術後の感想-61

あやさんの場合(22才・OL・独身)

「最後にアイマスクをしてオナニーしてる間に上から蝋燭を垂らされて絶頂して終了でした。」

 

最初はどんな人が来るのか

ドキドキして仕方が無く、

待ち合わせ先の喫茶店でも

そわそわしてしまいました。

いざ会ってお話してみると、

モニターさん方のご意見そのままの

優しい印象の方。

「攻めてもらうのが好きなのに、

物足りないかも…」 と

思っていたら

公開オナニーから

言葉で沢山いじめられて…

そこからいっぱいいっぱいで

所々覚えていないのですが、

毛の処理をされているときも、

手が当たる度に

びくびくしてしまって

バレたら恥ずかしいと

ひやひやしていました。

一人でしてイッて、

いじられてイッて…

縛られるのも初めてだったけど、

すごく心地が良くて…

暫くたった今でも

心地の良さが残っています。

縄が素肌に

絡むような感覚がたまらなくなる。

そんな感じでした。

後ろからぎゅっとされる感覚も

何とも言えない好きな感覚でした。

今までセックスでイッたことも無いのに、

人前であんなに何回もイカされて、

頭ははっきり働かないし、

疲れてるのに喘ぎ声は止まらないし…。

元々おもちゃは大好きだけど、

普段使い慣れてるからそんなに…

なんて思ってたら

想像以上に感じちゃいました。

最後にアイマスクをして

オナニーしてる間に

上から蝋燭を垂らされて

絶頂して終了でした。

蝋燭は熱くて苦手かなぁという

印象が残りました。

普段はセックスしても、

いつも何か物足りない感じが残ってしまって、

もっと…と思っちゃうんですが、

今日は本当にはじめて

「お腹いっぱい」

だと感じました。

新しい自分にも気付けたし、

すごく良い体験が出来ました。

縛られた自分の身体は

心なしか綺麗に見えたし、

この方法で綺麗になれるなら

それもいいかなぁと思っちゃいました。

HPを見て、

悩まれている方がいらっしゃるのであれば、

是非一度体験してみることを

おすすめします。

 

サロンさんから

 

あやさんは、遠路はるばる大分県からのモニターご参加。

年に何度か東京にいる友達のところに遊びにくるそうなのですが、Salon de SMのために一日を空けてくださいました。

自分の身体が好きではありませんが、これを機に自分の好きな身体になりたいです。」  というのが申込時のご希望。

モニター参加者の感想を読んでいるうちに、「私も綺麗になりたい」とお申し込みになられたそうです。

 

事前のやりとりでは、あまりSMにご興味がある様子ではなかったのですが、施術日2日前に突然こんなメールが・・・

一つ希望があるのですが、ホテルの指定が出来るのであれば、

ア○フ○インでお願いしたいのですが、出来ますでしょうか。

え、大分に住んでいるのに、東京にあるSMホテルを指定してくるなんて、実はかなり経験者なのかな?なんて重いながら待ち合わせの場所へ。

喫茶店で先にお待ちのあやさんは、実年齢よりも随分と若く見える、文学少女タイプ。

かなり緊張されていますが、お話しをして徐々にリラックスしていただきます。

SMはやはり経験はなく、ご希望のSMホテルも耳学問で仕入れた情報のよう。

好奇心旺盛の妄想タイプの女の子のようです。そのようたタイプの女性には、確かにSMホテルは妄想を膨らませてくれるので楽しいです。

 

SMホテルに入り、フロントで写真を見ながらお部屋を選びます。

洞窟タイプや、牢獄タイプ、いろいろあるのですが、あやさんが選んだのが医療タイプ。

なるほど、医療プレイにご興味があるのかな?

実は、施術者はこのホテルの医療プレイタイプの部屋を利用するのは初めて。

なので、施術者も、興味津々です。

お部屋に入ると、おー、はいはい。一昔前の病院の雰囲気。

白で統一された部屋に、メタルの医療器具がいくつかおいてあります。

白衣まで用意されているのですね。

では、白衣を着て、偽ドクターになりましょう。

「はい、今日はどうしたのですか?」

「・・・・・」

「どこか悪いのですか?」

もっと感じたくて・・・

「ほほう。オナニーは週に何回しています?」

毎日・・・

「あらま。スケベですね。でも感じにくい?やり方がマズイのかな?」

「ちょっとオナニーしてみてください。こちらに来て、先生の前に立って。」

「パンティー脱いで、スカートめくってください。はい、やってみてください」

えぇ?立ったままですか?

「ええ。そうです。たったまま、スカートめくってオナニーしてください。」

はい・・・・分かりました・・・

と偽ドクターの前で、下半身を露出してオナニーを始めるあやさん。

立ったままでは、なかなか感じませんよね。

「おかしいですね〜。治療しないとだめかな・・はい、この診察台に乗ってください。」

と、おきまりの産婦人科用開脚診察台に。

「うーん、毛を剃ってみましょう。」

と診察台の上でシェービング美容術の開始です。

さきほどとはうって変わって、あやさんの陰裂からは愛液が溢れてきます。

やはり、横になった方が落ち着いて快楽に実を委ねることができますよね。

きれいにShavingが終わった後は、シャワーを浴びて、全裸になってもらいます。

パイパンになった美しい体を眺めながらのボンデージ美容術

そのまま再度、開脚診察台に大股開きで固定してしまいます。

Shavingされて露出したあやさんの陰核亀頭を優しくマッサージするカーママッサージ美容術の開始です。

大きな声を出して感じ始めるあやさん。さすが毎日オナニーをして鍛えているだけありますね。

クリームで陰核亀頭の感度を最高に高めた後は、ヴァニラマッサージ美容術で、膣内の感度を高めます。

陰裂からだらだらと愛液を流しながら大きな声を出すあやさん。若いのに感度が良いのですね。

さてさて、次は、振動子美容術で治療しちゃいましょう。

なになに?おもちゃは普段も使っているって?

ふ〜ん。でも、Salon de SMの振動子は、そんじょそこらのいい加減なバイブとはチョト違いますよ。

ですし、施術者は振動子の使い方は、年期が入っているので、覚悟してください。

あッぁあ〜!」と大きな声を上げて何回も果てるあやさん。

普段のセックスでいったことない、なんて本当?

まあ、ボーイフレンドも若いだろうから、まだまだ要領がわかんないんでしょうね。

 

たくさん逝ってしまい、ぐったりのあやさん。

「最後に、治ったかどうか調べてみましょう」

ということで、部屋を暗くして、今度は寝たままオナニーショーをしていただきます。

オナニーで気持ち良くなっているあやさんに、施術者は温熱刺激美容術を。

気持ち良いやら熱いやらで、とにかく大声を出してホルモン大放出をしていただいたあやさんでした。

 

あやさん、これで毎日のオナニーで、どんどんキレイにいくこと間違いないですよ。

 

 

 

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->