術後の感想-13

かりんさんの場合(25才OL・独身)

「そしてはじめてのバイブに衝撃でした・・・あんなに一度に何度もイってしまうとは…情けなく、恥ずかしく、でもどんどん身体が解放されていくのを感じました。」

 

 
 はじめはとても緊張していたのですが、落ち着いた雰囲気、話し方の先生に安心することができました。

 上半身を縛って頂き、鏡の前で自分の身体を見ると、身体が熱くなってきました。

 股や乳首に縄をかけて頂くと、どんどん興奮してきました。

 その後、足を閉じられないよう縛ってからの陰核マッサージやシェービングは、想像以上に気持ちよかったです。

 今までに経験したことのない快感でした。

 特に自分の全部を委ねるシェービングは、赤ちゃんやペット以下になったような…

 恥ずかしいのに不思議な安心感でうっとりするくらい気持ちよかったです。


 そしてはじめてのバイブに衝撃でした・・・

 あんなに一度に何度もイってしまうとは…

 情けなく、恥ずかしく、でもどんどん身体が解放されていくのを感じました。


 次の日、むくみがいつもよりすっきりとして、本当に美容効果を感じました。

 また、キレイにしていただいた陰部を鏡で眺めて思い出したりしてます。


 本当にありがとうございました!

 


サロンさんから

 
かりんさんは、銀座のショップにお勤めの清楚な独身女性。3年間つきあっている彼がいらっしゃいます。

実は、かりんさんから最初に問い合わせがあったのは昨年の6月。6月中に施術日を設定してお会いする予定だったのですが、前日になり、キャンセルして欲しいとの申し入れ。

その後も、何回か希望の申し出があったのですが、なかなか踏ん切りがつきません。

無理もないですよね。新しい美容術なので、どうしても勇気がいります。

このままお会いするチャンスはないのかな、と思っていましたが、今年になってようやく決心をつかれた模様。

これまでにない強い意志を感じるメールをいただき、今回は本当に施術をお受けいただける、と確信しました(後で伺うと、「ご利用者の声」が重なるにつれ、そこに書かれていることが嘘ではないと信じられ るようになった、とのことでした)。

待ち合わせの場所にいらしゃったかりんさんは、やはり極度の緊張状態。

言葉を交わすことなく、そのまま走り去るのでは、と思ってしまいました(笑)。

緊縛はもちろんのこと、大型振動子の使用経験もなく、何もかもが初めてのかりんさん。

それでも、小さい頃からSM的なことには興味をずっとお持ちとのことでした。

事前のアンケートでは特にシェービング美容術に興味があるとのことでした。

ほどなく緊張も解け、ご安心していただけたのか、表情も柔らかくなり、施術者の用意した美容道具に好奇心の目を輝かせていらっしゃいます。

軽く着衣のまま縄の感触を試していただきます。ボンデージ美容術では、よく鞣されたジュート縄を用います。麻縄と聞くとなんだか痛いようなイメージがありますが、鞣したジュート縄は吸い付くように肌にフィットしますので、痛いどころかとても気持良いというのが、実際にご経験された女性の共通したご感想です。

縄の感触を少し味わっていただき、さらにご安心していただいてから、いよいよ本格的な施術の始まりです。

シャワー上がりのすっきりしたお肌に、腕、乳房上部、乳房株とボンデージ美容術を進めていきます。

緊縛にあこがれていたというかりんさん、ボンデージ美容術が進むにつれて、うっとりされていくのがよく分かります。

縄との相性がよいと判断しましたので、後ろ手高手小手に加え、さらに股縄と乳首縛りを加えました。

きれいに縛り上げた美しいかりんさんのお体を、じっくりと大きな鏡でご覧いただくと、恥ずかしいといいながもトランス状態に入っていかれます。

この状態で軽くスパンキング美容術を施術させていただきました。

スパンキング美容術に、なみなみならぬご興味があるとのことでしたが、経験は全くないとのことでしたので、様子をみながらの施術となりました。

緊縛状態で臀部を「Spankig」される恥ずかしさに、体内ホルモンの分泌を活発にされたかりんさんでした。

十分にトランス状態に入られたあと、後の施術効果を高める作用もある、シェービング美容術に 移ります。

上半身のBondageを解いて欲しくないとのことでしたので、そのままベッドに横になっていただき、M字開脚縛りに。羞恥心の強いかりんさんですので、施術中に予想外の動きがあると困ります。大きく開いた脚が閉じないように、さらに左右から縄で固定しま す。

彼氏がいるので、前面は少し残して欲しいとのことでしたので、陰唇回り、陰核回りのシェービング美容術にとどめ、前から見ると施術前とは変わらないように配慮しました。しかしながら、陰核陰唇は完全に露出されるようになりましたので、その後の施術効果の増強目的にはこれで十分です。

続いてカーママッサージ美容術、すなわち陰核クリームを用いた、陰核マッサージをおこないました。

既にシェービング美容術により露出されたかりんさんの陰核ですが、包皮をめくり、ピンク色に充血した小さな陰核に、ゆっくりと優しく、時間をかけて陰核クリームを塗り込んでいきま す。

「熱い熱い」といいながら、膣開口部から透明な体液を連続的に分泌させるかりんさんは、次第にトランス状態を深めていきます。

十分に陰核マッサージをおこなったあとに、ヴァニラマッサージ美容術の開始です。

かりんさんの場合、事前アンケートでアンGマッサージ美容術も希望とのことでした。アンGマッサージ美容術とは、膣内のGスポットでは なく、アナルのGスポット類似点を刺激する美容法です。

たっぷりとローションをつけた指で、やさしくかりんさんのアナルスポットを刺激していきます。初め てのアナルマッサージにとまどい気味のかりんさんでしたが、やがて、陰核ヴァニラスポットアナルGスポット3点責めに、何度も絶頂の寸前の状態まで達し、 透明な分泌液は白濁した体液と変化し、体内ホルモンを多量に放出されいらっしゃいました。

長時間の後ろ手縛り状態が続きましたので、上半身の緊縛を解き、M字開脚はそのままで、いよいよ最後の振動子美容術に入りました。

本格的な振動子は初体験のかりんさんでしたが、その微妙なマッサージ効果に体内ホルモンの放出は最高潮に達しました。

かりんさんの場合もハイポペット美容術をご希望でしたので、擬似的ではありますが、M字開脚に利用している縄をうまく利用し、パンクリ振動子をうまくかりんさんの陰核Gスポット部を捉えるように固定しました。

ベッドの上に、シェービング美容術により完全に露出された陰核陰唇M字開脚縛りでオープンにし、さらに固定されたパンクリ振動子より連続した刺激がかりんさんのスポットを捉えます。

もともと羞恥心の強いかりんさん、「恥ずかしい恥ずかしい」と叫びながら、傍らでひっそりと見守る施術者の前で、美しい体を痙攣させながら、何度も何度も絶頂を迎えていらっしゃいました。

 

<-前の感想 感想トップ 次の感想->