メスマー美容術入門27-脳に響く

 脳を直接言葉責めです。

 

 

 

 

サロンさん、お気に入りのAV監督が何人かいるのですが、そのうちの一人が「K*WEST」っていう人。

K*WESTさんの監督作品をしばしばレンタルで借りているのですが、最近借りたのが

 『ASMR 常に耳元で囁きながら 脳内とろとろ淫語マッサージ

 

 

痴女モノで、3人の女優さんがネチネチ、エロエロしてくれる、K*WESTさんらしい作品で、とても良い作品なのですが、気になったのがタイトルにある『ASMR』。

槍と梨でカンチョウ』で紹介した『ピルム筋』のように、AV業界で勝手に造語した、新しい性感手法かなにかかな、なんて興味をそそります。

 作品の副題には

 「催眠オナニー 抜け出せなくなる中毒性 耳がチンポになる新感覚

ってあるので、催眠に関係するのでしょうか?

 

試しに、他のAV作品にも「ASMR」ってのがあるかと調べると・・あらら、ありますね。

さらに「ASMR JAPAN」ていうメーカーまであって、シリーズ作品が20を越えています。

どうやら2018年ぐらいから、AV業界では 『ASMR』という言葉が使われているようですが、タイトルから分かるように「」に関係したエロジャンルです。

パケ写の右上にヘッドフォンのイラストが書いてあり、「ヘッドフォン推奨」とあり、これはヘッドフォンで聴くと臨場感たっぷりになるように録音されているものです。

この手のヘッドフォンで臨場感を出す仕掛けってのは「バイノーラル録音」(Binaural recording。Bi=両+aural=聴覚)として、かなり昔からあります。

古くは、ルー・リードが1978年にリリースした『ストリート・ハッスル』というアルバムが、このバイノーラル録音で作られたそうです。

バイノーラル録音では人間の頭のマネキンの耳の部分にマイクを置いて録音がおこなわれます。1978年頃はまだ、録音機材が成熟していなかったようで、ルー・リードの試みもイマイチの評判で、失敗作の烙印を押され、残念な結果に終わっています。

 

 

 

このバイノーラル録音、詳しい理論はよくは知りませんが、簡単には人間の耳の鼓膜と同じような環境・位置関係にマイクを置いて、再生するときは、必ずヘッドフォンをつけると、通常の録音とスピーカーからの再生からは得られない臨場感が得られるのだ、というものです。今は機器開発も成熟しており、アマゾンなどでもバイノーラル録音用のマイクが購入できます。

 

音楽分野ではそれほど広まらなかったようですが(必ずヘッドフォンをつけてください、というのが制限になるのでしょうね)、そもそも人目を忍んで静かに楽しむAV鑑賞の分野では、かなり昔からこのバイノーラル録音作品というのがあると思います。

どこまで溯れて、誰が最初にトライしたかは、また機会があれば調べて見ますが、AVの神様・代々木忠が、2000年代の初めに作っていた『女が淫らになるテープ』シリーズで、女優さんがヘッドフォンで聴いているのは、きっと「バイノーラル録音」された代々木忠のトランストーク(『メスマー美容術入門24-エロ催眠1』参照)ではないかと想像します。

 

 

女が淫らになるテープ』に先立つ1994年には、代々木忠プロデュースの『サイコ・エクスタシー』というのがCDで出ています。

これはいわゆるエッチになる催眠CD。

彼女にうまいこと言ってヘッドフォンで聴かせると、淫乱になって「お願い、チンポ入れて!」ってなるのでは、と妄想して購入するCDです。

サロンさんも、妄想高めて、このシリーズの中古CDを集めたのですが、確かにヘッドフォンで聴くと、脳に直接響くような催眠トークとなっています(妄想状態にない人にとっては、「キモチワル」で終わるような内容ですが)。

 

 

この20世紀から続く、「脳に直接響く語り・音」ってのが『ASMR』につながっています。

アマゾンの音楽を『ASMR』でサーチすると、やはりエロ系のものがたくさん出てきます。

 

 

これなんて「Porn Sounds & Asmr」シリーズの「クンニ&フェラ」って凄い音源で 、コンテンツのタイトルも「エロいチンポフェラ」「濡れたマンコ舐め」「セクシーベロマッサージ」「スケベ女のチンポ咥え」「ポルノ女優のようにザーメンをあじわう」など、もの凄いです。10のエロ音がバイノーラル録音されたアルバムです。

妄想掻き立てられますね。

 

では、『ASMR』ってのは、催眠誘導でエッチなるための、バイノーラル録音されたエロ音やエロトークなのか、というと、そうではないのですね。

アマゾンを『ASMR』で検索すると、エッチ系に加えて「癒やし系」の作品もたくさん出てきます。いわゆる「ニューエイジミュージック」「環境音楽」とかそういうものに含まれるジャンルでもあります。

