全ての道はポルチオへ

女性のイクっていうのは、考えれば考えるほど不思議な現象ですね。イキかたにもいろいろあるみたいで、複数のイキ方を楽しめる女性は、とても羨ましいです。

 

 

 

 

 

ボンデージ美容術」の説明のところに「"縄酔"という現象が知られていますが、これは縄で縛られる過程で、女性が恍惚状態に入る現象です。」「全ての女性が"縄酔"を経験できるわけではありませんが・・」て書いてますよね。

 Salon de SMのモニターをお受けになられる中の、1割ぐらいの女性が縄との相性がとてもよく、この「縄酔」状態になられます。

おそらくSalon de SMのモニターをお受けくださる女性は、SMに興味のある方が多いでしょうから、世間一般にの女性の中で縄との相性のよく、縄酔」状態に入ることができる方は、数%ぐらいしかいないのかもしれません。

さらに、縄との相性の良い女性は、縛られることで深い恍惚状態に入り、時として縛られるだけでオルガスムに達してしまわれる場合があります。

「またまた、そんなオーバーなほら吹いて」

って思われるかもしれませんが、ほんとなんです。

サロンさんも不思議なのですが、実際に、オマンコに指を入れたり、クリトリスを触ったりしていないのに、縄でネチネチ、コネコネ、気持ちよくな〜れ、と縛っていると、やがてむせび泣くような声を上げながら、ピクピクと逝ってしまわれます。

サロンさんの縛りが特別上手いという自慢をしたいわけではありません。むしろ、サロンさんの縛りは、レベルの高い日本の緊縛の世界の中では、「下の方」のカスみたいな縛りです。

ようするに、女性の中には数%の割合で、縄に対してずば抜けて鋭い感受性をもっている方がいらっしゃるということなのです。

縄酔」する女性は、特に過去に縛られた経験が豊富というわけではなく(実際、初めて縄を受けるのにも関わらず縄酔」状態にすぐ入られる方もいらっしゃいます)、何か特別のトレーニングをされている訳ではありません。

ただ、みなさん、縄に対するあこがれ、思い入れが強い方ばかりなのは確かです。

「縛られたい」という強い思いが、自らをトランス状態に誘導してしまうのだと思います。

縄で逝っちゃう女性の方の多くは、お腹や会陰部をトントンとリズミカルに刺激することでも、オルガズムに達してしまわれる場合も多いです。

これって、いわゆる「ポルチオ性感」の誘導テクニックとして、しばしば紹介されているような方法と一致します。

ポルチオ性感」の誘導テクニックとしては、ヴァニラスポットとも呼ばれる子宮膣部近辺を刺激するのが一般的な方法ですが、それとは別に「恥骨上部をトントンと刺激」「下腹部を圧迫するように刺激」といった体表からの刺激でもポルチオ性感」を誘導できると指摘する指南書も多いです。

ポルチオの真実」にも書きましたように、ポルチオ性感」ってのは極めて不思議な性感。そもそも子宮膣部近辺なんて、クリトリスみたいに感覚神経が密集していないところですもの。しかも、ポルチオ性感」を誘導できるスポットってのが、なんだかありそうで、なさそうなのも不思議。

さらに、ポルチオ性感」で逝った感じってのは、クリトリスで逝ったのとは、またちょっと違う感じなんですって。男には全然分かりませんけどね。でも、いろいろな逝った感じを楽しめるにこしたことはないですよね。

そもそも、繰り返しになりますが、ポルチオ・ザ・ペルヴィス」にも書いたように、「オルガズム」そのものが、不思議な現象。「こころ」がある臨界点に達する状態なのでしょうが、その臨界点に誘導するのは、「こころ」と「からだ」への刺激なんでしょうね。

縄酔」する女性は、感受性の高い「こころ」と「からだ」(この場合、体表の感覚になります)をもっているので、「縛られる」ということで、ポルチオ性感」とも呼べる深い快感を味わうことができるのだと思います。

「えっ?! ワタシ縄なんて興味ないし、縄酔いなんかしないので、ポルチオ快感体験できないの??」

いえいえ大丈夫。深いオルガズムに達するには、上にも書いたように「こころ」と「からだ」へのバランス良い刺激が必要な条件。

「からだ」への刺激は、何も縄でなくっても全然かまいません。チンポによる子宮膣部近辺の刺激が王道でしょうし、他にも、スパンキング美容術温熱刺激美容術など、いろいろな方法があります。貴女が好きな方法で逝けばよし。それぞれで逝った感じが違うなら、その違いを味わって楽しみましょう。

 

 「からだ」への刺激はいろいろあるとして、あとは、「こころ」の部分ですよね。

どうしればよいか簡単にはわかりませんが、まずは自分を解放して、性を積極的に謳歌したいという気持ちになることが大切なのでは。すると、やがて今まで経験したことのない深い悦びを体験できるはずです。

このように、「ポルチオ性感」を感じるような体になるためには、意外といろいろな道があるようですよ。貴女にもっとも相応しい方法を見つけて、より深い悦びを感じる体を獲得しましょう。 

 

 

ポルチオに関連した以下の記事もお読みください。

 

『ジスイズ・オルガズム美容術』