術後の感想-186

真佐子さんの場合(48才・キレーター・既婚)

まさかここまで到達するとは思っていなかった、言うなれば憧れの。

 

 

 

【出会い】

待ち合わせ場所に近づいた時、

一人の男性とすれ違いました。

この時間帯にここであまり見かけなさそうな、

スーツに黒い鞄二つの背の高い人。

もしかして?

モニターの方の感想を思い出してみます。

その方も此方を見ています。

でも待ち合わせ場所はこの先だし、

と気にしながら向かいました。

到着と同時に、すぐその方がひょこっと後ろの角から顔を覗かせました。

やはりサロンさんでした。

皆様がお書きになっている通り、物静かな方(想像より若かった)。

 

【打合せ】

場所を移動し、

ホテルでお茶をいただきながらお話を。

不思議な世間話の中で、色々共通項があることがわかり、

とても不思議な感じで勝手に親近感。

サイトについて偉そうに感想を話しても

真面目に相手して下さるサロンさん。

まだ想像より若いことについていけず、

その上コラムでお書きになっていた

「ショボいおっさん」は誰のことだろうと思ったり。

他の方の様には、あまり性的な過去の話を掘り下げて聴かれて無い気がします。

とは言え、施術は受けるわけで

NGなこと(痛いのだめ)や合い言葉を決めて。

四十肩が酷いので、

肩の動きを確認してまずはシャワーへ

…と行きたいところですが、

過度の緊張のせいか腹痛が酷く、

トイレへ行ってからシャワーに。

準備に時間がかかるとのことで、

トイレでがんばってからお湯をはって入浴しました。

肩が少しでもよく動く様に。

ただ、準備されているだろう合間に時々「あの」鈴の音が聞こえて、

その度に淫靡な気持ちになりました。

 

【ボンデージ美容術】

シャワーから上がって用意していただいたガウンを羽織って出ると、

サロンさんがベッドでにこっこり。

導かれるままにベッドへ。

手を前でお祈りポーズで縛られます。

…すみません、これから何度か解かれたり縛られたりしたのですが、

どう縛られたか覚えてません。

手の動きが制限されているので、

縛るのも楽ではなかったのではないかと思います。

でもお祈りポーズの縛りは、

この後滅茶苦茶影響ありました。

 

【エネマ美容術】

先にお腹を壊してしまったせいか、

しっかり出す事ができず(?)、

お時間とお手間を大幅に奪ってしまいました。

でも毎回手は手錠の様に縛られ、

フラッシュがすぐ横の壁にあって安心していたら

届かない様に固定されるいぢわるをされました…。

何回拭いていただいたでしょうか…

もう幼児並みの悲しさが漂いました。

エネマ液注入の際は、

見られている羞恥心より、

むしろお尻を触られる方の快感が強くて気が狂いそうでした。

 

【シェービング美容術】

前は残していただきました。

剛毛でぼうぼうなので申し訳ありません!の気持ちだったのですが、

エネマで体力と気力を消耗してされるがままに。

レザーで剃ったことがないので、

ショリショリという独特の感覚と

多分本当に剃るためだけに触れたり引っ張ったりされているのだろうから、

変に感じたらいけない!と思って頑張っていました(つもり?)。

その後シャワーにかかった時に、

見事に大切なところに毛が無くて驚きました。

 

【上半身のマッサージ】

サロンさんに後ろから抱きしめられた時、

自分の体型で身を任せて申し訳なくなりました。

でも次の瞬間には、

何かの流れにさらわれて頭から消え去ってしまいました。

首や耳や胸の上が、

久々の刺激に歓喜を上げてしまい、

一気に何かが振り切れそうになりました。

それを見逃すサロンさんではないので、

ここぞとばかりに攻め立てられました。

耳にピンポイント振動子が振れた時には

意識が飛びそうに。

その後に乳首…

ピンポイント振動子が遠くから近づいて来ては離れていく。

意識はひたすら振動子の行方を追いかけ、

刺激は皮膚の上で電気の様な感覚をもたらし、

ふとこれが本当に乳首に当たったらどうなるのだろうか、

という思いが頭をよぎった瞬間

…その時が来ました。

来たら後は翻弄されるだけ。

荒波の中の小舟の様にくるくると。

もしかしたら逝っていたかも。

それすらもわからず、導かれるまま…。

 

