術後の感想-83

Mさんの場合(43才・OL独身)

縄で両足を広げて固定された状態で2つの穴をじっくりと責められました。恥ずかしい部分を見られながらオナニーもしました。

 

HPで申込みをしてから8か月、

これは焦らしのプレイ、

いや美容術かしらと思いながら待っていました(笑)

やっと日程が決まって喜んでいたら天気予報では春の嵐。

サロンさんが気を遣ってくださり

日程変更も検討しましたが、

結局、予定通りにすることに。

しかも当日は人身事故で電車が遅延。

というわけで、

やっとのことでサロンさんにお会いできました。

思ったよりも口数が少なく、

私も人見知りをするので

ホテルにつくまでの数分間はドキドキでした。

ホテルの部屋に入ってから、

静かな口調で

「オナニーはどのくらいおきにするの?」とかいくつか質問されて、

不思議と正直に答えてしまいました。

まずはシャワーと思っていたら、

「ズボンをおろしてベットに横向きになって」といわれて、

いきなり恥ずかしい姿を晒すことに。

「濡れてるね」と言われてますます恥ずかしく。

やさしく浣腸の先で

アナルのあたりを探っていく感触が気持ち良くて

早くも喘いでしまいました。

少しづつお湯が入ってくる感覚と

羞恥心で悶えていましたが、

だんだん余裕がなくなり

「漏れちゃう~」と言っても

サロンさんは「そう、漏れちゃうの?」と優しく言うだけで

やめてくれません。

完全に支配されていると思うことで

さらに興奮が高まります。

やっと浣腸を抜いて下さり

トイレに行けるのかと思ったら、

ソファで暫く我慢するようにと。

限界に達した時点で

両手に回された縄の先をサロンさんが引いて

トイレへ。

ジーンズとストッキングとショーツをサロンさんにおろしていただきました。

びっくりする位、

大量の水がでました。

サロンさんにウォシュレットのボタンを押してもらって

おしりを拭いてもらって…、

もう、赤ちゃんのように自分では何もできません。

続いて2回目の浣腸。

ローションをアナルの奥まで指で塗られる感触がたまりません。

今回もソファに座って我慢するのかと思ったら、

オナニーするようにと。

縛られたままの手を恥ずかしいところへ。

漏れてしまいそうだし、

恥ずかしいし、

気持ちいいしでちょっとしたバニック状態です。

3回浣腸をしてシャワーを浴びた後に

「きれいになったか検査してあげるから四つん這いになって」と言われ、

はずかしい体勢で指を奥まで入れて確認していただきました。

それから鏡の前でBONDAGE美容術です。

丁寧に縄をかけていきます。

縄をキュッと引っ張られたり、

縄が肌に擦れる度に反応してしまう私を見て

「縄っていいでしょう?」と両方の乳首に触れるように縄を押し付けます。

鏡に映った自分の恥ずかしい姿や

不自由さに酔いしれていると、

いきなりスパンキング美容術です。

平手でおしりをパーン、パーンと何回もたたかれて

思わず声を上げます。

痛いと余裕がなくなり、

理性が吹き飛んでメスの本能が剥き出しになってしまいます。

それから、後ろからサロンさんの手が縛られた胸のすぐそばへ。

「乳首さわってほしいの?」

「さわってあげな~い」と焦らされて

触られたい欲望でいっぱいになります。

「乳首も感じるんだね。」と、

ソファのところに連れて行かれて

サロンさんの膝の上にすわって

「乳首用のバイブだよ」と

綿棒のような形で振動するものを乳首に当てられます。

小さいので感じるところをピンポイントで刺激できます。

「自分で感じるところに当ててごらん」と言われて

サロンさんが持っているバイブに体を動かして