 

これとかタイトルが『快眠ソルフェジオ - 究極の眠れる周波数 バイノーラル ASMR Mix』と、とても分かりやすいです。

『快眠=癒し』と『ソルフェジオ』『バイノーラル』『ASMR』と、それっぽい言葉がてんこ盛りになっています。

ようるするに『ソルフェジオ』『バイノーラル』『ASMR』はつながっているわけです(『ソルフェジオ』について別の機会に紹介しますが、簡単には特定の周波数の音が、ある特定の生理効果をもつのだと、とするモデルです)。

コンテンツのタイトルも「α波からθ波へのセレナーデ」「癒しのアロマセラピー」「熟睡デトックス」といった内容です(サウンドなのに、なぜ「アロマ」か分かりませんが)。

で、聴いてみると、シンセサイザーのゆっくりした調べに、波の音が重なって、小鳥のさえずりが聞こえてくる・・・と、よくあるやつです。

 

では、『ASMR』ってのは、結局『バイノーラル』録音された音や、癒やし系の音楽・音の焼き直しに過ぎないのでしょうか?

 

そうでもあり、そうでもない・・・というのが正解かもしれません。

 

アマゾンを『ASMR』で検索すると、さらに次のようなアルバムも出てきます。

 

 

これはRepost Networkレーベルが出している『Gibi ASMR』シリーズの1つの「Tapping Triggers」という作品ですが、女の人が何やら囁きながら、スマホやコルク栓などを指でタッピングしている音入っています。このシリーズ、他にも、プラスチックをこする音や、紙をひっかく音・・・こういった音が録音されています。

さらに上で紹介した『ハーレムASMRスペシャル!!』ですが、冒頭のシーンは、女優さん達がゼリーみたいなのをクチョクチョこねくりまわしたり、ニンジンを噛んだり、といったそういう音を出すシーンが、結構延々と続いています。

 

そう、これが『ASMR』なんです。

そもそも『ASMR』って何の略でしょう?

ウィキペディアによると、ASMR=Autonomous Sensory Meridian Response=自律感覚絶頂反応

となっており、その意味は「人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚」となっています。

耳だけでなく、目から入る情報も関係しているらしいです。

「頭がゾワゾワ」ってのが、つまり、耳の側で紙をひっかいたり、ゼリーをクチュクチュしたりする時に感じる、奇妙な感覚のことなのでしょう。

 

このウィキペディアの説明、引用文献に 「インド医療心理雑誌(Indian Journal of Psychological Medicine)」という学会雑誌の2017年春頃に掲載されている、英国の医科大学の人達からの「読者便り」みたいなのが示されています。

これは、論文ではありませんが、一応学術雑誌に紹介されています。どうやらAV業界が、話題作りで造語した言葉でなく、ちゃんとした科学用語のようです、

 

では、というので、米国の国立医学図書データベースみたいなのでサーチすると、確かに2015年ぐらいから、学術論文が出ていますね。

例えば、

Lochte, B.C., Guillory, S.A., Richard, C.A.H. & Kelley, W.M. An fMRI investigation of the neural correlates underlying the autonomous sensory meridian response (ASMR). Bioimpacts 8, 295-304 (2018).

とかは、NMRを用いて、「頭がゾワゾワ」する時の、脳の活動領域を調べた論文のようです。

Ahuja, A. & Ahuja, N.K. Clinical Role-Play in Autonomous Sensory Meridian Response (ASMR) Videos: Performance and Placebo in the Digital Era. JAMA 321, 1336-1337 (2019).

こちらはが出ている雑誌の「JAMA」ってのは、米国医師会が発行する科学雑誌で、結構しっかりした雑誌なのです。

こんなことを言うとお叱りをうけるかもしれませんが、いつも紹介している、ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシンや、上に出てきたインド医療心理雑誌などと比べると、「JAMA」は桁違いにちゃんとした雑誌なので、これに『ASMR』が出てきているのがびっくり。

ただし、やはり科学論文ではありません。「ちまたでは、こんなものが流行っているようですが、どうなんでしょうね〜」ってノリの記事です。

でも、おもしろそうなので、次回はこのJAMAの記事を紹介してみましょう。

 

 

この動画、ASMRがどんなものかよく分かります。耳の近くでのこのような音が、脳をゾワゾワさせるという訳です。バイノーラル用のマイクも出てきますよ。

 

エッチ系のASMR。分かりやすいですね!

 

メスマー美容術入門26 ・トップ・ メスマー美容術入門28

 

 

連載『メスマー美容術入門』