術後の感想-60

ナツキさんの場合(28才・OL・独身

「寸止めの繰り返しでおかしくなりそう、ってか、なっちゃいました(笑) 」

 

先日は貴重な体験ありがとうございました

美容とSMに興味があり

お願いしちゃいました。

責めはやったことがありましたが

受け身なのは初めてなので

ドキドキとワクワクでした。

緊張はあんまりありませんでしたが

シャワーを浴びた時点で

すでに濡れやすい私は

かなり濡れていました。

縛られた自分の姿に

エロさを感じて

興奮しちゃいました(笑)

さらに濡れてしまいました。

体の固い私は

ちょっと辛かったですが

足をがっつり開かされて

シェービングしてもらいましたが、

少し指が触れただけなのに

すでに気持ち良いし、で

さらに、濡れちゃって

恥ずかしかったです。。。

そこからの

丹念なマッサージと

初めてのバイブで

感じたことのない

気持ち良さで

乱れちゃいました。。。

寸止めの繰り返しで

おかしくなりそう、

ってか、なっちゃいました(笑) 

気持ちいいを連発しちゃいました。

どうやら三点責めされたみたいですが

よくわからないくらい

気持ち良かったです。

縄を外してもらって

ぐったりしちゃってました。

今までイッタこともなく

不安でしたが

こんなに気持ちいい体験は

初めてで

濡れまくっちゃいました。。。

楽しい時間ありがとうございました!

 

あと追加で!

次の日に胸の張りを感じました(笑)

 

サロンさんから

 

長身のナツキさんは、女王様としての参加。

といっても、施術者を責めるわけではありません。

女王様もたまには、リラックスして気持ち良くなってみたいものなのです。

過去に二人のM男性の女王様をしていたのこと。

最初は若いM男性。

次は、お年をめしたお医者さんのM男性。

ナツキさん自身は、これらの二人のM男性にS女性として育てあげられたということで、ご自身の本当の趣向がSなのか、Mなのかよくわからないとのこと。

まあ、MとSとは表裏一体・・といいますか、誰でもMとSの両面をもっており、どちらが優勢かでMかSかと分類されるだけで。

今宵限りは責められる女性の悦びを楽しみましょう。

確かに女王様だけあって、いつものモニターの女性とは様子が少し違います。

シャワーにどうぞ、と声をかけると、ためらうことなく施術者の目の前で服を脱ぎ出します。

シャワーから上がって来ても、「タオルどうしますか?」「とってくださって結構ですよ」「あ、そ」と素っ裸に。

見事な胸が現れます。

う〜ん、こんなダイナミックなボディーの女王様に蹴られたりビンタされたりすると、絵になるな〜、としばし妄想。

さっそく、鏡の前でボンデージ美容術の始まりです。

興味深げに縛られていく様子を眺めているナツキさん。

もちろんご自身でも緊縛はされるそうです。お医者様のM男性に教わったとか。

洋服の試着のように、時折背中側を鏡に映して、縛り具合を観察するナツキさん。勉強熱心ですね〜

このままでは、女王様ペースから抜け出せないので、股縄を追加することに。

腰に縄を一巻きして、「脚をちょっと広げてください」とお願いします。

ありゃ、なんじゃこれ。

凄い大洪水。

後で濡れやすい体質と伺いましたが、いやほんとビチョビチョ。

太股の間に何本も愛液のブリッジができています。

平静を装いつつも、随分と感じていらしゃったのですね。

股縄を入れて少し体を熱くしてから、ベッドに移動。

優しく乳首マッサージをして差し上げます。

事前のアンケートでは、「ブラジリアンをしていますのでShavingは不要」とあったのですが、お伺いすると、モニター前にブラジリアンのお店に行く予定が、間違ったお店に予約してしまい、予約がキャンセルになってしまったとか。