【カーママッサージ美容術】

足は容赦なく腿縛りして左右に開かれていきます。

まだ朦朧としている中で、

抵抗することもできず、されるがまま。

サロンさんがこれから何をするかを教えてくれても、

もう全てが快感の引き金にしかならない状態で、

クリームを塗られ…

ややあって触れているところが熱くなってきたと思ったら、

だんだんどこを触られているのかわからなくなってきました。

クリトリスなのか表面なのか中に入っているのか。

分化できずにただ感じるだけ。

こんなことは初めてです。

 

【ヴァニラマッサージ美容術】

カーママッサージでどこを刺激されているかわからなくなっていたので、

いつの間にか中に入って…

奥に届いた瞬間、

今まで経験したことのない感覚が!

これが「気持ちいい」てこと!?

初体験の驚きのまま、

その気持ちいいのをサロンさんがコントロールします。

ただただ、縛られて身動き取れない状態で、

目の前の縄の匂いだけを頼りに感じるだけ。

むしろ、縛られているので快感に集中できたのかもしれません。

 

【振動子美容術】

生涯2度目の振動子の挿入。

ですが、5年以上指以外入っていないところには痛みが…。

心配して下さるサロンさん。

一瞬の逡巡の後、

奥に入れたい欲求が勝ちました。

続けていただくことにしましたが、

ゆっくり様子を見ながら進めて下さる優しさには後で気づきました。

奥まで入ったことを告げられた時、

痛みはありましたがそれを耐えても先に進みたい状態。

ここからは、また、快感をコントロールされてただ感じるだけに。

最早逝くのもサロンさんのペース。

 

【ハイポペット美容術】

まさかここまで到達するとは思っていなかった、言うなれば憧れの。

振動子の固定をされる時も、

縄が振動子にかかるほんの力が入ることすら休ませない様な刺激で…。

スイッチが入り、

どうしようもなく感じていたら、

サロンさんがそのまま責め始めて微かに驚きました。

サロンさん、休んでいない。

それどころか、一緒に動いたり(何とも表現し難い幸福感が伴う)

振動子増やしたり(ピンポイント振動子が両胸に固定され)、

例えて言えば持久走状態。

しかも、手や身体を動かしながら言葉で誘導して下さるという…。

当の私はちらっと、

そろそろ合言葉を言って私から終わらせた方がよいのではないかと思いましたが、

快感に流されてできず。

逝かされながら、サロンさんが縄を解いていくのを感じました。

 

【片付け】

ぱっと終わり、ではなく、

自然に全ての縄が解かれた時点で終了。

かと思ったらまだ振動子挿さってる…。

片付けしているから、

自分でしてみなさいとのこと。

ところが、自分でする時には何も入れないので

今更どうすればよいかわからず困っていたら、

手伝って下さいました。

だんだん手伝いレヴェルではなくなり、また…。

暫く寝かせて貰って色々話をした後、

シャワーにかかり、退散準備。

片付け終わった時に、

我儘言ってハグしていただきました。

 

【事後】

昨日の今日でまとまってはいませんが


・中で逝ってみたい


・途中で冷めない様に言葉をお願いしたい


…という夢は、かないました。

また美容効果では

・当日、腿周りが落ちた(測ったわけではないのですが、Gパンの感覚で)


・翌日、お腹の上と下腹部に筋肉痛


・同、首が筋肉痛


・気付いたら顔のお肉が減っていた

です。


本当に有難うございます。


私が快楽に没頭している時に、

サロンさんは色々反応を見つつ方向を定めて誘導してくださっていたわけで、

全て覚めたお気持ちだったら申し訳ない…

こんな色気の無いやつ相手にしていただいて、と思ったら、

実はそれはそれで究極の奉仕ではないかと思い至り、

SとMは本当に簡単に逆転するのかも知れないと思いました。

 

 

サロンさんより

 

初めまして。

常にすっぴんで美容に気を遣っていなかったのですが、

先日歳相応に見られて

「このままではいかん!」と思いました。

その中でこちらのHPに辿り着き、

モニターの皆様の感想を148件読んで申し込ませていただきたいと思いました。

ご多忙とは存じますが、宜しくお願い致します。

 

とお申し込みの真佐子さんは、東京近県にお住まいで、文化活動関係の財団で企画などをされているアーティスト系の女性。

ご自身も、少し前までは表現者として舞台に立っておられたそうです。

 

