術後の感想-22

miuさんの場合(30才・OL・独身)

「そこをさらにシェービングされて、さらに敏感になってしまったところを攻められ、もう、どうしようもなく乱れてしまいました。」

 


 
SM未経験ですが、性経験を深く掘り下げたいと考え応募いたしました。

オーナー様はとても感じの良い紳士的な方で安心して身を任せることができました。


まず、上半身を優しく縛り上げられましたが、

その縄の絡みつくようなねっとりとした肌感に驚きました。


このとき、縛られてるだけで興奮しすぎてしまったのか、

貧血症状が出て倒れそうになってしまいましたが、

優しくご対応いただけ、おかげで体調復活いたしました。


その後は、足を縛られ、足を開かされ、

恥ずかしいところを視姦され、

もうそれだけで恥ずかしく、

また気持ちよくなってしまいました。


そこをさらにシェービングされて、

さらに敏感になってしまったところを攻められ、

もう、どうしようもなく乱れてしまいました。


まだ、SMの入り口なのだと思いますが、

さらなる快楽の深みの第一歩を体験することができました。


また、気になる美容の成果は、

施術後1日経った、今日、

うれしいことに肌つやが良くなって、

キレイになった気がします。


本当にありがとうございました。




サロンさんから


SMの世界では『縄酔い』という言葉があります。

不思議な現象ですが、縄をかけられることにより、トランス状態に入ってしまい、場合によっては失神さえしてしまう状態です。

もちろん全ての女性が、縄をかけられると『縄酔い』状態になるわけではありませんが、だいたい1,2割の女性が、程度の差はありますが、縄での緊縛で『縄酔い』状態に入ります。

このような女性は、縄との相性が生得的に良い方だと思いますが、驚くべきことは、このような縄との相性が良い女性の中には、初めての縄の体験時点で、すでにトランス状態に入ってしまうことです。

ボンデージ美容術を重ねるにつれて、次第に縄の魅力に引き込まれていく、というのが通常のパターンですが、過去のSM美容術のモニターの女性の中の何人かは、初めてのボンデージ美容術トランス状態に入ってしまわれました。

今回のmiuさんも、そのような縄との相性が生まれつき良い女性の一人でした。


miuさんは都心の一流企業に勤めていらっしゃるOL。知的で落ち着いた感じの上品な女性です。

将来を約束したパートナーはいらしゃるそうですが、交際期間が長いためか、最近は肉体的な接触はほとんどなくなってしまったそうです。

まだまだ未開発の女性としての自分を探求してみたいとの希望で、SM美容に応募していただきました。

もちろんSMは未経験。事前のアンケートでは、全ての美容術に「A」か「B」かの希望を書かれています。

(SM美容術では、事前アンケートで、9つの美容術に

A:是非受けたい
B:よくわからないのでとりあえず希望にしておくが、様子を見て、無理そうだったら中止して欲しい。
C:体が受け付けないのでして欲しくない

の3段階でご希望を伺っています)。


シャワーに入っていただき、いつものようにボンデージ美容術から開始します。


両腕を背中に回していただき、ジュート麻縄で手首を縛り、そのまま、麻縄を左の二の腕から乳房の上部を回し、右の二の腕へとゆっくりとかけていきます。

緊縛をする側にとっては、この最初のひと縄にが、もっとも重要なステップで、ここでの女性の反応を見極めて、その後のボンデージ美容術の内容を考えていかなければなりません。


縄との相性が良い女性は、この最初のひと縄で、とても敏感な反応をお示しになります。そうではない方は、ボンデージ美容術は軽めに終わらせ、他の美容術との相性を探っていきます。



miuさんの場合は、麻縄が左の二の腕に触れた瞬間にトランス状態に入ってしまわれ、「あぁ」と悦楽の声をあげられ、施術者の支えなしにはしっかりと立っていられなくなりました。

「視覚」的な刺激にも非常に鋭敏な感覚をもっておられるようです。この最初のボンデージ美容術は、大きな鏡の前で進めたのですが、miuさんは、鏡の中で美しく縛られていくご自身のカラダを見ることができません。


じっと施術者の方を見つめ、鏡から視線を離そうと抵抗されます。「キレイに縛れた姿を見てください」と促すと、やはり一目みるなり「あぁっ」と感じ入ってしまわれます。

一 通りののBondageが完了した時点で、固く勃起したmiuさんの乳首へのマッサージを開始しようとしたのですが、この時点でもう立ってはいれれない状態になってしまわれました。miuさんが感想で「貧血症状が出て倒れそうになってしまいました」と書かれている段階です。

乳首へのマッサージは中断し、Bondage状態で、ベッドの上に移動していただきます。幸いすぐに回復され、施術の続行を希望されましたので、上半身をきっちりと縛ったまま、次に下半身のM字開脚縛りに入ります。

体の柔らかいmiuさんは、ほぼ180度でのM字開脚縛り状態になりました。

上半身も後ろ手高手小手縛り状態ですので、まさに身動きができない状態で、恥ずかしい部分を大きく開いたまま固定されてしまいます。

全て無くしちゃうと彼氏が変に思うということで、前面を残した状態で、陰核大陰唇肛門周りのシェービング美容術を時間をかけて進めます。

シェービング美容術ですっきりとした後は、カーママッサージ美容術、すなわち、陰核マッサージに入ります。


やや大きめのmiuさんの陰核包皮を優しくめくり、指先につけた陰核クリームを丁寧に露出した陰核に塗り込んでいきます。陰核クリームの血行促進作用により、陰核の感度がいつにも増して昂進していきます。

外側の感度が高いということですので、そのまま陰核小陰唇肛門入り口周りのマッサージを続けました。何度も逝きそうなられるmiuさんですが、ここは美容術の効果と高めるために、ぐっと我慢をしていただきます。

お尻の経験もまだほとんどないというmiuさんですが、アンGマッサージ美容術も十分に楽しんでいただけました。

アンGマッサージ美容術の後は、引き続き、ポルチオスポットGスポットのマッサージに入りました。

もう完全に陶酔状態のmiuさんですが、最後は振動子美容術で気持ちよくアクメに達していただき、体内ホルモンの多量分泌を達成していただきました。

ご感想では、翌日に肌つやがよくなったのこと。SM美容の効果の実体験を証言していただき、施術者にとってはこの上ない光栄です。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->