QUESTION 65. スパンキングって、どのくらいの痛みですか?

 

>ずうっと自分はMだと思っていて、ノーマルな彼にカミングアウトしたら、縛りの本を買って勉強してくれ、何度か縛ってくれました。

>でもその後しばらくして縛ってくれなくなり、手でスパンキングされるように。それはよかったのですが、先日エスカレートして、ベルトで叩かれてみみず腫れに。。私は痛さと怖さでひいてしまい、悲しくなってしまいました。

>今後はやめてほしいと思ったのですが、それではわがまま過ぎるでしょうか。。

>サロンさんのスパンキングって、どのくらいの痛みですか?

 

大好きな彼とSM美容を実践され始めたのですね。

それは大変素晴らしいことです。

サロンさんは緊縛が好きなので、ボンデージ美容術にバイアスがかかっていますが、

彼がスパンキング美容術が好きなら、それはそれでよいことです。

もっとも、貴女がスパンキング美容術が苦手なら、それはちょっと困ったことなんですけどね。

 

一般的に、ベルト、一本鞭、ケインなど、肌に当たる面積が小さくなればなるほど、痛さは増大します。

なので、ベルトでみみず腫れになるのは、よくあることです。

貴女が痛さと怖さで引いてしまったのは、彼の失敗ですね。

力かげんを間違ったのです。

貴女が気持ち良いと思う程度の1割増しぐらいで抑えるべきだったかも。

一度、恐怖心を植え付けられると、傷が癒えるのに時間がかかるので、しばらくベルトはやめておいた方がよいかもですね。

 

さて、ご質問の

>サロンさんのスパンキングって、どのくらいの痛みですか?

ですが、Salon de SMでは「手のひらでのスパンキング美容術」「バラ鞭でのスパンキング美容術」をおこないます。

どちらも、相手の様子を見ながら、気持ち良い範囲でしかおこないません。

スパンキング美容術での「気持ち良い」と感じるのは、極めて個人差が大きいので、かなり思いきり叩く場合から、パタパタをお尻を撫でる程度の場合もあります。

「どのくらいの痛み?」という質問には「我慢できてイタ気持ち良いぐらい」というのが答えでしょうか。

 

(追記)その後、質問者の方は、彼に「思い切って彼に、ベルトが怖くなっちゃったって伝え」たところ、「彼、何度も何度も謝ってくれて、今日のデートにはずり下がるパンツに手こずりながらなんとベルト無しで来てくれた」そうです。めでたし、めでたし。