アッチヂ

アッチチ・・熱そうで、実はそれほど熱くなくて、でもやっぱり熱いのが「温熱刺激美容術」。

 

 

 

「SM」という言葉を聞いて、まず頭に浮かぶのはどんなプレイでしょうか?

「緊縛」

「鞭打ち」

「ローソク」

ってところが、ベスト3ぐらいでしょうか?

今日はこの「ローソク」のお話し。

 「え、何?ローソクをどうするの?

って方もいるかもしれません。

どうすかって、それは、ローソクに火をつけてね、それで溶けたローソクをたらたらと体にかけちゃうんです。

ひぇ〜!!、そんなめちゃくちゃな、火傷して大けがしてしまいます

 そう。たしかにメチャクチャな。

17世紀頃のヨーロッパでは、ローソク責めが拷問にも使われていたという話もあります。

 でも、同時に、例えば古代エジプトのクレオパトラは、ローソクを美容法にも使っていたとも言われています。

脱毛に使っていたんですって。今のブラジリアンワックスにつながる美容法ですよね。

 

ローソクの出発点は、ミツバチの巣。「蜜蝋」です。

クレオパトラも、このミツバチの巣を美容に使っていました。

今でも、ミツバチの巣は高級品です。大昔ならなおさらで、女王様でないと使えなかったのでしょうね。

 19世紀には鯨の脳の頭の成分からローソクを作っていたんですって?

こちらも高級品だったらしく、よい商売になるので、捕鯨が盛んになった1つの理由でもあるそうです。

 

日本には8世紀頃、中国からローソクが伝来したそうです。

その後独自の進化を遂げ、いわゆる「和ローソク」と呼ばれる頭が太く、だんだ細くなる形のものが作られます。

「和ローソク」はハゼノキの果実からとれるロウ成分でできているらしく、「植物性」なんですね。

 

このように、一口にローソクといっても、ミツバチの巣、鯨の脳みそ、ハゼノキの実、と実に様々なものから作られているのですね。

近年は、さらに石油の成分であるパラフィンを主成分としたローソクが加わってきます。「合成ロウ」と呼ばれます。

 

ローソクのメインの役割は「灯り」です。

といっても、今は照明にローソクを使うというのは、通常はありませんよね。

仏壇に供えたり、誕生日のケーキに使ったり、レストランのアクセントと、ある種セレモニーの道具として使われることが多いです。

変わった使い方としては、やはり「SM」でのローソクプレイですかね。

 

SMプレイにいつ頃からローソクが使われていたのか知りませんが、80年代のSMビデオ作品には既に普通に使われていますの。あるいは明治時代ぐらいから使われていたのかもしれませんね。

 Saloon de SMの「温熱刺激美容術」でも、このローソクを用いた刺激法を取り入れています。

 

そうか〜、ウチの家にも仏さんところにローソクあるから、さっそく試して見よう

ええ、みなさんも、ご夫婦やカップルで温熱刺激美容術」を試して見て下さい。

きっと美容効果抜群ですよ。

でも、「仏壇のローソク」はまずいかも。

仏さんが怒りますよ。

加えて、ちょっと熱すぎるかも。

 

人の皮膚は、60℃を越えると火傷してしまうといわれています(低温やけどは別にして)。

そんでもって、上で説明しましたように、ローソクの成分にはいろいろあるので、その熱さ(融点)もいろいろ。

60℃を超えるものもたくさんあり、ものによっては90℃ってのもあります。

こんなの、かけられたらあっという間に大やけど。大変なことになってしまいます。

 

和ローソクは植物性だから、体に安心

なんて軽く考えるのも危険。かなり熱い物もありますし、しかも「芯」に「いぐさ」とか使っている場合が多く、燃えた「芯」が皮膚にぽろっと落ちて火傷、ってこともあります。

 

なので、温熱刺激美容術」を試してみようと思われる方は、「SM用」の「低温ローソク」を用いましょう。

「SM用」の「低温ローソク」は、人工ロウなので、作る時に熱さも自由に調節できます。形もいろいろ。ムードをだすために「和ローソク」風のものも多いです。

「超低温ローソク」ってのもあったりして、これなんかお風呂に入っているような熱さのローソク。

なので、火傷することはまずありません。入門用にいいかもですね。

でも、もちろん、オマンコの中に溶けたロウを流し込んだり、目や鼻なんかにかけたりしちゃだめですよ。

最初は、お尻ぐらで始めましょう。

熱くないんですけど、でもやっぱりいきなりローソクのしずくがお尻に落ちてくると、思わず「熱い!」って叫んじゃうのが不思議なところ。

 

だんだん慣れてきたら、熱いローソクを使うのも面白いかもしれませんが、でもその分、思わぬ事故につながる恐れもあるので注意しましょうね。

かなり経験を積んだ方とか「やっぱ、仏壇の白いローソクじゃないと、感じないわよね」なんて方もいらっしゃいます。

 

あと、ホテルでシーツの上なんかにローソクのしずくをつけるのはルール違反ですので、かならずマットをひいて楽しみましょうね。

100均なんかで、十分大きいレジャーシートが撃ってますので、これなら使い捨てにしても負担にはなりません。

火事にも気をつけて温熱刺激美容術」を楽しみましょうね。