術後の感想-29

ゆみりんさんの場合(31才・医師・既婚)

「イキそうになるのを何度も我慢して、でも、勃起してしまっている自分のクリトリスを見てさらに感じてしまいました。」

 

先日はありがとうございました。



はじめは待ち合わせるまで本当に不安でした。


いままで縄で縛られたり、

それなりの経験はあったのですが、

愛する人以外に縛られるのは初めてでした。


まずはじめに縛ってもらいました。


久しぶりの縄で、

忘れていた縄の感触を肌で思い出しました。


びっくりするほど濡れてしまいました。

縛られたあと、

クリトリスに振動子をあててもらいました。


イキそうになるのを何度も我慢して、

でも、勃起してしまっている自分のクリトリスを見て

さらに感じてしまいました。


その後に、ベッドの上で

何度も大きな声を出して

ぐったりしてしまいました。


一瞬目の前が真っ白になりました。


こんな感覚は初めてで、

自分でもびっくりしました。

縄の後が、

しばらく残ってしまいました。


主人にばれないようにしなければ。




サロンさんから



29人目のモニターをしていただいたゆみりんさんは、昨年暮れに結婚したばかりの新婚さん。

以前にも新婚女性のモニター参加者がいらっしゃいましたが、その方の場合は、ご主人のために性感を高めたいとのご希望。

ゆみりんさんの場合は、また違った目的でのご参加です。


ゆみりんさんは都内にお勤めの女医さん。昨年、某大学で博士号も取得され、現在も臨床の合間に大学で研究を続ける才女です。


ご主人とは何不自由ない幸せな生活を送られているのですが、ただ1つ困ったことが。


ゆみりんさんはSMが大好きなのですが、ゆみりんさんの誘いにご主人さんがなかなかノってくれないこと。

実は、ゆみりんさん、大学に通っていた頃、ふとしたきっかけでS男性と知り合い、ゆみりんさんのM性を開花されてしまいました。

そのS男性とは既に数年前に分かれ、随分と長いことSMはやっていないそうです。


昔味わった、SMの深い喜びを、ご主人と共有したいと、いろいろと試してみてはいるらしいのですが、どうもご主人はSMに関しては完全ノーマルだそうで(だけど、Shavingだけは喜んでやってくれるそうです)。


そんな時に、ネットでSalon de SMを目にして、早速のご応募。


既にSMの経験が豊富と言うことで、施術者も比較的安心して強めのボンデージ美容術を開始します。

二の腕、胸に縄が吸い付き始めると、早くもゆみりんさんのスイッチはオン。気持ちよさそうに甘美な声が漏れ出します。

後ろ手高手小手のまま立ち吊りにして、さらに片足を大きく取り上げます。

ご主人に綺麗にshavingされたゆみりんさんのあそこからは、透明な液体が何本も糸を引いています。

立ったまま、ピンポイント振動子による振動子美容術の開始。

まだ性感ポイントは刺激していないのに、早くもアクメに達しそうに。


我慢していただきます。


立ち吊りのまましばらく我慢していただいた後は、ベッドに移り、M字開脚縛りを加えます。

シェービング美容術の必要はありませんので、早速、陰核クリームを塗り込み始めます。

「熱くなる~」という声とともに、みるみる肥大するゆみりんさんの陰核。見ているだけで感じてしまいます。ゆみりんさんにも、頭を起こしていただき、大きくなった陰核をじっくり見ていただきます。

陰核クリームで感度を十分高めたあとには、ヴァニラマッサージ美容術の開始です。

外部のみならず膣内も感度の高いゆみりんさん。またもやアクメに達しそうになります。


我慢していただきます。


膣内挿入型の振動子を挿入・固定して、ハイポペット美容術の開始。

さらに、先ほどのピンポイント振動子で刺激を加えます。

次第に声の大きくなるゆみりんさん。

「お願い、逝かせて!」と絶叫し始めます。


だめです。


SM美容術では、可能な限り長時間絶頂寸前の状態を維持して、体内ホルモンの最大限の放出を目指します。


「もう限界だから、逝かせて!!」


そうなんですか~?残念ですが、あまりお客様に無理も言えません。



逝っていただきましょう。


何回も。



それから、何回ぐらい連続してアクメに達していただいたのでしょう。

とにかく、最後は施術者の鼓膜が破れるのではないかと思うほどの大きな声を連続して上げられていらっしゃいました。

連続ホルモン大放出を成功されたゆみりんさん。

数年ぶりのSMにご満足いただけたようです。

次は、なんとか頑張ってご主人に、SMの楽しさを分かっていただかないといけませんね。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->