イメージ創り

イメージとはそもそも創り上げられたものなのです。

 

 

 

 

今どきのSF映画やアクション映画は、ほとんど実写映像の部分はないのではないかと思うほど、いわゆるCGでいじくり回されています。

近い将来、有名俳優が出演したフェイク本番AV動画、なんてのが出てきそうな感じですね。リアルフェイクニュースで戦争とかが起こるかもしれません。

 

昔の手作りの特撮映画なんかに比べると、桁違いにリアルになっていますが、そもそも人間の感覚なんて、全て頭の中で再構成された、それこそイメージでしか無いわけですから、まあ、世の中、結局ニセイメージだらけで、本当のものなんてないのかもしれません。

昔のローテク特撮は、誰でも真似できるものでもないのですが、今風のコンピューターで処理するCGは、技術は別として、意外と素人でもそれっぽいことができてしまいます。

というか、映像のプロが使っている画像ソフトウエアと、アマチュアが使っているソフトが同じ場合が多くなっています。 

 

それだけ、イメージ関連のソフトが、誰でも使えるように操作性がどんどん進化し、また値段も安くなり、個人用のPCの性能もどんどん上がっているということでしょう。

サロンさんも、年に一度ぐらい、映像関連のソフトにはまってしまいます。

「誰でも使えるように操作性がどんどん進化」したといっても、やはり、それなりに使いこなすのは難しいです。なので、Youtubeで無料で配信しているハウツー動画などを見ながら、使い方を勉強するのですが、それが面白かったりします。

 

でも、まあ、そのうち飽きて、またしばらく離れてしまうと、あっという間に使い方を忘れてしまうのですけどね。

下の動画は二年前に3D描画ソフトと、MIDI音源にはまってしまった時に作ったもの。もうこれらのソフトの使い方もだいぶん忘れてしまってます。

さらに、ソフトのバージョンアップも凄いスピードで進んでおり、1、2年経つと、新しい機能がどっと増えており、それをマスターするのも、また大変なのです(それた楽しいのですけどね)。

 

あとしばらく、夢中になっているかも知れないので、いろいろ習作をYoutubeにアップするかもしれません。

 

 

これは最新作。このサイトにアップしてるヴァージョンは下のYoutube版とは少し違うんです。

 
 

『ジスイズ・オルガズム美容術』