お化粧も薄く、ボーイッシュで、はきはきとおしゃべりになる真佐子さん。

アート系の方なのですが、理系女子のようなロジカルシンキングの雰囲気をお持ちです。

 

サロンさんの『ジスイズ・オルガズム美容術』などを熱心に読まれているようで、

サロンさんが何者なのかについても、強い興味をお持ちのようです(サロンさんの正体は秘密です。というか、ただのヘンタイジジィです)。

Salon de SMのサイトの記事は、隅から隅まで、全て読んでいてくださっているような感じで、

サロンさんの忘れてしまっているような記事の内容まで、お話しに出てくるので驚いてしまいました。

このように熱心に読んでくださっている読者の方がいるというのは、サロンさんもとても励みになります。

 

おしゃべりした感じでは、あまりエロさは感じないのですが

(ご感想には、「他の方の様には、あまり性的な過去の話を掘り下げて聴かれて無い気がします」とありますが、

エロ方向に話を振っているのですが、真佐子さんがミスタースポックのようにロジカルに返してこられるので、

すぐに、非エロの話題に戻ってしまいました。実際、非エロのお話し、楽しかったですしね)

5年ほど前には、女性用の性風俗をご利用されていたそうです。

1つのお店は、マンションでトータルボディケアをされているところで、

ゲルマバスに入り、体を温めてから、電気マッサージ器(ETMっていうやつですかね。筋肉ピクピク、勝手に動くやつ)で筋肉をほぐし、次に、アロマオイルマッサージで全身リラックス。続いて、希望すればオマンコクチュクチュマッサージへと進み、チンポ挿入までしてくださるそうです。

全コース2〜3時間で、お値段が2万円前後とお手軽で、何回か使っていたんですって。

なかなか気持ちよさそうですよね。

もう1つ通っていたお店もあるそうで、そこは、女性用の性風俗店として看板出してやっているお店だったそうで(ひょっとすると、挿入までしてくれたのは、こっちのお店だったかな?記憶が曖昧です)、ここでは、リクエストしていないのに、一度いきなり縄で縛られたそうです。

その時は、「え?なんで縄で縛るの?何これ?」って感じで、ちっとも気持ち良くなかったそうです。

それでもって「(オレは今)プレイパートナーがいるから難しいけど、いなければM女として飼ってやるのにな〜」って言われたそうで?

「え?飼うって何?養ってくれるの?何であんたに、飼われないとイケナイの?」って感じだったそうです。

 

その後、この5年は、どこの風俗店に行くこともなく、ご主人ともセックスレスで、時たま、クリでオナニーをするぐらいだったそうです。

最近、またムラムラとされて来たのでしょうか、昔かよったトータルボディケアのお店を探したところ、既にもう閉店していたらしく、あれこれネット検索した結果、Salon de SMのサイトに辿り着いてしまったそうです。

ですので、余り縄には興味が無く(最初の経験が特に印象深いものではなかったそうなので)、また、痛いのは苦手ということ。

希望としては、「連続逝き」と「中逝き」を経験してみたい、ということですので、SMプレイにご興味があるというよりは、快楽地獄(天国ですが)を味わってみたいのかな、という感じです。

あと、このところ四十肩がキツいらしく、左手が水平より上にあがらない状態。

ためしに、手首を後ろに回してみて?とお願いしたところ、右手はよいのですが、左手がやはり痛くて後ろに回せません。

ですので、今日は後手縛り無しでのボンデージ美容術でいくしかありません。まあ、大丈夫ですけどね。

 

緊張のあまりお腹が痛くなってきた、ということでまずおトイレに。

そら、緊張しますよね〜

おトイレが終わって、お風呂で暖まります。

ゲルマ風呂ではないですが、大きなお風呂なのでリラックスできますよね。

サロンさんは、その間に準備をします。

 

