パパン、パイパン!

いつも面白いネタを提供してくれる国際性科学学会の学会誌「THE JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE」。今回は「パイパンの科学」ですって。

 

 

 

Salon de SMのモニターに参加していただいた女性の中には、シェービング美容術をするまでもなく、最初からパイパンの女性が結構いらっしゃいます。全体の1-2割ぐらいでしょうか?完全パイパンでなくても、IラインやOラインのレーザー脱毛とかをされている女性となると、半数ぐらいの感じかな。

欧米の女性はパイパンが普通、なんてよく聞きますが、本当なんでしょうか?と疑問に思っていたところに、国際性科学学会の学会誌「性科学ジャーナル」から面白い論文が発表されていました。

「Pubic Hair Preferences, Reasons for Removal, and Associated Genital Symptoms: Comparisons Between Men and Women.」(1)

 「恥毛の好み、脱毛の理由、各種性症状との関連:男女間の比較」

って感じでしょうか。

ようするにパイパンのアンケート調査なんです。

よくこんなのが論文になるな〜、なんて思いながらも、欧米女性の何割ぐらいがパイパンにしてるのか、といった興味に答えてくれているわけですから、それなりにニーズに応えた研究なのかもしれません。

なんだかな〜、と思いつつ読んでみると、驚くことに先行研究がたくさんあるんですね。

2010年には、同じ雑誌に、米国での2,451名の女性を対象にしたパイパン調査の研究が報告されています(2)。ここでは、18才からの24才の女性の

  • 21%が「常に完全パイパン」、
  • 38%が「時々完全パイパン」、
  • 29%が部分ヘアーカット、
  • 12%がそのままである

のだ、って報告されてます。

2割がいつも、完全パイパン、ってことですから、Salon de SMのモニターに来てくださる女性と似たような割合ですね。

2008年には、オーストラリアと米国の大学生を対象とした別の調査研究が報告されています。ここでは76%の女子大生が、「完全パイパン」にしたことがあると答えているようです(3)。「したことがある」ですので、「いつもパイパン」よりは多くなりますよね。

パイパンにする理由ですが、例えば85%が「見た目がきれい」と考えており、48%が「毛が生えていると魅力的でない」と考えているようでです(4)。

Salon de SMでは、後に続くカーママッサージ美容術振動子美容術の効果を高めるために、シェービング美容術を お勧めしていますが、実際、アンケート調査でも、ヘアカットすることで、性感が上がったと思っている女性が多いようです(2)。

 

さて、今回の論文を見てみましょう。

ここでは、米国中西部と南部の2つの大学の女子大生。671名の女子大生を対象にパイパンアンケートをおこなっています。(実際には439人の男子学生のアンケートもとっていますが、サロンさんは男のパイパンには興味がないので省略)。 

その結果ですが、

  • 95%が1ヶ月以内に、何らかの方法でヘアの手入れをしたことがある。
  • 手入れの内訳は、82%がシェービング美容術。あとは脱毛クリームなど。
  • 50%の女性は、だいたいいつもパイパン。

 なんですって。

上で紹介していた調査では、2割の女性がいつも完全パイパンだったのに対して、この論文では5割がいつも完全パイパンになっていますね。

考えられる理由の1つは、今回の調査が女子大生といった特定の年齢だけを対象としていることです。つまり、若い世代ほど、パイパン率が高いということです。

8割がシェービングってのも、この年齢と関係しているかもですね。レーザー脱毛はお金がかかるので、学生には少しきついかもしれません。

 

男子学生のアンケートには興味がないと書きましたが、ひとつだけ紹介しましょう。

  • 彼女がパイパンだと嬉しい男子学生は60%。
  • 彼女がパイパンだといやな男子生徒は24%。

なんですって。 

なんでみなさんパイパンにするのですか〜って質問には

「清潔で」「快適で」「セックスアピールがする」「むしろあたりまえの状態」

という答えが返ってきたそうです。 

結語としては「若い人のあいだでは、パイパンは普通」ってことですけど、やっぱり、こんなの論文にするようなことなのかな〜 

 

文献

(1) Butler, S.M., Smith, N.K., Collazo, E., Caltabiano, L. & Herbenick, D. Pubic Hair Preferences, Reasons for Removal, and Associated Genital Symptoms: Comparisons Between Men and Women. J Sex Med Epub  (2014). 

(2)  Herbenick, D., Schick, V., Reece, M., Sanders, S. & Fortenberry, J.D. Pubic hair removal among women in the United States: prevalence, methods, and characteristics. J Sex Med 7, 3322-30 (2010). 

(3) Tiggemann, M. & Hodgson, S. The Hairlessness Norm Extended: Reasons for and Predictors of Women’s Body Hair Removal at Different Body Sites. Sex Roles 59, 889-897 (2008).

(4) DeMaria, A.L. & Berenson, A.B. Prevalence and correlates of pubic hair grooming among low-income Hispanic, Black, and White women. Body Image 10, 226-31 (2013). 

 

以下の記事も参考にしてください。