エロ規制

利用状況を確認させていただいた結果、利用規約に記載されている「禁止事項」に該当する箇所があると判断し、利用停止の措置をとらせていただきます。

 

 

 

 『記念すべきモニター第1号』にも書きましたように、Salon de SMがスタートしたのが、今から9年以上前の2009年1月。

その年の正月休みに、「こんな架空美容サイト作ったら、誰か応募してこないかな〜」なんて、好奇心からヴァーチャルな美容院を作ったのが最初。

サイトをオープンしてすぐに、「こういうのが出てくるのを待っていた」と体験第1号のM・M さんが応募されて来てびっくり。

その後、いままでズルズルと1ヶ月に平均お二人のペースでSM美容を体験していただいています。

 

もともとネットを通じての情報発信が好きですので、Salon de SMのサイトの歴史を、ネット形態のの変遷と共に振り返ってみましょう。

  

2009年1月にSalon de SMのHPを開設した頃は、世の中は「ブログ」「SNS」ブーム。

2003年に「はてなダイアリー」「livedoor Blog」「ココログ」などのブログサイトがスタートし、2004年に入ると「アメーバブログ」「エキサイトブログ」「BIGLOBE」「FC2ブログ」などが続々と誕生。芸能人ブログも遊行し「ブログの女王」なども出現。アフィリエイトで大儲けしたなどの成功談も流布し、2005年には「ブログ」が流行語大賞に選出されるといった、ブログ文化のピークを迎えます。

また、ミクシィ、フェイスブック、GREEなどのいわゆるSNSが活動を始めたのも2004年で、同じような時期。

それまでの、「プロの情報発信者」と「一般の情報受け手」といった関係が、ネットの普及で一般の人も自らの情報を発信することができるようになったのがこの時代です。

流行好きなサロンさんも、かなり早い時期から、ミクシィやアメーバなどを使っていました。SMがらみのコラムみたいなのを書いていたのですけどね。

 

2009年1月にSalon de SMのHPを開設したのも、使い慣れた「アメーバブログ」を利用。

今もその名残が、「キレイな貴女を実現するSalon de SM」に残っています(ほぼ休眠状態ですが)。

開設当時のサイトの画像はないのですが、2010年頃のサイトはこんな感じです。

 

 

 

トップには、このイメージを使っていたはずです。

 

この頃はすでに、「ドメイン名」を個人が手頃な価格で買える時代でしたので、サロンさんも2010年1月には「salondesm.com」を取得し、これをアメーバの独自ドメイン設定機能を使って利用していました。ですので、http://salondesm.comと打つと、アメーバの上のようなサイトにリンクされていた訳です。

 

ただ、どうしても基本的に「ブログ」向けの仕様ですので、いろいろ融通がききません。

慣れてくると、あれもやりたい、これもやりたいで、既製品のブログシステムを使っていると限界があります。

そこで、独自ドメインを取得してまもなく、サイトをアメーバブログから、独自運営のものへ移行します。

移行と簡単に言っても、基本的に既存ネットシステムの利用は得意ですが、自分でネットを構築するのはド素人です。

大変な作業なのですが、ただしこの頃には、サロンさんのようなほぼ素人でもサイト運営がなんとかできるような世の中になっていました。

「コンテンツ・マネジメント・システム(CMS)」といった、素人でもウェブコンテンツを自由度高く構築できるシステムが出回ってきた時代です。

しかも驚くことに「無料」なんですよね。

そこでさっそく国内の大手レンタルサーバーを契約し(これは有料)、そこに 2009年に生まれたばかりのMODxというCMSを入れて、独自のサイトを作り出します。

「素人でも簡単にできる」とはいうものの、やはりそれなりの試行錯誤は必要で、いろいろと勉強する必要もありました。

デザインは、プロの人が作った鋳型がいろいろ手に入り(基本的に有料)、それをベースに自分の好みで変更していきます。ここらへんの自由度がかなり高いのがCMSの特徴。

これが ベースとなったデザイン。仮想ネイルサロンのサイトのためのデザインです。

 

これをこんな感じで修正していきます。

 

アメーバのブログを初代とすると、上のMODx版が二代目になります。2010年の1月頃にスタートしたと思います。

この二代目、FLASHという、今は消えつつあるwebのツールを駆使しており、動きのあるとても良い感じのサイトで大変気に入っていました。

ただし1つの問題は「携帯電話」に対応していないこと。

日本でiPhoneが発売されたのが2008年。

2010年頃は、まだまだガラ携の時代。

サロンさんは早々とガラ携からiPhoneに乗り換えましたが、iPhoneでもFLASHを使っている上の二代目のHPはちゃんと表示されません。

いわんやガラ携では、話になりません。

当時は、あまり記憶がはっきりしませんが、jugemかFC2を利用して、携帯専用のHPも作っていました。

 

 

こんな感じの、小さな細長い画像をいっぱい作り、携帯用サイトに入れていくのですが、携帯会社により扱える画像のタイプや大きさが異なり、さらに同じ携帯会社でも、機種により違いがあり・・・と、 収拾がつかなくなってしまいます。

