ベルギーの変態

 なんと、ベルギー人の3/4はSM好き。もはやSMに興味のない人の方がアブノーマルですね!

 

 

 

 毎度、面白ネタを提供してくれる、国際性科学学会の学会誌、ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシンから、今日はベルギーのアントワープ大学、モレン博士の率いるグループの「ベルギーの変態」に関する論文を紹介してみましょう。

 

 

 論文のタイトルは「Fifty Shades of Belgian Gray: The Prevalence of BDSM-Related Fantasies and Activities in the General Population」で、「ベルギーの一般市民でのSMの広がりに対する調査」とうことです。

ネットアンケートで「あなた、SM好きですか〜、やってますか〜」って調べて見ました、という論文です。

どうってことない、というか、よくこんなので論文にするな、という感じの研究なのですが、読み方によっては面白いです。

研究目的ですが、まず

世の中、SMが急激に広まっているのに、2013年度版の『精神障害の診断と統計マニュアル』では、まだサド・マゾが変態行為として分類されれいる。おかしんとちゃうか?

ということです。

ふむふむ、SMがそんなに流行っているのだ。いいことです。

ここに出てくる『精神障害の診断と統計マニュアル』というのは、米国精神医学会が定期的に出している、疾患の定義を共通化する本みたいなものだと思います。ここにリストされているということは、ある意味、正常でないということになるようです。

同性愛(ホモ・レズ)だって1973年版の『精神障害の診断と統計マニュアル』からは外されているに(SMがまだリストされてるのは納得いかない)

ということで、では、いったいどれくらいの割合で、SMが生活に浸透しているのかを調べて見ましょう、というのが研究開始のモチベーションらしいです。

 

研究方法はいたって簡単。メールで「ギフトカードあげるから、『特別テーマ』に関する15分ほどの質問に答えてちょうだい」てのをベルギー市民8,041人に出します。

「特別テーマ」なんて怪しいメールですね。でも「SM趣味に関する質問」って書いちゃうと、SMに興味ない、というか嫌いな人はそこで、ポイッとメール捨てちゃうので、あえて「特別テーマ」に関する質問、といいことで隠しているんです。

ギフトカードもらえるならいいか、とポチッとボタンを押して2,764人の人がアンケートを開始します。

そのうち、途中でアンケートに答えるのをやめた人が1,737人。最後まで答えた人が1,023人で、この約千人のアンケート結果をもとに分析していきます。年齢、性別などは上手い具合にばらけています。

質問内容は54のSM関連項目に関して、

  1. そんなことしたことありません
  2. 興味ないけど、まあいいんじゃないの
  3. 考えたことないけど、やってみたいな
  4. やってみたいと思ったことあるけど、まだチャンスがないんです
  5. やってみたくてたまらないけど、まだチャンスにめぐまれないんです
  6. やってるけど、あまり好きでない
  7. やってるよ。大好きです。
  8. いつもやってます
  9. もう、これなしじゃ生きていけないぐらい大好き

 の9段階で答えてもらいます。

分析する時にはこれを「SMに興味なし」「妄想楽しんでいるが実践はしていない」「SMやっている」の3つにまとめて結果をだしています。

54の項目のうちのいくつかの内容が論文に出ていますが、例えば

「氷を使ったプレイ」「目隠しプレイ」「拘束プレイ」「主従プレイ」「ご主人様の前にひざまずく」「奴隷誓約」「スパンキング」「ご主人様とお呼び」「ムチ」「乳首の洗濯バサミ責め」「ローソクプレイ」「強姦ごっこ」「言葉責め」「夫婦交換」「窒息責め」

といった感じで、研究者の嗜好が伺い知れて楽しいですね。

こういのって、アンケート内容を作る時が一番楽しそう。

 

で、気になる結果ですが、実に46.8%(なのでほぼ半数)の人は「SMをやって」おり、さらに22%の人がSMの妄想を楽しんでいるという・・つまりおよそ3/4のベルギー人がSMファンだということが明らかになったということです。

3/4ですよ!

「アブノーマル」が「正常でない」つまり「マイナリティー」と定義できるなら、1/4しかいないSMに興味ない人達こそが、「ヘンタイ」というわけです(そんなことは書いていませんけどね)。

 

まあ、しかし、この手のアンケート調査は、いくらでも調査側の都合の良いように結果を誘導できるもので(意識的ででも、無意識的でもね)、この論文の著者達の強いSMへの思いが、このような結果を誘導したのでしょう。

ディスカッションでは、過去の同様の研究がオランダやカナダでおこなわれているが、それらの結果ではSMマニアは数%にとどまっている、と紹介しています。アンケート調査ってのは、このように簡単に一桁ぐらい結果を変えられるのが、恐ろしいところです。

 

彼らの調査は、上の54質問に続いて、14の項目に対して、どれぐらい好きかを答えさせ、SM嗜好を探っていると書いており、論文には10項目の結果だけ書いています。それは

     
ラテックスフェチ 革フェチ ランジェリー 靴フェチ ナイロンフェチ
         
ピアス 毛皮フェチ 呼吸コントロール 尻フェチ 足フェチ

 

楽しそうですね〜。

あとの4項目が何だったのか、いろいろ想像するのも楽しいです。

 

ところで、この論文のタイトルの「Fifty Shades of Belgian Gray」って、お分かりの方もいるでしょうが、何年か前に少し話題になった

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 」っていう映画にかけているんです。

主婦の書いた携帯小説みたいのが映画になったやつで、「処女で美人の女学生が、金持ちイケメンのM女として育て上げられていく」といった、トホホのストーリーです。

興行的には成功しており、第2作が来年にも公開されているそうですが、内容的には最低最悪の映画を決める「ラジー賞」の2015年度の、栄えある最悪映画賞に輝いたいわくつきの映画です。

ベルギーでは今頃これが流行っているのですかね?アンケートを実施したのが2017年の2月とありますから、昨年ぐらいにブレイクしていたのでしょうか?

サド侯爵やマゾッホの作品をもじったタイトルなら、まだしゃれてたかもしれませんが、よくまあこんな軽いタイトルをつけたものだと、感心してしまいます。

 

 

(文献)Holvoet, L., Huys, W., Coppens, V., Seeuws, J., Goethals, K. & Morrens, M. Fifty Shades of Belgian Gray: The Prevalence of BDSM-Related Fantasies and Activities in the General Population. J Sex Med 14, 1152-1159 (2017). 

 

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 」の予告編・・・ではないので間違えないように。

似たような路線の「私の奴隷になりなさい」ですが、日本人にはこちらの方がピンとくるかもね。


 

『ジスイズ・オルガズム美容術』