無意識の深層のもう一人のナツキさんが、シェービング美容術を御所望だったのかもしれませんね(笑)。

ベッドの上で両脚を大きく開いていただき、Shavingの開始。

指の動きと共に、時折吐息をもらされるナツキさん。

緊張感と羞恥心と快感が複雑に交差する、不思議な感覚を楽しんでいただきます。

すっかりきれいになったナツキさんの下半身。ラビアもクリも小ぶりで、上品な顔立ちをされています。

ここで両脚をしっかりと縄で固定してM字開脚縛りに。

もう逃げようにも逃げられません。快楽地獄の始まりです。

アナルの経験はない、というナツキさん。

エネマ美容術はあまり気がすすまなささおうなのでパスをしましたが、とりあえずまだ処女のアナルに指をそっと挿入してみます。

意外とすんなりと施術者の指を受け入れてくれたナツキさんのアナルですが、まだまだ未開拓のよう。あまり反応はありません。

それではということで、手を洗ってカーママッサージ美容術を開始します。

指先に陰核クリームをたっぷりつけて、ゆっくりゆっくりと、ナツキさんの可愛いクリに塗り込んで行きます。

この陰核クリームは、クリの血行をよくし、普段以上にクリの感覚を高める効果があります。

「中ではまだよく感じない」というナツキさんは、クリ派の女性。

なので、クリの感覚を一層高めることにより、その余剰効果でGスポットヴァニラスポットの性感も高めることができます。

ここまで、あまり深い反応を示されなかったナツキさんですが、このクリマッサージから次第にスイッチが入ってきます。

マッサージをクリからラビアに広げ、アヌス回りからラビアを経てクリへとゆっっくりと撫で上げる動きを繰り返すことで、次第に息が荒くなってきました。

もちろん濡れやすいナツキさんですので、陰裂からは透明の液体がどくどくと垂れ出してシーツを濡らしています。

体表のマッサージを十分に施した次は、いよいよ体内のマッサージへと移ります。

「中では感じない」とおっしゃっていたナツキさんですので、ヴァニラマッサージ美容術は軽めに・・・と思っていた施術者でしたが、

どうしてどうして、ナツキさんの膣の中も性感スポットがいっぱい。

指一本で、つんつんとヴァニラスポットをつつくと、大きな声を出して感じてくださいます。

指を使ったマッサージだけで、もう難度もアクメ寸前に達してくださったナツキさん。

次はいよいよ振動子美容術の開始です。

ローターを使ったオナニーは経験があるそうですが、挿入型のバイブは未経験のナツキさん。

まずは、ピンポイント振動子で、ナツキさんの陰核亀頭を刺激します。

大きな声を出して身悶えるナツキさん。

気持ちいいですよね。

いつものローターとは大違いでしょう。

いつもM男性を寸止めして楽しんでいるナツキさん。

今日は、ご自身が寸止め地獄で楽しみましょうね。

ピンポイント振動子をナツキさんの右手に握らせ、ご自身で振動子の先を陰核亀頭におしつけ、アクメ寸前で刺激をやめるように指示を出します。

大きな声を出しながら、頑張るナツキさん。

施術者も膣内の性感ポイントを指で刺激しながらナツキさんを応援します。

頑張れ、頑張れナツキさん。

美しくなるために、アクメ寸前の状態を長時間維持しましょう。

Salon de SMで使っているピンポイント振動子も優れものなのですが、膣内挿入型の、いわゆるバイブであるパンクリ振動子も名機の誉れ高いももなのですよ。

Gスポットを刺激しながら、枝分かれした部分が陰核亀頭に吸い付くように刺激するすぐれもの。

バイブ初体験のナツキさんには、ちょっと刺激強すぎるでしょうか?

でも、既に膣内大洪水のナツキさんはすんなりとバイブを咥え込み、引き続き大きな声を出して感じまくってくださいます。

さあ、さっきのピンポイント振動子も忘れないでね。

ナツキさんはピンポイント振動子陰核亀頭を刺激し、施術者はパンクリ振動子で膣内を刺激しながら、さらにそっと、右人差し指をアナルに挿入します。

豪華三点責めですよ!(後でお伺いすると、アナルを責められているのは気づいていなかったそうです。もう何が何だかわからなかったのでしょね)。

陰核、ヴァギナ、アナルで全部で至高の快感を感じながら、ホルモン大放出で大団円を迎えたナツキさんなのでした。

ナツキさん、女王様もたまにはきつく責められて心を体を開放しましょうね。

 

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->