術後の感想-131

蘭夢さんの場合(48才・公務員・既婚)

「お尻はお尻で確かに気持ちよく、余計、前に欲しくて欲しくてたまらなくなります。」

 

 

初めてメールを差し上げた日から、はや数年(笑)。

想い人にやっと出会えた感じです。

新宿駅で声をかけてくださったサロンさんは、

柔らかい表情のおじさま、

という印象でした。(自分はただのオバサンですが)

 

アロマの香り漂う素敵なホテルに連れていっていただき、

ホテルのサービスのスパークリングワインをいただきながら、

色々お話ししました。

優しい雰囲気ながらも、

ストレートに質問されて

出張ホストさんの経験とか、

マッサージの体験とか、

つい正直に答えてしまいました。

 

お風呂から出ると、

さっきとは声のトーンも変わって、

短く 「おいで」と言われ、

その感じにちよっときゅんとしちゃいました。

ここ数年、ン十年間、

男性から「おいで」なんて言われることなかったので。

 

腕を麻縄でしばられると、

サロンさんの指がゆっくりアナルに差し込まれました。

くすぐったいような気持ちいいような

何とも言ない感覚です。

やわらかくなったところで、

細い管を入れられて、

生あたたかい液体がどんどんお腹に入っていきます。

 

全部おしりで飲み込むと、

サロンさんがほめてくださり、

ちょっと達成感がありました。

 

そのままお風呂に連れていかれ、

お尻をつきだした状態で言葉ぜめ。。。

恥ずかしかったです。

 

トイレに行かせてもらい、

お腹が落ち着いたところでベッドに戻り、

今度は胸をつき出すような形にきちきちに縛っていただきました。

少し意外だったのが、その時のサロンさん。

ホームページ上のサロンさんは、

もっとクールに淡々と縄をかける仕事人のようなイメージだったのですが、

ちゃんと男性が愛撫してくれるような声や表情をしてくださって、

嬉しかったです。

自分でもわかるほど乳首がピン張ってしまい、

サロンさんから容赦なく言葉攻めされます。

乳首が感じやすいこともすぐ見抜かれてしまい、

たくさんの洗濯ばさみで刺激され声が止まりません。

でも鈴つきのはさすがに痛すぎてギブアップ。

木の物がちょうどよかったです。

 

上半身への刺激だけでも十分濡れているのが自分でもわかります。

早くあそこを触ってほしくて体が勝手にくねってしまいます。

でもサロンさんは、またもアヌスに指を入れ、

「今日はお尻の開発だけで、おまんこは触らないよ」

といじわるをおっしゃりつつ、

アヌスに入れる指を2本、3本と増やしていきます。

お尻はお尻で確かに気持ちよく、

余計、前に欲しくて欲しくてたまらなくなります。

サロンさんに前を触ってほしいとお願いしたら、

「私のおまんこさわってください」

と言えなきゃ触ってあげないと、お預け。。。

泣きそうになりながら

私のおまんこ触ってください!」

とお願いしました。

 

憧れのカーママッサージ。

刺激の強くなるクリームをクリトリスに塗っていただくと、

確かにキューっと熱く感じます。

もう中に欲しくて欲しくてたまらなくなったところで、やっと指を入れてくださいました。

 

奥までぐっと押さえられ、

その後ピストンされたとき、

気持ち良くて感じまくってしまい、

そのままセックスしたくてたまらなくなくなりました(笑)。

 

でも今回私はスパイラルのモニターとしてお願いしていたので、

その状態でスパイラル体験に突入です。

 

サロンさんの指ではこれ以上ないくらい感じていたのですが、

スパイラルを使いこなすには、

まだ体が未熟だったようで、すぐにギブアップ。。。

重いお道具をたくさん用意してくださったのに、

サロンさんにとっては何とも申し訳ない結果になってしまいました。

ごめんなさい。

 

あの固さと独特な突起は

かなりの上級者でないと痛さが先にきて難しいかなぁと思ってしまいたした。

 

モニターの役を十分全うできず、ごめんなさい。

でも、それ以外は全部素敵な体験でした。ありがとうございました。

 

切り札をもう使ってしまったので、もうお会いできないのが残念です。

 

サロンさんは、服を着たままお酒飲んで、

お話でもまたうかがえる機会があればなぁと思わせてくださる、素敵な方でした。

 

どうもありがとうございました。

 

 

サロンさんから

 