お風呂からガウン姿で登場の真佐子さん。

照れ隠しか、「ハイ!次はどうしたらいいですか!」って感じで

ガールスカウトの訓練に来ているみたいです。

なんとか、エロい雰囲気にもちこまないと、と電気を暗くして、

ベッドの上で後ろから真佐子さんを抱きかかえます。

胸の前で両手首を縛り、そのまま胸の周りをぐるぐると縛り、拘束します。

言葉責めを切らさないで欲しい」という事前のリクエストです。

真佐子さんが恍惚状態で萌えているときに、相手の男性が無言だと冷めて、すぐに現実に引き戻されるんですって。

お易いご用です。スケベな言葉責めはいくらでもして差し上げますよ。逆に、黙っといて、ってリクエストされる方が辛いです。

ネチネチとスケベな言葉を浴びせながら、真佐子さんのガウンをはだけて、太腿にタッチ。

あぁあ〜!」と大きな声で叫びながら、体をピクンと痙攣させる真佐子さん。

あれあれ、皮膚感覚がするどいんだ。

体のどこを触っても、鋭く反応してくださいます。

あっという間に、トランス状態に入った真佐子さん。

そのまま横に寝かせて、両足首も縛り、完全拘束状態に。

太腿やお尻にサワサワマッサージを続けます。

お尻付近が特に感じるようで、これはアナル好きの予感がします。

スパンキング美容術なんぞも、お好きになっていただけそうなのですが、痛いの苦手のNGマークが入っていましたので、サワサワマッサージにとどめます。

アナルをもっと気持ち良くさせせてあげるね。エネマ液を準備するので、待っていてね、と告げます。

は、はい。分かりました」と急にシラフにもどる真佐子さん。

なるほど、深いトランス状態にすぐに入れるのですが、そこから正気の世界にも瞬時に戻れるみたいですね。

言葉責めを切らさないで欲しい」というリクエストとも話は合います。

大丈夫、やがてプレイが進むに連れて、深いトランス状態に安定してとどまれるようになりますから。

 

恥ずかし格好で洗面器一杯のエネマ美容術を受ける真佐子さん。

小学生の時にイチジク浣腸を受けて以来のエネマ体験。

お腹がグルグルして、早くトイレに行きたいです。

でもおりこうさんに我慢して、全部のエネマ液を飲み込んでくださいました。

さあ、おトイレで気持ち良くお腹の中のものを出しましょう。

前手首縛りのままお手洗いに入り、サロンさんは外で待機。

最初にシューっとお湯がでたものの、なかなか後が続きません。

おかしいねぇ。

途中でスタックしちゃったのかね〜

ウォシュレットのシャワーで刺激するものの、うまく行きません。

まだ、かなりのエネマ液がお腹に残っている感じ。

これでは、プレイの途中で噴き出すかもしれないので、ちゃんと出しておきましょう。

お風呂場に移動して、立ったままお尻を突き出してもらい、少しお湯を継ぎ足します。

さあ、今度はどうかな。

出ないです。

トイレに移動して、中味が出るのを待ちます。

でも、なんかイマイチ出ている感じがしません。

これは困ったと、イチジク浣腸液を15mlだけ、直接お尻に注入。

これは、お腹がすぐに痛くなります。トイレに急いで!

 

さっきよりはいい感じの音がしていたのですが、

真佐子さんの感じでは、お湯だけが出て、中味がまだ詰まっている感じなんですって。

宿便として出るのを抵抗しているのでしょうか? 

こうなれば、徹底的に出しちゃいましょうと、さらにイチジク浣腸を30ml注入。

ついでに、お腹ゴロゴロしている状態で、シェービング美容術を済ましちゃいましょう。

ベッドの上に仰向けに寝ていただきます。

「脚を開いて」ってお願いしているのに、ちょっとしか開かない真佐子さん。

それでは、シェーブができないです。

脚を立てて、ちゃんと左右に大きく開いて下さい。

恥ずかしそうに脚を開く真佐子さん。

あれあれ、ワレメから透明の液体がドクドク流れているではありません。

浣腸しているだけなのに、オマンコ濡らしているんだ。

 

健康ランドに行けなくなる、ってので、パイパンはやめにして、オマンコとアナル回りだけのヘアを剃ります。

「剛毛でぼうぼう」という自己申告でしたが、特に剛毛でもなく、ヘアの量も標準的。

「アハン」ち気持ちよさそうな声を上げながら、シェービング美容術を受けてくださいました。

さて、お腹の方も限界なので、再度トイレに移動。

今日はトイレに出たり入ったりが多いです。

その都度、サロンさんが、真佐子さんのオシリを拭いたり、オマンコのオシッコを拭いたりしているのです。

お、今回こそはいい感じのドボドボ音。

これですっきりかな、と思ったのですが、真佐子さん的にはまだ少し残っている感じだと。

でも、大丈夫です!」と気をつかってか、終了宣言。

まあ、あとでまた出そうになったら、いつでも言ってください、ということでエネマ美容術の終了。

一度縄を解いてシャワーにかかっていただきます。

 

