回路がグルグル回り出します。

半立ちのまま、一人で行き続ける早樹さん。

アナルも大好きなので、特別にアナルにもSVRを入れて差し上げましょう。

最後は、縄を徐々に解きながら、

サロンさんの指チンポも参加しながら、

ホルモン大放出となりました。

 

早樹さん、複雑な構造が生み出す不思議なベンダブルグラスの快楽世界・・

堪能していただけましたでしょうか?

次は、後ろにベンダブルグラス

そして前に別の振動子を入れながら、

淫乱に連続逝きする姿を動画に収めさせていただきましょう。

 

お忙しい中を、ご体験していただき、ありがとうございました。

 

 

 

早樹さんのこれまでの体験は次の記事でお読みになれます。

 <-前の感想 感想トップ 次の感想->