さらに、http://salondesm.comで接続のリクエストが来た時に、それが携帯からか、スマホからか、PCからかを判断して、表示するサイトを切り替えなければなりません。

とても、サロンさんのような素人が趣味でこなせる仕事ではなくなってきました。

しかも、どう考えても、世の中スマホ中心に移行しています。もう、PCや携帯を想定してサイトを作る時代ではありません。

 

ということで、気に入っていた二代目サイトも3年ぐらいで引退。

その頃でてきた、「ひとつのデータでPCにも、スマホにも、タブレットにも対応」できるといった優れものの「レスポンシブWebデザイン」というものを利用することにします。

さらに、FLASHが廃止の方向に向かっていましたので、この点でもサイトを作り替える必要がありました。

ということで誕生したのが、現在の3代目。これもなかなか気に入っています。

3代目のデザインのベースとなっているのが下のものです。

 

2013年から、良い感じで3代目を運営していたのですが、2016年にサイトを置いているサーバー会社から連絡が。

禁止条項である「アダルト系コンテンツ及びそれに関連するサイト、又これらを助長するコンテンツ」に相当する、と。

エッチな画像は極力使わないように注意していたのですが、文章読めばアダルト系と判断されてのしかたがないですよね。

 

しかたがないので、国内のサーバーから、海外の大手サーバーへ。

最初はレスポンスが遅くなり、困ったなと思っていましたが、いろいろシステムのバージョンアップなどで、今は気になりません。

 

初代HPはアメーバで作っていましたが、アメーバもエロに厳しいのは有名。

一時期、本家HPと平行してアメーバにもエロ度の少ないコラムだけでも、とアップしていたのですが、それでも時々「規約違反」と消去されてしまいます。

今でもまだサイトだけは残っています(「キレイな貴女を実現するSalon de SM」)。

 

アメーバの他にも、本家HPを補助する形で、いろいろなSNSやブログなどに手を出してきました。

ミクシィは、外部ブログとの連携機能がありましたので、これを利用して感想を同時掲載していたのですが、一時期、ミクシィのエロ制限が非常に厳しくなり、使用停止処理を受けてしまいます。今もミクシィのアカウントは「サロン♂」でもっており、コラムや感想の更新情報をアップしています。また、「SM美容」というコミュももっていますが、開店休業状態です。

 

Twitterは、かなり早い段階から「@salondesm」 で利用しており、HPにリンクさせ、情報の自動表示をしています。細かいことですが、Twitterは仕様を頻繁に変更するので有名で、その都度、HPへのリンクや自動発信の調整が必要で大変です、

今、大手のこういったサービスで一番エロが緩いのがTwitterかもしれませんね。無修正画像や動画が出回っていますし、ほぼ無法状態。そのうち反動で厳しくなる可能性もあるかもしれません。

エロ度といえば、「SDS BLOG」で利用している「タンブラー」という画像ブログみたいなシステムはエロし放題のサイトでした。基本的に他の人の画像を引用して集める、といった著作権のグレーゾーンを突いたサイトなのですが、緊縛やSM関係の画像が多いので、お気に入りを集めてブログ風にしていました。

残念ながら、1,2年前から、エロ画像を扱っているサイトに関しては、閲覧者も「タンブラー」に登録しておく必要があります。「SDS BLOG」をクリックして

このようなメッセージが出てきたら、 右上の「登録」ボタンを押して「タンブラー」に登録してみてください(無料)。エッチな画像が見れるようになります。

 

「タンブラー」と同じように、既存の画像を引用してカタログ化するのが「ピンタレスト(Pinterest)」。ここにも最近「Salon de SM美容」でコンテンツを発信しはじめましたので、ご興味のある方は覗いて見て下さい。

 

ただし、「ピンタレスト(Pinterest)」はエロ画像には徹底的に厳しいです。ですので、掲載しているのもエロを想起させる非エロ画像。まあ、そういうのの方がエロくて楽しいのですけどね。

また、やはり登録しないとみている途中で「登録しましょう」と出てくるようです。

 

画像サイトと言えば「インスタグラム(instagram)」が定番。やはりエロには厳しいです。

「インスタグラム(instagram)」は、引用画像でなく、自分が撮影した画像をアップしなければなりません。

「インスタグラム(instagram)」にも「salon_de_sm」でアカウントを作っています。エロ画像はなく、画像そのものもまだ少ないですが、よければフォローしてください。

 

また、やはりエロに厳しいYouTubeにも「サロンSalon de SM」で少し動画(もちろん非エロ)をアップしていますので、よければチャンネル登録してください。

 

 

 

その他、細々したのがいろいろあるのですが、またいつか機会があれば紹介します。

 

ということで、世の中エロにどんどん厳しくなっていくのですが、 規約違反で追い出されないように、ひっそりとSalon de SMの情報発信を続けていきたいと思います。