バスタオルを巻いてシャワーから上がって来た真佐子さん。

胸の前で両腕をクロスさせ縛り、そのまま胸の周りをグルグルと縛り固定します。

やはり皮膚感覚の鋭い真佐子さん。

縄に敏感に反応しますし、首筋や耳へのサワサワマッサージに悶え狂われます。

膝の上に抱えるように寝かせて、スペンス乳腺のマッサージ。

乳首は、クロスした腕で護られて触れることができないのですが、乳房へのタッチだけで、かなり感じてくださっています。

胸の縄を外し、腕を少し下ろして、乳首を露出させます。

乳首の周りだけをサワサワマッサージする乳首マッサージ

もう、どこを触っても感じまくる状態の真佐子さん。

ピンポイント振動子を取りだし、乳首にこれを当てたらとうなると思うと、言葉責め。

ピンポイントのスイッチを入れると、ブィーンと鋭い振動音。

もう音を聴くだけで逝ってしまいそうな真佐子さん。

抜群のイマジネーション力をお持ちです。

ピンポイント振動子で、首筋、耳、そして乳首を愛撫します。

痛いのは苦手といことでしたので、木製ピンチなどは使わなかったのですが、感想を拝見すると

合間に時々「あの」鈴の音が聞こえて、その度に淫靡な気持ちになりました。

ってあるので、やや期待もされていたのかな?すみませんでした。

 

上半身のマッサージ。真佐子さんの感想では、「もしかしたら逝っていたかも」とありましたが、ええ、逝ってられましたね。

この時、サロンさん、恥丘の上をトントンしてたんですが、これもあって、オーガズム迎えられていたようです。

いわゆる、ポルチオ開発を完了されているのですね。真佐子さん。

凄いです。

 

上半身でたっぷり快楽を貪ったあとは、いよいよ下半身のマッサージです。

中逝きしたい」ってご希望らしいですが、もうこれだけ開発済みですので、どこでも逝きまくり間違いないです。

両手首から両肘近くまでをぴったりくっつけてグルグル巻き。これなら、肩にも負担はかからず、しかも被虐感が強いです。

脚を折り曲げた状態で太腿縛り。さらに、両側から引っ張り股を大きく開くM字開脚縛り

恥ずかしいポーズに恍惚とする真佐子さん。

サイトを読み込んでいらっしゃるので、これから何が起こるかは全て了解済みなのですが、敢えて、カーママッサージ美容術の説明、

つまり、「剥き出し」の真佐子さんの「陰核」に、まったりと「陰核クリーム」を「塗り込んで」、クリトリスの「感度」をいつもの「何倍にも上げ」てしまいます、と解説。

もうそれだけで逝ってしまいそうな真佐子さん。

実際に陰核クリームが塗り込まれると、その快感に腰が勝手に動いてしまいます。

ここからは、もう本当にひたすら逝き続き得る真佐子さん。

とにかく、どこを触っても感じてくださいますし、また、言葉責めに敏感に反応してくださいます。

カーママッサージ美容術で何回か逝かれたあとは、ヴァニラマッサージ美容術でも逝きまくりの真佐子さん。

ゆっくりと奥に進んでいくサロンさんの指チンポがたまらなく気持ち良いようです。

指チンポで、真佐子さんのオマンコの中の性感スポットを探索したあとに、パンクリ振動子を用いたハイポペット美容術に移ります。

ここまでで、もうかなり逝きまくってくださっているので、これで終了してもよいかなと迷います。

ヴァイブの経験がほとんど無い真佐子さんですので、電気的な振動子はキツすぎる可能性もあります。

でも、大丈夫そうだなと判断し、ローションをたっぷりつけたパンクリ振動子を真佐子さんのオマンコにゆっくり挿入。

最初は、やや違和感があるようでしたが、やがてそれも気持ちよさそうに。

縄でパンクリ振動子を、オマンコに突き刺さった状態で固定。

淫靡なシチュエーションだけで逝ってしまいそうな真佐子さん。

さあて、スイッチ入れてしまいますよ。

まずは、Gスポットをグリグリ刺激する、パンクリ振動子のパール部のモーターをオン。

ほらほら、気持ち良いですよね。

オマンコからエネルギーが体全体に広がってくるのが分かるでしょ?