数年前に一般モニターで申込んでおりますが、まだ、機会に恵まれておりません。

ぜひスパイラルを体験させていただきたくメールいたしました。

と蘭夢さんからスパイラル美容術のモニターのお申し込みをいただいたのが、昨年の暮れ。

記録を調べてみると、2010年の1月に蘭夢さんと思われる女性からの申し込みが。

どういう経緯で立ち消えになったのか記録からはわからなかったのですが、とにかくその時はお会いできませんでした。

なので、最初のお申し込みから実に5年以上たってのモニターの実現。

本当に、大変永らくお待たせしてしまいました。

 

わざわざ、今日のモニターのためにお仕事のお休みをとって、モニターに参加していただいた蘭夢さん。

東京の近郊県にお住まいですので、結構遠い距離をおいでくださいました。

方向音痴だということで、比較的分かりやすい場所で待ち合わせしてから、タクシーでホテルまで移動。

やや緊張義気の蘭夢さん。

蘭夢さん、実はとても硬くて真面目なお仕事をしているのです。

役所で教育行政関係の役職についておられます。

男女差別がまだ残る職場で、神経を張り詰めて頑張ってこられました。

ご主人もいらっしゃいますが、お二人のお子さんの面倒は、やはり母親の蘭夢さんが主体。

職場も残業が多く、仕事と育児、家庭の雑務に追われる日が続きます。

お子さんが中学に入り、職場での立場も安定してきた40代。

何かが蘭夢さんの心の中で変化し始めたそうです。

それまでの張り詰めた緊張の糸が切れたのでしょうか。

女性としての悦びを楽しもうと決心されたそうです。

ちょうど、最初にSalon de SMのモニターにお申し込みになられた頃が、この頃。

その後、いくつかの女性用性感マッサージをお受けになり、

マッサージだけでなく、施術者の男根も受けいれられ、女性としての悦びを満喫し始められたそうです。

スケベですね(笑)。

20代、30代をカタブツですごされてきたので、その時に蓄積したエロパワーが、40代で大爆発、って感じです。

はい、今日も爆発させましょう(笑)。

 

これまで、あまり本格的なSMプレイはご経験ないそうですが、SM小説とかはかなりお好きそうです。

団鬼六よりも千草忠夫の描く女性の方が心に響きます

となかなかの通ぶり。そういえば千草忠夫も本職は教育関係でしたね。相通じるものがあるのでしょうか。

 