乳首の付け根に当ててみたり先っぽにあててみたりしました。

気持ちよくて乳首が硬くなってしまいましたが、

痛くしてほしいとも思いました。

このあたりからは、もうあまりよく覚えていません。

ドラえもんのポケットのようにいろいろな道具が出てきました。

いろいろな縛りをしていただきました。

縄で両足を広げて固定された状態で2つの穴をじっくりと責められました。

恥ずかしい部分を見られながらオナニーもしました。

「指が2本入ったよ」とか

「もっと音出して」と言われながらのオナニーは、

1人でするのより全然感じます。

途中でサロンさんにお願いして、

自分がどんな道具でどんな風に辱められているのかが見えるように

背中の下に枕をいれて上体を起こしてもらいました。

特にSMの場合には「触覚」も大事ですが

「視覚」によるところも大きいと思います。

「白い液が出てきたよ」とか、

指をアナルに入れながら「もう1本入るかな」、

「3本もはいちゃったよ」と実況中継してくれる「聴覚」も

私にとってはツボでした。

スパイラル振動子も使っていただきました。

ひっかかる場所が多くて刺激が強いので

私には合っていたと思います。

「アナルにも入れてみようか」と言われて

「こんなのが入るの?」と興奮してしまいましたが、

指で充分に広げてもらっていた後だったので

意外に簡単に入りました。

カーママッサージのクリームは熱い感じがしましたが

私にはそれほど効果を感じませんでした。

つけなくても充分気持ちよくなっていたので(笑)

乳首への洗濯バサミも痛くて気持ちよかったです。

欲を言えば噛んだりつねったりしてもらう方が動きがあって好きかなと思ったのと、

すぐにとれてしまったのが残念でした。

あとから、もっとキツくて鈴がついている本格的な洗濯バサミも試してくださいました。

こちらは、かなり痛くて、長い時間はムリでしたが

濃厚な快感を得ることができました。

(実は、乳首を強く噛まれたりすると、その時は気持ちよくて夢中になってしまうのですが、

後からカサブタになったり、皮膚が剥けたりした経験が何度もあるので、今はガマンしているのです…。)

四つん這いになって後ろからムチで叩かれたり

ロウソクを垂らされたり、

これぞSMというシチュエーションはそれだけで興奮しました。

温熱刺激美容術は初めてです。

SM用のロウソクは熱くないと聞いていたのですが、

思ったより熱くてすぐにギブアップ。

でも、少しづつ練習すれば好きになれる気がしました。

最後の優しいハグも嬉しかたです。

責めが厳しければ厳しいほど甘く感じられます。

(正に「飴とムチ」ですね。)

こうして振り返ってみるとかなり盛りだくさんにスゴイことを経験させていただいたのですね。

浣腸の後にお水を飲むように勧めてくれたり、

脱ぎ散らかした服をまとめておいてくれたり、

アナルを触ったあとには小まめに手を洗ったり、

トイレでは甲斐甲斐しくお世話してくれたり…と、

サロンさんは気配りが行き届いた方でしたので、

また、話し方もソフト(言っている内容は超ハードですが(笑))な方でしたので、

スゴイことでも安心して受け入れて没頭できたのだと思います。

私はもともと理性が強いタイプなので、

痛かったり恥ずかしかったりという

強烈な刺激でギリギリまで追い詰められないとどこか覚めてしまうみたいです。

ディープなスキンシップに思いっきり感じまくって、

浣腸でたまったていたものも出していただいて、

心身ともにすっきりしました。 女性ホルモンも大放出したと思います。

どうもありがとうございました。

(モニターは1回のみとのことですが、次回はこんなことして欲しいと、つい妄想してしまっています…。)

 

 

サロンさんから

 