と誘導すると、それに従い、逝ってくださる真佐子さん。

もう二人ともかなり深いトランス状態でコネクトしてしまっていますから、サロンさんの誘導で真佐子さんは、自由にオーガズムを楽しむことができます。

2本のピンポイント振動子を両方の乳首にテープで固定し、パンクリ振動子のクリに当たる部分のスイッチと共に、振動オン。

ほらほら、乳首も、オマンコも、クリトリスも気が狂ってしまうぐらい気持ち良いです。

腰をガクガク動かしながら、何回もアクメを向かえる真佐子さん。

凄いです。

パンクリ振動子の固定した縄を外して、フリーハンドでパンクリ振動子を動かします。

「生チンポ挿入して生中出ししちゃいます!」なんて言葉責めしながら、さらに追い込むサロンさん。

もう、ここまで来てしまうと、何でも逝っちゃうんです。

試しに、麻縄を束にして、首筋をそっと縄でなぜなら、「ほらほら逝きそうだ、逝くよ」と誘導すると、逝ってしまう真佐子さん。一種の縄逝きですよね。

それではということで、言葉だけで逝かしてみようと、どこも触らないで、耳元で「ほらほら来た来た」と誘導してみても、見事にアクメを迎える真佐子さん。凄いですね。

終了後に、「言葉だけで逝ってたよね」と指摘すると「だって、下にバイブが入ってたもの」と弁解(?)する真佐子さんですが、確かに入っていましたが、スイッチはオフでしたよ。

といった感じで、徐々にフェードアウトして無事SM美容のご体験は終了。

合計、何回ぐらい逝かれたのでしょうか?

20回は軽く越えてますよね。

中逝逝きはもちろんのこと、恥丘トントンでも、縄でサワサワでも逝っちゃうので、もの凄い皮膚感覚とイマジネーション力をお持ちです。

アート関係の仕事をされているので、感覚が磨かれているのかな。

また上級者向けのSM美容などもお試ししてみてください。

 

あぁ、それからサロンさんのことを「想像より若い」とか「ショボいおっさんは誰のことだろう」とか書いてられますが、これは真佐子さんがあまりにも逝きすぎたためです。

ウソだらけのSM美容』の下の方についているYouTubeの動画で解説されているように、あんまり気持ち良すぎると、オキシトシンという幸福ホルモンが増えすぎて、記憶が幸せな方向に書き換えられてしまうのです。

なので、「ショボイおっさん」というか、「ショボイジジイ」というのが真実の姿なので、誤解なさらないようにね。

 

 

 

【追記】真佐子さんから「感想の感想」をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 


 

サロンさんのご感想 (?) 拝見致しました。

実際に施術いただいた時から日が空いたので、

答え合わせしたいけど

恥ずかしい…という状態で悶々としておりました (笑)。

 

率直に言うと、「よくもここまで書かれましたねーっ!」。

サイトでもお書きになっていた、

"一種の露出プレイ" の意味が少しわかった様な気がします。

第三者として他の方の時の文を読んで

「凄い、こんなことしちゃうんだ」と思っても、矢張り想像の中だけ。

でも、自分が受けた時のことについてサロンさんの文を読むと、改めて

  • 何があったのか
  • 自分がどうなっていたのか
  • サロンさんがどれだけ真摯に向き合って下さっていたのか

がわかった…気になりました。

敢えて一つ言うとすれば、

まるで私が最初から開発 (?) されていたかの様ですが、

とんでもない!

この時初めてよく言われる「中に欲しい」という意味が

わかった程度の状態でございました。

その先まで行ったのは、

間違いなくサロンさんに拠ります。

そして、ロジカル・シンキングから果てし無く遠いところにいるのに、

Mr.スポックの喩えをいただいて恐縮です…。

 

四十肩が落ち着いたら、上級に進む夢を見たいと思います。

新しい世界を、本当に有難う御座いました。

 

真佐子さんのこれまでの体験は次の記事でお読みになれます。

  <-前の感想 感想トップ 次の感想->