シャワーに入っていただき、サロンさんはモニターの準備。

今日はスパイラル美容術のモニターなので、いろいろと準備する道具も多いです。

ようやく準備が整い、ベッドの上に蘭夢さんをお招きします。

両腕を後ろで縛り、そのままベッドの上に倒します。

さらに両足首を縛り、拘束状態に。

ガウンをめくり上げ、太腿を愛撫すると、よい感じで反応してくださいます。

さて、まずはエネマ美容術から開始しましょう。

エネマ液を準備するので、ベッドの上でお尻を突き上げてまっていてくださいね。

おりこうさんに、お尻を上げて待ってくださった蘭夢さん。

ローション液をたっぷり人差し指につけて、ゆっくりと蘭夢さんのアナルをほぐしていきます。

うんうん、お尻も感じるようですね。

よい感じで反応してくださいます。

そろりと指をアナルに挿入。

あぁ、と吐息をあげて、気持ちよさそう。

指のアナル挿入で十分にリラックスしたのを確認して、エネマシリンジを挿入。

ゆっくりとエネマ液を蘭夢さんのお腹の中に入れていきます。

エネマ美容術の開始です。

おりこうさんですね。

全部入りましたよ。

普段は職場で部下の男性にテキパキと指示を出している蘭夢さん。

今日はラブホテルで、初めてあった怪しい(笑)男性に、お尻の穴を弄ばれています。

いけない上司ですね。

お仕置きしちゃいましょう。

突き出したお尻を軽く手のひらでスパンスパン。

スパンキング美容術です。

あぅ、あぅとまんざらでもなさそうな蘭夢さん。

あんまり叩くと、ベッドの上でウンチもらしちゃいますね(笑)。

まだ、おトイレタイムではないようなので、このままシェービング美容術の開始。

どっこいしょ、と仰向けにひっくり返し、両脚をM字型に大きく開いていただきます。

うわぁ〜、オマンコビショビショじゃないですか。

イヤラシ〜イお汁が、蘭夢さんの陰裂から、ドクドクと流れ出してますよ。

大きく脚を開いていただき、ヘアを剃っていきます。

普段からオマンコ周りのヘアの手入れをされているのでしょうか、恥丘に残るヘアを剃ってしまうと、あっけなく完全パイパンに。

いつものように、ヌルヌル滑って、指があちらこちらを刺激、ってのはなかったので、蘭夢さん、ものたりなかったかもね。

まだ便意がきていないということなので、そのままお風呂場に移動。

カットしたヘアを洗い流します。

ついでに、お風呂場でエネマ液を追加注入。

ここなら漏らしても平気ですよ。

もらしちゃいましょうか(笑)。

サロンさんのお膝の上に、うつ伏せになった蘭夢さんのお腹を乗せて、お尻を高く持ち上げます。

お腹にエネマ液が入った状態で、スパンキング美容術アンGマッサージ美容術

「だめー」と叫びながら、あらあら、お漏らししちゃいました。

どうしたんです、こんなところで。

いけませんね〜。

いつもは、職場で厳しく部下の男性に命令を出している蘭夢さんが、知らない男性のお膝の上で、ウンチ漏らしているんですよ。

これ以上は恥ずかし過ぎてダメ、ということなので、おトイレに移動。

ドアを閉めて、今度は安心して溜まったものを出すことができます。

でも、「凄い音」が外まで丸聞こえ。

廊下まで聞こえているのではないかな(笑)。

 

さてさて、お腹すっきりしたところで、次の乳首マッサージに移りましょうね。 

全裸になった蘭夢さんの両手首を縛り、そのまま頭の後ろで固定する後頭後手縛り。

ピンと立った乳首が無防備になります。

とっても敏感そうな蘭夢さんの乳首。

さわさわと乳首の周囲を刺激すると、体をクネクネさせながら感じてくださいます。

乳首の先に微かに触れて、刺激を続けます。

だんだんと深い世界に入る蘭夢さん。

あ〜ん、気持ちいいですよね〜。

痛いのはどうかな。

乳首をつまむ力をだんだん強くしていきます。

うーん、痛いのもお好きみたい。

乳首をぎゅっとつねっても、気持ちよさそうにされています。

では、木製ピンチでいたずらしちゃおう。

木製ピンチで感度の上がった蘭夢さんの乳房を挟んでいきます。

餌に群がるピラニアのように、蘭夢さんの乳房に木製ピンチが2個、3個、4個と喰らいついていきます。

痛いのに、気持ち良い蘭夢さん。

エッチな声をいっぱい出してよがっていらっしゃいます。

 

さて、上半身が発情状態になりましたので、次は下半身を気持ち良くしていきましょう。

まずは、アナルで気持ち良くなりますかね。

後頭後手縛りを解いて、背中で縛る基本的な後手縛りに変更します。

蘭夢さん、体クネクネさせて、隙を見て、それとなくサロンさんの体にタッチしてくるんです(笑)。

ほんとエッチ。でも気持ちイイ。

サロンさんを発情させては、気持ち良いSM美容が受けられませんよ(笑)。

寝かせた蘭夢さんのアナルに優しくアンGマッサージ美容術

最初は1本だけを挿入し、ゆっくり優しくアナルをほぐしていきます。

気持ちよさそうな蘭夢さん。

お尻はかなり感じるようですね。

なら、もう少し太いチンポ(実際は指ですが)をお尻に突き刺してあげましょう。

指を2本、3本と増やしていきます。大丈夫ですね。太くなるほどに、快感も深まるようです。

大きな声をあげなが体をクネクネさせてくださる蘭夢さん。

ん、なんか言ってますよ?