SM好きの女性も男性も、若々しい方が多いのは不思議です。

今回のMさんは、実年齢よりもずっと若く見える美しい女性。

それに、エッチに見えないのです(笑)。

教養が漂う清楚な女性で、うっかりエッチな話題をふると怒られてしまいそうな感じ。

なのに、実はエッチなんですって。

オナニーは小学生低学年の時からやっていらっしゃるそうで、いろいろと好奇心もお強いとのこと。

女性用の性感サービスも、数年前から時々使っていらっしゃるそうです。

今はバツイチだそうですが、Sな彼氏がいらっしゃるそうで、一通りのことは経験されていらっしゃるようです。

かなり強い便秘体質だそうですので、エネマ美容術から開始することにしました。

着衣のままベッドの上に左側臥位で寝ていただき、パンティーを少しずらしてエネマシリンジをアナルに挿入します。

なんだか病院で施術されているようですね。

Mさんの感想文からは読み取れないでしょうが、とにかくMさん、鋭敏は反応をしてくださいます。

パンティーをずらすだけで、アァ〜!と何とも色っぽい声を出されます。

アナルに指が触れても、エネマ液が中に入っていくときも、その都度とても感じて下さいます。

かなりの便秘体質ということで、3回のエネマでもお腹の中のものが全部出るまでにはいたらなかったのえすが、これ以上エネマを重ねるのも危険。

そこそこすっきりしていただいたようなので、エネマはトイレ3往復で終了して、シャワーにかかっていただきます。

ガウンを着て出ていらしたMさん。色っぽいです。

エネマ美容術がうまくいったか確認します、とか適当なことを言って、全裸になってベッドの上に四つん這いになるように指示。

脚を少し開いて、お尻を大きく持ち上げていただきます。

あらら、予想通り、Mさんの陰裂はぐっしょり濡れています。

恥ずかし格好ですね〜

では、腸の中がすっきりしたところで、アンGマッサージ美容術を開始しましょう。

大きな声をあげて、アナルでも感じてくださるMさん。

1本、2本、3本とMさんのアナルに入る指が増えていきます。

とても気持ちよさそう。

初っぱなからスイッチが入っているMさんですので、もう何をしても感じまくりです。

全裸のまま鏡の前にご一緒します。

ものすごく恥ずかしがって、鏡の中に映る自分を見ようとしないMさん。

いいですね〜

両腕を後ろに回し、後手高手小手縛りによるボンデージ美容術の開始です。

縄が肌に触れる度に、艶っぽい声を出されて、体をくねくね動かして悶えられています。

いや〜、これは楽しい。施術者もたまんないです。

極めて自然な流れでスパンキング美容術

パシ〜ン、パシ〜ンとお尻をスパンクする毎に、深い陶酔に入っていかれるMさん。

なんだか羨ましいです。

乳首も思いきり焦らしてから、かなり強烈にマッサージをして差し上げました。

痛いのがお好きなのですね。

さてさて、ベッドに移動して、厳しい責めがお好きなMさんには、厳しい縛りをして差し上げましょう。

胡座縛りにしてしまいます。

どんな格好かというと、胡座をかいた状態で、上半身を脚の方に倒されて固定されるのです。

苦しそうですよね。

しかも、このまま、よっこいしょと背中側に倒すと。

あれあれ、お尻の穴も陰裂もパックリ開いたまま丸見えの状態になってしまいます。

苦しいし、恥ずかしいし、大変なのです。

なんだかアナルが「欲しい、欲しい」って言ってるみたいなので、このいやらしい体勢で、アンGマッサージ美容術を再度おこないましょう。

ついでに、乳首も洗濯バサミで責めてあげますね。

もう感じまくりのMさん。

胡座縛りを解いて、M字開脚縛りに移行します。

両側から縄でゆっくりとM字に縛られた脚が引っ張られ、恥ずかしい部分を思いきり広げさせられます。

アアァ!と恥ずかしさに悶えるMさん。

あらかじめ、陰核は触られると逆に覚めてしまうと伺っていましたので、カーママッサージ美容術は控えめに。

陰核ではなく、ヴァギナとアナルを集中的に責めます。

完全にトランス状態に入られたMさん。

ヴァギナとアナルの両方に太い振動子を挿入され、振動子美容術で逝きまくります。

最後は振動子を突き刺されたまま、四つん這いでお尻を高く上げて、バラ鞭でお尻を厳しく叩かれながら女性ホルモンの大放出です。

施術者も、気持ちすっきり。楽しかったです。

ありがとうございました。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->