術後の感想-43

恵子さんの場合(40才主婦既婚)

「先生は、すぐにはい かしてはくれません。でも優しくお許しが出てからは、何回もイッてしまいました。」

 

前から気になっていたHP 。

「SM 」で「美容」・・・

不倫とは次元が違うという言葉に、

自信とプライドを感じました。

勇気を出して、メール。

たまたまお互いの都合があい、

セッティングとなりました。

待ち合わせのあと、ホテルへ。

軽いカウンセリングのあと、

シャワーを浴びました。

そのあと、何を着ようか迷いましたが、

一応上下に別れている下着をつけました。

鏡の前に立たされ、

上だけ脱ぐように言われました。

そっと後ろから縄をかけられていきます。

本格的な「縛り」は初めてで、

シャワーのあとなのに、

緊張で汗が出てきます。

それをそっと拭って頂き、

気持ちが落ち着いていきました。

何重にもかけられる縄。

静な空間の中、

縄の音だけが聞こえます。

両手を後ろにまわされ、

胸を強調されるような

美しい形が次第に出来上がっていきました。

何となく、

着物の気付けをされてるのに似ています。

着物もたくさん紐を使って縛っていくのですから、

あれもSM かも、と思いました。

途中ドキドキして、

もうダメかも、

やめて貰おうかと思いました。

でも、、

この切ない感じが

SM の醍醐味なんだろう、

となんとか耐えました。

下半身も下着のうえから縛られ、

これも感じてしまいました。

鏡に映る姿、

恥ずかしい、

けれど、

どんどん嫌らしい顔に

変わっていきます。

ベッドに移動。

カラダが自由に動けないので、

先生に言われるまま、

膝の上にゴロンと寝ました。

なんだか、赤ちゃんになったみたい。

乳首を優しく触られました。

ローターも使い、

乳首、耳、顔を同時に責められます。

もうそれだけで、

アソコがトロトロになり、

足が動いてしまいます。

凄いことになっている

アソコの周りを、

今度は綺麗にシェービングして頂きました。

優しく、優しく。

全然恐くなかったです。

一度すべての縄をほどいて頂き、

今度は足に縄がかかりました。

ベッドの足を利用して、

左右にきっちりと開き、

とても恥ずかしい格好に。

もう閉じる事は出来ません。

ぐちゃぐちゃになっているアソコとアナルに、

クリームを塗って頂き、

まず先生の指が後ろに入ってきました。

自分でもビックリでしたが、

すんなり指を受け入れる事が出来ました。

そして、

気持ち良さに繋がっていきました。

特に指が出て行く時、

なんとも言えない快感が走ります。

初めての事でした。

先生は一度手を洗われ、

今度は待ちに待った

アソコに指を入れて来てくださいました。

刺激するポイントがとても気持ち良い。

これも初めての気持ち良さです。

どこをどんな風にいじっているのか、

今度教えて貰いたいくらい。

何度も

「気持ち良い、あ、そこ、、」と

吐息混じりに言うと、

きちんと言葉で返して下さり、

挿入はしてないけど、

一体感がありました。

トロトロのアソコに、

真っ赤なバイブが突き刺さりました。

縄でクリとアソコに

きっちりと固定されました。

これが両足の縄とも繋がっているため、

気持ち良いスポットから全く外れません。

何度も「イクぅ」という言葉が出てしまいます。

先生は、すぐにはい かしてはくれません。

でも優しくお許しが出てからは、

何回もイッてしまいました。

クリは限界がありましたが、

中はずっとバイブを刺していたい気分です。

先生は、ずっとそばにいて下さいましたが、

この時はソファーから見ていたり、

周りにいて、

恥ずかしい格好を見られる事に更に興奮しました。

今これを書いていても、

昨日の興奮がよみがえって、

濡れてしまいました。

終始、優しく、

穏やかな物腰で、

緊張をほぐして頂き、

喘いでも、

それにきちんと応えて下さいました。

自分の気づかない性感ポイントも発見し、

また開発されてみたいです。

ありがとうございました。

 

 

サロンさんから

 