前も触ってください。お願い、前も触って

うわん、ド・スケベだな〜

こんなリクエストする人、今までいなかったよ(ちょっとウソ)。

今日は前はお持ち帰りで、お尻だけで終わりましょうと、諭すサロンさん。

それはだめン、いゃ〜ン、と甘え声の蘭夢さん。

おりこうさんに「オマンコ触ってください」って言えたら触ってあげるよ、

って、まあ、SM小説のお決まりパターン(笑)。

でもノリのよい蘭夢さんは、心をこめて私のオマンコ触ってください!」って言ってくださいます。エロい雰囲気が盛りあがりますね。

はいはい。おりこうさんだから、前も気持ち良くしてさしあげますね。

両脚を折ったまま腿縛りで固定し、さらに両側から引っ張り固定するM字開脚縛り。 

ツルツルのオマンコがパックリ開いて、中からスケベなお汁が溢れだしています。

凄く猥褻な格好。

日頃、職場で凜々しく仕事の指令を出している蘭夢さんが、初めて会う男性の前で、オマンコが全開になるまで脚を開かれ、固定されています。

しかも、そのような状態にウットリされている。

部下の人が見たら、びっくりするでしょうね。

せっかくだから、部下のみなさんに、もっと淫乱な蘭夢さんの姿を見せてさしあげましょう。本当の蘭夢さんの姿を。

カーママッサージ美容術で狂っていただきます。

ツルツルになっている蘭夢さんのオマンコの、陰核包皮の上側を持ち上げ、パンパンに膨れた陰核亀頭を剥き出しにします。

右手の指先に陰核クリームをすくいとり、ゆっくり、まったりと蘭夢さんの陰核亀頭に塗り込んで行きます。

陰核の感度が、普段の10倍にも20倍にも上がってしまう陰核磨きの始まりです。

熱い〜、熱い〜」と体をくねらせよがり始める、蘭夢さん。

でしょ〜。

陰核亀頭が熱くなると共に、陰核の感度が、いつもの10倍も20倍にも上がってしまって、オマンコ全体がクリトリスみたいになっちゃうんです。

体をばたばたと動かしながら感じてくださる蘭夢さん。

縄でガチガチに固定されているので、動けませんよ。

また何やら言っていますよ。

早く〜、早く、前に入れて〜

ですって(笑)。

ほんとスケベ。ド・淫乱(笑)。

ほんとは「早く、チンポ突っ込んで〜」って言いたいんでしょうね。

いいですよ〜。チンポは入れないけど、チンポより気持ち良い、サロンさんの中指をインサートしてしまいましょう。

そっと膣口に右手の中指をあてがうと、ゆっくりと蘭夢さんのオマンコが中指を吸い込んでいきます。

膣の壁が蠕動運動で、パクパクとチンポ(=指)を咥え込んでいくのです。

すごいな〜。

奥に到着すると、そのままぎゅっと圧力をかけるヴァニラマッサージ美容術

大きな声を上げて感じてくださる蘭夢さん。気持ちよさそうです。

しばらく指を動かさないで感じていただいた後に、指を出し入れしてオマンコの中をかき回します。

あ、蘭夢さん、こっちの方が好きなのかな。

腰を激しく動かして感じてくださいます。

きっと、太くて硬いチンポがオマンコを突きまくっているのをイメージされているのでしょうね。

ホントに、スケベなんだから。

 

さてさて、スパイラル美容術のモニターを始める体勢が整いました。

もう蘭夢さんのオマンコは、太くて硬いチンポを、何本も連続して欲しがっている状態です。

記録の準備を整えて、たっぷりローションをつけたスパイラル振動子を蘭夢さんのオマンコに装着。

ゆっくりと、 スパイラル振動子を抜き差ししながら、蘭夢さんをさらに高次元のトランス状態に誘導していきます。

連続亀頭冠刺激で、失神寸前の激イキ!!・・となる予定だったのですが、

あれれ

なんか痛いそうで・・

あれれ、急激に失速。

トランス状態から醒めちゃいました。

ありゃま、 スパイラル振動子、蘭夢さんには合いませんでしたね。

こんなこともあるんだ。

スンマセンでした。

 

とまあ、スパイラル美容術のモニターは不完全燃焼となってしまったのですが、

しばし休憩のあと、パンクリ振動子を用いた振動子美容術で、先ほどのエロエロモードに復活。

たくさん気持ち良くなっていただき、スッキリとしたいい気持ちでモニターを完了することができました。

 

いや〜、しかし蘭夢さんのカラダの動かし方、エロいな〜。

堅い職場で、思い出して体をクネクネしないようにね(笑)。

部下の人がびっくりしちゃいますよ(笑)。

 

(追記)

というわけで、スパイラル振動子は、やはりそれ相応にオマンコの開発が進んでおられる女性でないと、気持ち良くはなれないようですね。

今まで、最初からスパイラル美容術のモニターへの応募はOKにしていました。

でも、今後は「まず通常モニターを体験」され、それでもって、お受けになってくださった女性と、サロンさんとが、これなら大丈夫、と判断された場合のみ、スパイラル美容術のモニターをお願いする、ということに変更させていただきます。

(既に、いきなりスパイラル美容術のモニターへのエントリーを完了して、お待ちの方は、そのままで結構です)。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->