女性向けの性感マッサージを探しているうちにSalon de SMを見つけたという恵子さん。

ご主人とはとても仲がよいそうですが、もう長い間セックスレスだそうです。

Salon de SMの前にも、女性用性感マッサージを3回ご経験されたそうです。

若い頃から、恥ずかしさに興味がある恵子さん。

Salon de SMのM字開脚縛りなどにとても心が惹きつけられたそうです。

豊満なボディーにあどけあさの起こるキュートなフェイスが魅力的な雰囲気を醸し出す恵子さん。

まずは、その見事なバストをボンデージ美容術で着飾っていきます。

乳房の上下を縄で縛られ、ぎゅっと絞り出された恵子さんの乳房。

その頂点には淫靡に勃起した乳首が屹立しています。その恥ずかしい姿を鏡の中に見て、顔を赤らめる恵子さん。

今回は、パンティーの上から、股縄もかけてみることにしまいた。

腰に回した縄の中心から、縄がまっすぐ下に下ろされます。

そして、両脚の間を通り、後ろ側に。

背中側の縄にひっかけて、グイと引っ張ると股間の縄が恵子さんの陰裂に食い込みます。

そのまま縄を固定して、恥ずかしい縄褌姿をじっくりと眺めていただきます。

恥ずかしい姿に、かなり気分の高揚した恵子さん。

ふらふらと、立っているのもつらそうなので、そのままベッドに移動。

ごろんと横になっていただきます。

淫靡に勃起した恵子さんの乳首を、時間をかけて優しくマッサージしてさしあげます。

体をピクピクと痙攣する旅に、股縄が恵子さんの陰裂にさらにきつく食い込みます。

さらにピンポイント振動子を用いた、乳首や耳への振動子美容術も加えます。

とても鋭敏に反応さえる恵子さん。もうかなりの体内ホルモンを放出されていらっしゃいます。

陰裂からは驚くべき量の透明な液体が流れ出しています。

さて、脚を大きく開いていただきシェービング美容術の開始です。

施術者の指が、恵子さんの性感スポットも触れる度にピクッと反応し、なんとも言えず色っぽい表情をされます。

比較的薄めのヘアーの恵子さんでしたので、あっという間にすっきりと。

少しブレイクを入れて、縄をいったん解きます。

次は、いよいよ恵子さんお待ちかねのM字開脚縛り

両脚を縄でがちがちに縛り、さらにベッドに固定して脚を閉じれないようにしていまいます。

もうこれだけで甘い吐息をもらいながら随分と感じてしまう恵子さん。

経験された女性はお分かりですが、Shaving後は、陰核や陰唇の感度が、いつもより断然よくなっています。

なので、ちょっと触れるだけでもとても感じてしまいます。

さらに感度を増すために、カーママッサージ美容術の開始です。

包皮に隠れた恵子さんの陰核を剥き出しにして、

指先につけた陰核クリーム

ピンク色に充血した恵子さんの陰核に塗り込んで行きます。

陰核の全体にクリームが行き渡るように丁寧にマッサージを続けます。

恵子さんの感度は最高レベル。ちょっと触っただけでもすぐに逝ってしまいそうです。

というか、早く逝きたくてたまらない恵子さん。

でも、だめですよ。せっかくここまで来たのですから、ここで逝ってしまうと美容効果が半減です。

美容のために頑張ってガマンしてください。

少し気をそらせるためにと、アンGマッサージ美容術を。

あー、初めてなのに逝ってしまいそうな恵子さん。ガマンガマンです。

さて、いよいよ恵子さんの膣の中をヴァニラマッサージ美容術で開発です。

ゆっくりと人差し指一本を恵子さんの膣の奥深くに挿入していき、膣壁をツンツンと刺激します。

ポルチオ性感帯が既に開発されているのか、このツンツン攻撃が恵子さんのつぼを捉えてしまったようです。

大きな声を出して反応する恵子さん。

さきほどまでどくどくと流れていた透明な液体が白い液体に変わりました。本気汁の大放出です。

もうこうなっては、どこを触っても感じまくる恵子さん。

ハイポペット美容術の準備をすべく、パンクリ振動子を恵子さんの膣内に挿入したとたん、激しく体を痙攣させて逝かれてしまいました。

ありゃりゃ、粗相をして逝っちゃいましたね。いえいえ、逝かせてしまった施術者の技術が未熟なのででしょう・・・

もっともっと体内ホルモンを放出していただくために、振動子を恵子さんに突き刺したまま縄で固定してしまいます。

両脚を大きく開いた中心で、赤い振動子が恵子さんに咥え込まれています。

振動子の回りからは、白い液が湧き出して恵子さんのアナル回りへと垂れ流れていきます。

さて、淫靡な恵子さんの姿を眺めながら、施術者は少々休憩を取らせていただきます。

スイッチオン。

大きな声を出しながら何回も逝き続ける恵子さんの淫靡な姿を、ソファーに座りながらじっくりと鑑賞させていただきました。

いやぁ、女性の性感は年を経るにつれてどんどん深まるといいますが、まさにそれを実感した今回の恵子さんの施術。

20代、30代で、なかなか感じにくいとお悩みをお持ちの女性の方も、積極的に開発することでどんどん感じる体になっていくのは間違いありませんよ。

女に生まれてきたからには、この性の歓びを極めないと!

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->